ピクシブ百科事典

Xウィング

えっくすうぃんぐ

『STAR WARS』(スター・ウォーズ)シリーズに登場する架空の軍用一人乗り有人小型宇宙船、スターファイター(Star Figher)の一種である。
目次[非表示]

概要

Xウィング(X-Wing)とは、『STAR WARS』(スター・ウォーズ)シリーズに登場する軍用一人乗り小型有人宇宙船である。単座スターファイター(Star Figher)あるいはファイター(Fighter)に種別される。
ローグ・ワン,エピソード4~6に登場する反乱同盟軍(新共和国軍)およびエピソード7,8に登場するレジスタンスの中核を担う軍用機であり、偵察・対地攻撃・対艦攻撃・防空戦闘・制空戦闘などを引き受ける多目的(マルチロール)戦闘攻撃機である。

STAR WARS世界では標準的な飛行・航宙能力を備えた万能機であり、大気圏内飛行及び大気圏外の宇宙航行、高温に晒される大気圏再突入を含め、高速で自在に飛行(航宙)可能な航空機航宙機である。
直線的な細長い楔形の胴体後方に4枚の主翼が備わり、主翼の翼端にはブラスターを各1基ずつ計4基、胴体と繋がる主翼の根本には核融合主機が各1基、計4基備わる4発機。
片側2枚、左右併せ計4枚の主翼を持つ複葉機である。戦闘時を中心に主翼を扇を開くように上下に展開し、正面の胴体先頭の機首、あるいは背後の機尾から見て、「X」字型、離着陸・離着艦・駐機時には、主翼が接地面に接触せぬよう展開していた主翼を畳み、片側1枚左右併せ2枚の「一」字型の単葉機になるSTAR WARS世界でも独特の構造と外見を持つ無尾翼機であり、可変翼機である。
前述の扇の様に開いた左右4枚の主翼の外観をアルファベットの『X』と見立ててXウィングと命名をされている。
パイロット1名が乗り込む密閉与圧型操縦席の後方には、様々な補佐を担当するR2-D2,BB-8などのドロイドを1体搭載する開放型非与圧専用ソケットが1基備わる。

宇宙戦艦地上基地対空砲程度なら容易に破壊するほどの強力な制圧力を持つ、制空・防空の格闘戦ブラスター及び、対艦・対地攻撃用プロトン魚雷で武装し、偏向シールドによる防御、ハイパードライブ装置による単独長距離航宙能力を持つ高性能機である。銀河帝国軍の偏向シールド・ハイパードライブを装備しないTIEファイターに比べ、防御力・航続力で勝る。

しかし、こうした高機能さは裏を返せば製造や整備におけるコストの高さにも繋がっており、特に慢性的な資金難に見舞われていた反乱軍ではただでさえ不足しがちな機体をそれぞれのパイロットに合わせて調整した「専用機」として運用せざるを得なかった。
そのため、一度機体を失うと再調達が困難であり、パイロットの心理的にも愛着がわきやすい事からXウィングが戦闘不能に陥ってもパイロットが脱出を躊躇し、機体を無理に持ち直そうとしてパイロット自身も命を失うという悲劇も数多く引き起こしていた。

ルーク・スカイウォーカーはこの機体で第1デス・スターを破壊し、新共和国発足後も愛機として活用し続けた。他にウェッジ・アンディリーズや、ポー・ダメロンなどもエース・パイロットとして名高い。

関連項目

STARWARS

類似宇宙SF作品

pixivに投稿された作品 pixivで「Xウィング」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 97576

コメント