ピクシブ百科事典

魚雷

ぎょらい

水中を航行し、艦船に衝突すると爆発して標的の艦船を破壊する兵器。
目次[非表示]

概要

水中を航行し標的に衝突すると爆発して破壊する水雷で「型水」を略した語。動力源と高速航行用に作られた推進装置(スクリューやウォータージェットなど)を装備し、標的に到達すると信管により弾頭が爆発し破壊する。
爆発は火薬の量や質以上に、爆雷と同様「バブルパルス現象」(水中で爆発が生じた際に起こる衝撃波が、水中で無数の泡の生滅を繰り返しながら威力を増幅させる現象)を利用して高めており、わずか10mに満たない物体が10倍以上のサイズの船体を真っ二つすることさえ可能にする。

標的が爆発により転覆や沈没をしなかったとしても体に大きく穴が開くため、その船内区画は浸水して使用不能になり、またその穴により速力が落ちるため標的には大きな損害を与えることができる。
黎明期のものは誘導機能がなく直進するだけであったため、扇状に何発も同時に発射していたが、現在は標的が発する音を頼りに追尾するもの、音を発して目標を探知するソナーを内蔵したものや電線光ファイバーなどで有線誘導するものが主。

現在主流の短魚雷は艦艇から発射するだけでなく対潜ヘリや対潜哨戒機など、航空機からの発射も可能。
現在の一般的なものでは50kt(約92.6km/h)以上で航行するものが主だが、モノによっては魚雷全体をキャビテーション(流体の圧力差により泡の発生と消滅を起こす現象)を意図的に起こしてで包み水の抵抗を減らすことにより200kt(約370.4km/h)以上の速度で航行する途轍もない物まである。

アメリカのASROC、ロシアのSS-N-29のように短魚雷後部にロケットモーターを接続、空中を飛翔後に目標近くで着水して目標へと向かうものもある。
目標到達まですべて水中を航行する魚雷と違い、目標付近まで空中を飛翔するために短時間で目標位置まで到達可能、射程も長くなる。
過去には主翼を取り付けて航空機から投下する、滑空魚雷というものがイギリスやドイツなど各国で作られており、現在でも防空圏外からの攻撃を可能とするためにレイセオン社などで開発がされている。

100年進んだ概要

100年進んだ未来では、船乗りたるもの魚雷ごときでパニックに陥ってはいけないようである。しかもなぜか、1970年代には既に登場していた自動操舵装置も自動化船(※)も100年進んだ未来では無くなっているようで、船員が常に舵を取らなければならない。

原子力船船長:前方に、何か光ってるぞ!
原子力船船員:魚雷でしょう。  (本当は「灯台でしょう」の空耳)

注釈

自動操舵装置:電波航法装置により現在位置を調べながら航行すべき航路から逸れないように舵を自動で取る装置。岩礁などの障害物や船が混雑しているなど衝突や座礁の危険の高い海域は船員が舵を取る。
自動化船:航行時の操舵や出力調整、衝突回避をコンピュータにより制御する船。混雑している海域は船員が必要に応じてコンピュータに指示を出す。

他の創作物では・・・

サンダーバード(SF人形劇)

  • 第26話にて海軍の演習用に核弾頭を搭載したものが登場。潜水艦から無人操縦の標的に向けて2発も発射。1発は命中し標的の潜水艦が原形を保ったまま、ほぼ無傷で沈没。もう1発はお約束どおり制御を失い海底に衝突し爆発。海底のガス層に引火して彼方此方に延焼し石油採掘ステーションが最終的に1基崩壊した。
  • 第20話にてアナスタの財宝を狙ったフッドがサンダーバード4号と湖底の遺跡に対し4発ほど発射し2発がサンダーバード4号に命中した。・・・が、サンダーバード4号は無傷であり、サンダーバード4号が発射した魚雷でフッドが乗っていた潜水艇は沈没。

名探偵ホームズ

  • 第9話にてライサンダー大佐が発掘した財宝を横取りするためモリアーティ教授の一味がライサンダー大佐の船の襲撃に使用。さらに、魚雷で真っ二つに破壊された船体のうち後ろが財宝を積んでいるため重さで沈んでいく中、ライサンダー大佐が財宝を取られまいとモリアーティ教授一味の潜水艇に襲撃すべく乗り込もうとしたため魚雷発射口から魚雷ごと押し出す。さらに、その魚雷をホームズとワトソンが海上へ脱出するために使用。


関連イラスト

58の魚雷さん
九三式酸素魚雷型ボートに乗る北上さま



関連タグ

兵器 爆発  軍事
魚雷ガール 魚雷跳び 人間魚雷 魚雷艇

回天(魚雷を改装することで生まれた特攻兵器)

pixivに投稿された作品 pixivで「魚雷」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1529169

コメント