ピクシブ百科事典

目次[非表示]

我が名はジェームズ・モリアーティ!
職業教授兼悪の組織の親玉!

プロフィール

クラスアーチャー
真名ジェームズ・モリアーティ
身長175cm
体重68kg
出典シャーロック・ホームズシリーズ
地域ヨーロッパ全域
属性混沌・悪
好きなもの邪悪なプランニング
嫌いなものシャーロック・ホームズ
ILLUST本庄雷太
CV土師孝也


Mr.ダンディと呼んでくれたまえ! (無理)

概要

Fate/GrandOrder』メインシナリオ第1.5部1章「悪性隔絶魔境新宿」に登場する新宿のアーチャーの真名。
他ならぬ宿敵・シャーロック・ホームズの口からその正体が明かされる。

真名判明後は戦闘時のセリフが一部変更され、判明前は茶目っ気のあるセリフが端々に見られるのに対して、判明後は「威厳のある悪役」をイメージさせるセリフの割合が強くなる。

新宿のアーチャー(グレイ・カラー)


2019年にはホワイトデーイベント「旧き蜘蛛は懐古と共に糸を紡ぐ」にて主役に抜擢され、同時に髪を下したバーテンダー姿『グレイ・カラー』への霊衣開放も獲得した。
上記のイベント以外でもちょくちょく他のイベントで披露されており、珍しく意外と出番の多い霊衣だったりする。

真名

black & white


シャーロック・ホームズシリーズ』において、ホームズ最大のライバルとして名高い数学教授、ジェームズ・モリアーティ

登場した作品はわずか三作、しかもそのほとんどはホームズの言葉のみで登場していないにも関わらず、ホームズ最後の事件の暗躍によって絶大な支持を受けた悪のカリスマである。
原作において描写が少ない理由として、ホームズは「彼が後世に与える影響を懸念しワトソン君には敢えて描写を極力伏せるよう頼んだ」と述べている。

天才、哲学者、思想家、極めて優れた頭脳。
ホームズ曰く「犯罪界のナポレオン」であり、ただの数学教授でありながらその組織網はヨーロッパ中に広がっていたとされる。
作中で明かされた設定によると、言うなれば犯罪コンサルタントのような仕事に関わっていたとか。

人物

飄々とした五十がらみの壮年男性。
如何にも紳士然とした凛々しいロマンスグレーなオジサマだが、口を開くと饒舌でしかもジョークが大好きという大変に軽快な御仁。
親しみやすいが大変に胡散臭く、当人も自身を「悪人」と推定している。

しかしながら途轍もない頭脳を有しており、僅かばかりの手掛かりからサーヴァントの真名を的中させ、手にした情報から間違いない最善策を講じてみせる。

本来の性格は冷静、冷徹、理路整然とした厳粛な紳士。
遠慮深謀を突きつめた完全犯罪を画策し、華麗な手口で遂行“させる”最凶の策士。
常に余裕と気品を以て他者と相対し、その人物の性質を卓越した頭脳で明確に分析してみせる知略の怪物。

計画完遂のために一切の犠牲をいとわず、ときに自らさえその計画の駒の一部に組み込んでしまう。恐ろしいのは不確定要素さえ、ある程度の手筈さえ整えられるなら完全に制御してしまう周到さを発揮することで、ありとあらゆる手段を講じて完全犯罪の可能性を模索する。

一方、思い立ったことを証明せずにはいられない学者としての性も強く、これまで数多くの犯罪計画に携わってきた裏には、「その不可能を可能にしてみたい」という研究者としての本能的な欲求を隠している。
そして最大の宿敵の打倒こそ、彼を突き動かす大きな原動力でもある。

ただ、サーヴァントとして呼ばれた彼がホームズを嫌う理由は、「自分がアラフィフの姿で呼ばれたのに対してホームズがイケメン青年の姿で呼ばれた」ことに対する嫉妬も多分に含まれるという何とも締まらないもので、多くのマスターが「そこ!?」とツッコミを入れたとか。
特にホームズが手持ちにいる場合、ホームズ本人は不思議な縁に感慨深いものを感じている一方で、モリアーティの方は敵意満々である。


召喚後は、最初は主人公に対して「悪の教授」として接してくるが、絆レベルがあがるとやがて主人公の「善性」を認めるようになり、かつて分離させた「善のモリアーティ」同様に茶目っ気たっぷりのアラフィフとして接してくれる。
厳粛な親玉としてよりも、もしかするとアラフィフ紳士のほうが素に近いのかもしれない。

