ピクシブ百科事典

ダーク・ジェダイ

だーくじぇだい

ダーク・ジェダイとは、映画「STARWARS」のスピンオフ作品に登場する用語である。
目次[非表示]

ダーク・ジェダイとは、映画『STARWARS』シリーズのスピンオフ作品に登場する用語である。その定義は作品やそれが作られた年代によって微妙に異なる部分があるが、この記事では映画フォースの覚醒公開に伴い、スピンオフ作品がそちらに繋がる正史(カノン)とパラレルワールドとなる非正史(レジェンズ)に区別されて以降の正史での設定について解説する。

概要

ジェダイの力の源であるフォースを利己的な事に利用する者やフォースの暗黒面に堕ちその力を悪用するジェダイを指す。
かつて古代のジェダイ騎士団から離反したダーク・ジェダイ達が、フォースの暗黒面を究めて銀河を支配するというジェダイとは正反対の教義を掲げたシスという宗教組織を興している。この宗教に属するシスの暗黒卿は独自に体系化された教義に基づいて暗黒面のフォースを操り、一般的なダーク・ジェダイとは一線を画す力を発揮する事から別の存在として定義されている。シスを含めた暗黒面のフォースの使い手全般を現す用語としては、「ダークサイドの達人」という語が使われる事もある。
シスの暗黒卿が正式なシスではないダーク・ジェダイにシスの教義を除く暗黒面の技を仕込んで従える事もあり、フォースを操る素質を持つ者を最初からダーク・ジェダイとして訓練した例も存在する。
特にダース・シディアスがシス・マスターである時代には数多くのダーク・ジェダイがシスの指導を受けており、クローン大戦時代にドゥークーの手足となって独立星系連合軍を指揮した弟子達(アサージ・ヴェントレスダース・モールの弟サヴァージ・オプレス、クローン大戦中にジェダイ騎士団を裏切ったジェダイ・マスターであるポング・クレルなど)や、オーダー66を生き延びたジェダイの抹殺を目的に任命された高官の集まりである「尋問官」(パウアンの大尋問官、ブラザー・フィフス、シスター・セブンなど)といったダーク・ジェダイにより構成された組織・役職が秘密裏に存在している。
他にもシスとは無関係に暗黒面に堕ちたジェダイも、ダーク・ジェダイとして定義される。
非正史(レジェンズ)ではヴェントレスのようにシスの手先として働く者はシス・アコライト(シスの従者)とも呼ばれており、特にドゥークーに師事して独立星系連合軍の指揮官として働いていた者達についてはダーク・アコライトという呼称も存在する。

ピクシブ百科事典に記事のあるダーク・ジェダイ

シスの暗黒卿についてはシス(STARWARS)の記事を参照。


なお、以下の人物については2016年現在非正史(レジェンズ)の作品のみでしか登場が確認されていない。

※マラ・ジェイドはダース・シディアスこと皇帝パルパティーンに師事していたとはいえ、自身の為では無くパルパティーンや帝国の為に(と思いこんで)フォースを使っていたため暗黒面に堕ちていなかったとする意見も作中で示されている。

関連項目

STARWARS
ジェダイ
シス(STARWARS) 暗黒面

pixivに投稿された作品 pixivで「ダーク・ジェダイ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 145

コメント