ピクシブ百科事典

モリアーティ教授

もりあーてぃきょうじゅ

小説『シャーロック・ホームズシリーズ』に登場するキャラクターの一人。及びそれをモデルにした別作品のキャラクター。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. アニメ『名探偵ホームズ』のキャラクター⇒モリアーティ教授(名探偵ホームズ)
  2. NHK作品『シャーロックホームズ』のキャラクター⇒モリアーティ教頭
  3. 探偵オペラミルキィホームズの登場人物。森・アーティは彼の子孫という設定になっている。


概要

本名は、ジェームズ・モリアーティ
因みに兄のモリアーティ大佐の名前もジェームズである。
三人兄弟で兄は軍人、弟は田舎の駅長を務めている。

コナン・ドイルの小説『シャーロック・ホームズ』シリーズに登場するキャラクター。

シャーロック・ホームズと並ぶ高い知能を持つ元数学教授で、今は軍人子弟相手の予備校教師(もしくは家庭教師)という表の姿と、21歳で二項定理の論文、大学教授時代に「小惑星の力学」という論文を発表したその高い知能を駆使して巨大な犯罪組織を形成し、自らはその頂点に立って犯罪を立案し指示するだけで、その手を汚すことなく犯罪を成功させ報酬を得るという裏の姿を持つ男。
長身で、長年机に向って学問に打ちこんできたせいか猫背である。
ホームズ曰く「犯罪界のナポレオン」で、部下に銃の名手であるセバスチャン・モーラン大佐ほか、有能な犯罪者を抱えているロンドン第一の危険な人物であるが、スコットランド・ヤードのアレック・マクドナルド警部の言によれば警察内でホームズに犯罪者扱いされる教授を気の毒がる声が多いとされる程に疑惑の目を向けられておらず、教授を訪問した警部は帰りを見送った教授の姿を厳しい世間に出て行く息子を見守る父親の様だったと語るほどだった。最後の事件の後でも教授の事は謎に包まれている部分が多かったとされる。
ホームズは匿名ポーロックという教授の犯罪組織の人物から教授や組織の情報を得ており、その容貌なども知っていたがホームズ自身は教授と面と向かって会った事は二度しか無かった。だが、彼を一度敗北させた人物でもあり、最後の事件の折にホームズが彼を倒す事が出来れば自分の命を無くしても良いとワトソンに語るまでにその打倒を目指した人物で、それ故に目的を達した後はある種の完全燃焼をしたらしく、教授が死んだ後のロンドンは実に退屈な街になったとホームズはぼやいている。


シャーロックホームズシリーズを終了させたかった作者のコナン・ドイルが、『最後の事件』でホームズと相打ちさせるために作ったキャラクターだと言われている。そのため、シャーロッキアンの間でも『最後の事件』の評価は分かれ、『恐怖の谷』でも出番があるが、明らかにストーリーに矛盾が生じている。そしてセルロイドのように薄いキャラだった前者の作品に比べ、登場はしないものの後者の作品の方が存在感は圧倒的である。
なお、パロディ作品では、単にホームズの家庭教師だっただけの善良なおじさんで、ホームズがコカイン中毒で妄想に苦しみ、フロイトによる治療を受けた、という有名な話もある。

なお、pixivでは、ジャームズ・モリアーティを元ネタとした『名探偵ホームズ』のモリアーティ教授のイラストがほとんどである。

表記ゆれ

モリアーティ

関連タグ

シャーロック・ホームズ ホームズ 教授
















おいおい、まさか私の事忘れてないだろうネ!(ネタバレ注意!)

pixivに投稿された作品 pixivで「モリアーティ教授」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 97677

コメント