人理継続という使命を遂行する上で、自身が敵視していた「正義の味方」という存在に加担することになるが、そこはそれなりに楽しんでいる模様。
理由については、是非本編をプレイして確認して欲しい。

それでも自身を「悪人」と定義する事は変わらない様子。事実「悪人」としてカルデア内では知られているが、その明晰な頭脳に対しては周囲も認めており、マスターなどの頼みでその頭脳を生かしアドバイザー的な役割をこなすこともある。

もっとも、カルデアに来てからも、配布されている『悪巧み四天王対策マニュアル』(記述方式がまんまSCP財団のそれ)に記載されている一人になる等、色々とやらかしている模様。実際犯人だった場合は後日談で制裁されるのがお約束である。
しかも、彼の場合はカルデア側に察知されていない悪巧みが相当数あるものと予想される。

イベントシナリオでは、腰を痛めてしまったり、事件が起きた際に周りから真っ先に犯人として疑われるというコメディリリーフとしての面と、高い計算能力と先を見据えた計画性で事態を好転・あるいは収束させて美味しい所を持っていく面という、異なる役回りを与えられる。
その為かイベントへの出演率もかの黒髭ばりに多く、主人公も彼を信頼しているようで、2019年夏には雇うアーチャー候補として真っ先に思い浮かんだ程。
この点は、英霊化に伴い自由な立ち回りが出来なくなったライバルとは対照的で、本人はそのせいで腰が痛むともボヤいている。

尚、このように他のサーヴァントに比べ主人公との関係性が強く描かれている者達にはある共通点があるのだが…

聖杯については「大きな力だがそれ以上ではない」と評しており、その本質に気付いているような言動を見せる。

「大切なのは『X』という『変数』なのだよ……」

能力

本来はキャスタークラスの適性を持つ人物ではあるが、民間伝承の魔弾の射手を複合させた複合サーヴァント。
宝具として巨大な棺桶「ライヘンバッハ」を背負っており、これが某SFガンアクション超兵器のような武装(どっちかというと某アンデッドのもつ棺桶に見える)。
痩身ながらこれを軽々と扱い、ときにブン回して相手に叩きつける。

……が、ボイスから察するにやはり相当に重いらしく、腰が軋み偶にピキッとくるらしい。
生前では持ち得なかった武装ではあるが、本人曰く適当にやっても当たるとのこと。

歌劇である「魔弾の射手」に登場する狩人は、悪魔に魂を売り渡すことで狙う獲物を必ず仕留める魔弾を手に入れる。しかし七発目だけは悪魔の望む者―――つまり契約者を絶望させる誰かに必ず放たれるのだという。

ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
藤丸立香CDABAC


保有スキル

対魔力(D)一工程(シングルアクション)による魔術行使を無効化する。魔力避けのアミュレット程度の対魔力。
単独行動(A+)アーチャーのクラススキル。マスター不在・魔力供給なしでも長時間現界していられる能力。A+のランクなら、マスターを失っても一週間以上は現界可能。
魔弾の射手(EX)歌劇「魔弾の射手」の幻霊より取り込んだ能力。その魔弾は狙った獲物を必ず仕留める。
蜘蛛糸の果て(A++→A+++)邪悪を画策する能力。秩序を破壊し、善を穢し、しかして自分に対して因縁や罰を向かわせない。蜘蛛が作った網のように相手を取り込み、貶める。
邪智のカリスマ(A)国家を運営するのではなく、悪の組織の頂点としてのみ絶大なカリスマを有する。モリアーティの悪性カリスマはA、英国だけでなく世界全土を影から支配することも可能なランク。


宝具

終局的犯罪(ザ・ダイナミクス・オブ・アン・アステロイド)

FGO


  • ランク:A+
  • 種別:対軍宝具
  • レンジ:1~99
  • 最大捕捉:100人

モリアーティが目指す計算式「惑星破壊」を具現化した宝具。
詳しくは該当記事を参照。

関連人物

生前

シャーロック・ホームズ
生涯を通した最大の宿敵。その因縁は前述した通り。
我々の世界では彼の物語を終わらせる「デウス・エクス・マキナ」としてモリアーティは生み出されたが、読者たちや出版社の要望に半ば振り回される形で自身の役割を潰されてしまった。

自分がアラフィフとして召喚されたのに、ホームズは明らかに若々しいことに納得がいかない。
ホームズが絡むと、途端に態度が変わり、露骨に嫌そうな態度を取ることも多い。
カルデアにいる際には主人公にトマトを投げつけさせようとしたり、ドアや廊下に勝利宣言の紙を貼るなどの妙に小物臭い嫌がらせをしている。

