ピクシブ百科事典

最高指導者スノーク

さいこうしどうしゃすのーく

最高指導者スノークとはスターウォーズシリーズ・エピソード7「フォースの覚醒」以降の作品に登場する、敵組織『ファースト・オーダー』の支配者である。
目次[非表示]

演: アンディ・サーキス
吹き替え:壤晴彦

概要

映画『スターウォーズ』エピソード7「フォースの覚醒」に登場する銀河帝国の残党たちで結成された軍事および政治組織『ファーストオーダー』の首魁。

銀河帝国の最高権力者にして支配者である皇帝シーヴ・パルパティーンことシスの暗黒卿ダース・シディアスが纏っていたような黒いローブを着た、顔が半分崩れた禿頭で、具体的な種族は不明。ぎりぎり人間と強弁されれば見えなくもないデザインであるが、長命種のエイリアンであり数百歳を超えることだけは明かされている。「フォースの覚醒」の小説版では、遅くともクローン大戦時代から銀河共和国の衰退とそれに代わる帝国の栄枯盛衰を目撃してきたと語っている、
普段は『ファーストオーダー』の中枢を担うメガ級スター・デストロイヤー:スプレマシーにある謁見室に籠っており、配下であるハックスや弟子のカイロ・レンに指令を伝える際は、かつての皇帝が行なっていたようにホログラム映像を使って指示を出している。

出自や来歴は一切不明だが、暗黒面の使い手であるもののシスではないと宣言されている。また、カイロ・レン以外にも(最低一名は)弟子を育て上げたと設定されており、やはりシスの二人の掟には従っていないことがわかる。ただし、その弟子が存命しているなら師匠が銀河を狙っているときになにをやっているのか?という別の問題が発生することに加え、理屈の上では二人の掟は師匠の自主引退による継承を認めている他、オビ=ワン・ケノービに敗れて死亡したものとみなされ二人の掟から外されていたが後に生存が判明したダース・モールの前例もあるため、シディアスより前の代の元暗黒卿が自主引退したもしくは自らの死を偽装し生き延びていた説も唱えられている。
ベンを暗黒面へと誘い、カイロ・レンになった切っ掛けを与えた人物ではあるものの、彼自身はカイロ・レンに対して光明面と暗黒面を兼ね備えることを期待していたようであり、この点においてもダース・シディアスやその弟子として訓練を受けたシスの暗黒卿達とは大きく異なっている。

エピソード8にて

エピソード7では巨大に映るホログラム越しのみでの登場だったが、エピソード8にてスノーク本人が登場。
EP7において父ハン・ソロ殺害時の動揺で弱みを晒したカイロ・レンと、EP8冒頭の追跡劇にて反乱軍を仕留め損ねたハックスを叱責、ついにスノーク自身が陣頭指揮へと乗り出す。
さらにカイロ・レンを説得し改心させようと乗り込んできたレイとも対面。
すべてがスノークの手による策略であったことを明かした上で、強力な暗黒面のフォースでレイを嬲り、そして最後にカイロ・レンに殺させようとするが…?

ルークが一目置くほどの才能を持つレイをして手も足も出ないほど強力な暗黒面のフォースの使い手であり、物体を操作するフォースグリップや相手の脳内を読み取るサイコメトリーテレパシーでレイとカイロ・レンを結びつけるなど様々なフォースの術に精通している。
またフォースを除いても人心を操作する手管に長けており、カイロ・レンとハックスの不仲を敢えて煽ることで互いに競争させていたり、カイロ・レンを育て上げる為に彼が持っていたダース・ベイダーへの憧憬を利用していた節も見受けられる。

ダースシディアスが得意としたフォースの電撃ことフォースライトニングは(よく見ると一瞬だが)使っている様子が描かれ、スノークの叱責に苛立ち反抗しようとしたカイロ・レンを一瞬で吹き飛ばすほどの威力を見せつけた。

なお、ライトセーバーの腕前については劇中で描写されなかった。

余談

「最高指導者」という肩書きについて、原語での表記はSupreme Leader。なおEP8での描写から、単なる敬称の類ではなくファーストオーダーにおける正式な階級である。
なお、似た肩書にレジェンズに降格された小説シリーズに登場する、ユージャン・ヴォングの君主である「最高大君主(Supreme Overload)」というものがある。

2018年1月現在pixivにおいて同名のムーミン谷の住人に引っ掛けたネタ絵は存在するが、スノークで検索しても彼自身のイラストは殆ど出てこない。

最高指導者



関連項目

STARWARS カイロ・レン ファースト・オーダー ダーク・ジェダイ

以下、更なるネタバレ



























鍛錬の仕上げとしてレイを殺害するようにカイロ・レンへ促すが、「ジェダイもシスもない新時代を築き、全宇宙を支配する」という野心を抱き始めていたカイロ・レンによって、逆にスノーク自身が斬り殺されてしまう。
「自らの眼前で、反乱軍を殲滅寸前に追い詰める」というかつてのパルパティーンと同じシチュエーションを手にしながら、方向性は真逆ではあるが皮肉にも「弟子に裏切られて破滅する」という末路まで同じになってしまった。

関連記事

親記事

ファーストオーダー ふぁーすとおーだー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「最高指導者スノーク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2103

コメント