ピクシブ百科事典

スターキラー

すたーきらー

スターキラーとは、SF映画「STARWARS」シリーズに登場する用語である。
目次[非表示]

概要

スターキラーとは、SF映画STARWARSシリーズの一作目が制作された際、主人公の名前がルーク・スカイウォーカーに決定される以前に付けられていた名前ルーク・スターキラーの姓である。
その後、これとは全く別の意味を持つ用語として流用されているが、正史(カノン)と非正史(レジェンズ)でも意味が異なるためこの記事では両方について記述する。

正史

銀河帝国の再興を目的に掲げる軍事組織ファーストオーダーの拠点の一つとなっている要塞
元々は雪に覆われた惑星であったが、惑星の核そのものが巨大な動力炉兼主砲に改造された超兵器となっている。
この主砲にはかつてのデススターの技術が流用されており、惑星を瞬時に破壊するレーザーを発射する事ができる。
このレーザーは超光速で遠く離れた星系に飛来し、複数の惑星を同時に破壊するというデススターと比べても格段に強化された性能となっており、遠く離れた星系を接近することなく一瞬で滅亡させることが可能となっている。
また、レーザーを発射するためのエネルギーとして恒星を分解して動力炉に取り込むようになっている。その反面、デススターと比べても発射までにはエネルギーの装填に時間がかかるという欠点がある。

フォースの覚醒では新共和国の首都惑星ホズニアン・プライムを同じ星系の他の居住惑星共々宇宙の塵と化した。

関連項目

ファーストオーダー
デススター

非正史

シャナ VS スターキラー


画像左の人物。

ゲーム「フォース・アンリーシュド」の主人公。
銀河帝国時代にシスの暗黒卿ダース・ベイダーによって暗黒面のフォースを操る技術を授けられ、ベイダー直属の暗殺者として仕えたダーク・ジェダイコードネーム
彼は元々、オーダー66を生き延びて惑星キャッシークに逃れていたジェダイ・マスターケントー・マレックの息子ギャレン・マレックであった。
しかし、ケントーを抹殺しに現れたベイダーが幼いギャレンの存在をフォースで感じた際、ギャレンをケントーの師と勘違いするほどの強大なフォースの素質を見せた事から、ケントーを始末したベイダーは密かにギャレンを連れ帰り、建造中のエグゼキューター級スター・デストロイヤーの中でパルパティーン皇帝ことダース・シディアスにも隠れてダーク・ジェダイとしての訓練を施したのである。

関連項目

シス(STARWARS) ダース・ベイダー
ダーク・ジェダイ

pixivに投稿された作品 pixivで「スターキラー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 170

コメント