ジョン・H・ワトスン
ホームズの助手。これといった接点はないが、型月世界においてはワトソンの手記らしいホームズシリーズで、モリアーティの描写が少ない理由は彼の世間に与える影響を少なくするためのホームズからの希望であり、モリアーティが老年で現界した原因の一つともいえる。

セバスチャン・モラン大佐
モリアーティに仕えた銃の名手で二番目に危険とされる人物。そのためプレイヤーから新宿のアーチャーの真名の候補に挙がっていた。

ヘンリー・ジキル
自身の善悪の存在に苦悩していた碩学者の青年。生前、罠を仕掛けたことでハイドを覚醒させた。
悪いとは欠片も思っておらず、むしろ彼がカルデアにいることそのものが自分の功績である、などと考えている。とはいえ口に出すと殺されそうなので控えてはいる。
仲良くしたいと言っているがこれは割と本音である。何と言っても、自分が気紛れで送り出した作品が世界のために活躍しているのだから。

フー・マンチュー
ノックスの十戒の一つである「中国人(ここでは怪しげな力を持つ万能怪人のことを指す)を登場させてはならない」の元ネタとなった東洋の怪人。
虚月館殺人事件』の折に浅からぬ関係であったと語っている。
ホームズ曰く「テムズ川のヘドロ並に薄汚いコネクション」。

Grand Order

幻影魔人同盟
新宿のアサシン新宿のライダー(後にアヴェンジャーに変異)新宿のバーサーカーをまとめ上げ、各々の欲望を満たすべく行動する。
エミヤ・オルタはあくまで傭兵と語っていた事からおそらくメンバーには入っていないと思われる。

新宿のアヴェンジャー
幻影魔人同盟の同志。新宿幻霊事件の際、彼の望むままに改造を施した。元のクラスがライダーだったため、マイルームボイスでは彼を『ライダー』と呼んでいる。
しかしその結果、割ととんでもない計算不能のキメラが出来上がってしまったため、実は密かに距離をおいている。
「ヤバい、めっちゃ怖い」

バアル
新宿の犯罪計画における共犯者。モリアーティがアーチャークラスとして現界する理由に深く関わっており、ホームズを出し抜くトリックの重要な役割を担った。

コロンブス
彼もまた、Mr.ダンディとは言い切れない側面を持つサーヴァント。
幕間では、互いに本性をさらけ出した上で利用し合うというWin-Winの関係に一応は落ち着く。

フランケンシュタインチャールズ・バベッジ
2017水着イベントにて共演。
イシュタル主催のレースにチーム名「スチームエレクトリカルwithパパ」として颯爽と参戦する。
元々はとある悪巧みの為に二人に声を掛けたものの、上記の『悪巧み四天王対策マニュアル』に記載されていた対策方法として、フランに「ぱぱ」と呼ばれた事で【生まれて始めて涙した】と後々語るほど感動し、猛烈な親バカキャラと化して本気でレースに取り組む事となった。この際に『プロフェッサーM』という仮名を用いており、後のイベントでもたまに使われている。
出発(でっぱつ)するよ君達!

メカエリチャン
ある意味生みの親。ハロウィンイベントの黒幕に技術の横流しをした結果誕生した存在。
騒動が収まり黒幕がカルデアにやってきた際に、黒幕が真相を喋って判明した。が、メカエリチャン本人は別にどうとも思っていない様子。

エルキドゥ
2017水着イベント、およびエルキドゥの幕間にて共演。
「物語の中で、特定の役割を求められたサーヴァント」であるとして、彼から興味を抱かれる。
モリアーティはそんな彼のことを、善にも悪にも依らない、愚直なまでの「物語(えいゆう)」と評しているが、一方では「非常に御しやすい」として悪巧みのタネにしようともしている。

メフィストフェレス
上記の幕間にて共演。
互いに根っからの悪党なのだが、「3秒でバレると分かっていても、思いついたら即ヤッちゃう」という自身とは真逆の刹那主義者である為、計算に組み込み辛いと難儀している。

関連イラスト

Mirrored
新宿のアラフィフ紳士


ほんの少しだけあくどいだけサ
悪性隔絶魔境新宿



関連タグ

Fate/GrandOrder
アーチャー(Fate) サーヴァント 新宿のアーチャー
魔弾 紳士 老人 犯罪者 教授 黒幕 悪のカリスマ

関連記事

親記事

新宿のアーチャー しんじゅくのあーちゃー

pixivに投稿された作品 pixivで「ジェームズ・モリアーティ(Fate)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 216290

コメント