ピクシブ百科事典

ヘシアン・ロボ

くびなしきしとおおかみおう

※『Fate/GrandOrder』に登場する新宿のアヴェンジャーの真名。
目次[非表示]

心臓が、肉体が、牙が、爪が、応じるのだ。
応報だ。絶対的な応報だ。
おまえたちは、俺を滅ぼしたのだから。
だから、俺も滅ぼそう。
おまえたち人類種を滅ぼそう。
この牙が折れるまで。
この爪が鈍らになるまで。


————ああ、荒野(こきょう)がひどく遠い。
土の匂いも、感触も、何もかもが消えていく。

プロフィール

クラスアヴェンジャー
真名ヘシアンロボ
身長188cm
体重99kg
性別男性・雄・男性
出典伝承史実小説
地域アメリカ
属性混沌・悪
好きなもの風の吹く荒野
苦手なもの人類
天敵トラバサミ
ILLUST下越
CV竹内良太

狼王は史実とは異なり、体長3mを超えている。

真名

ヘシアンとは、アメリカ開拓史伝承の一つスリーピーホロウ」の正体である、ドイツ人傭兵団“ヘシアン”の騎士のこと。彼はアメリカ独立戦争でイギリスの同盟国として派兵され、戦争によって砲弾を受けて首を失くした。それ以来、死を自覚することなくニューヨーク近郊の森を彷徨い、緑に目が光る亡霊馬を駆って襲ってくるとされる。

そしてロボとは、『シートン動物記』で有名となった狼王ロボのことである。
彼がこの英霊の主体であり、人間の開拓事情に巻き込まれて厄介者と断じられ、妻である白狼・ブランカを殺された上、その遺体が自身を捕らえるに利用されたことから、人類に底知れない憎悪を滾らせている。

この英霊には届かない霊基“幻霊”二騎を、合体・融合させるという本来有り得ない手法で、無理やり英霊としての格を造り上げている。


さらには、ストーリー前半で深手を負ったことから、さらなる力を手に入れるべく怪奇小説『透明人間』の主人公ジャック・グリフィン博士を取り込み、光学迷彩じみた透明化能力を獲得。

その代償として、グリフィン博士の属性と人格を抑え込むべく、より心に巣食う憎悪を加速させる。結果、当初ライダーだったクラスは復讐者へと変質することになった。
その戦闘力は並みのサーヴァントでは束になっても太刀打ちできず、幻影魔人同盟でも単騎での戦闘能力はトップクラスと考えられる。

しかし、サーヴァントは伝承・逸話にまつわる弱点からは逃れられないもの。最速最凶の復讐鬼と化した狼王とてその例外ではない。原典『シートン動物記』では、彼の伴侶・ブランカの亡骸を囮に使い、その四肢をトラバサミで負傷させて捕らえたとしている。

よって、サーヴァントと化した状態であっても、この逸話になぞらえた手段であれば大きなダメージを負わせることが出来る。……全ての条件を揃えて実行する事が可能であれば。

人物

獣ではあるが、生前の記録が示す通り野生生物の領域を凌駕する明晰な知性を持つ。
加えてサーヴァント化したことでその知性はより磨きがかかり、人と大差ないほどの知性と精神性を得るに至った。

だがロボ自身は、そんな自身をすでに生前の「狼王ロボ」とは別の存在だと定義している。
卑怯ではあったが人に負け、その結末にどこか諦めたような納得があった狼王ではなく、復讐の機会に飛びついた怪物として現在の自身を定義している。

そのため、その選択は「生きるために狩る」ことではなく「復讐者として殺す」ことに比重を置いており、そうすることで生前の自身とサーヴァントとしての自身を区別している。
そして「殺せる」と判断する、もしく「殺してやる」と憤怒した場合、バーサーカー染みた闘争本能の塊となり、どこまでもしぶとく相手を追い詰めようとする。

狼として生きたことを何よりも誇りとし、家族やその子孫を想い、そしてその矜持を蹂躙した人類を憎悪する。
なので人または人を由来とするものが彼と膝を交えて付き合うには、相当に根気が必要となるだろう。


ロボにとってヘシアンは単なる攻撃装置でしかなく、人の形をしているが、人とは程遠い存在であることを感じ取っているため、繋がっている事を「我慢できる」。
その関係に信頼や仲間意識はないが、お互いに体の一部であるかのように意思を通わせることは出来る。
しかしヘシアンの方は、ロボに対して思うところがあるらしく、それは彼の最期の瞬間に示唆されることになった。
一見分かりにくいが、「性別」や「出典」の項目にある通りグリフィン博士も彼らと融合している形で「中」にいる。最もヘシアンやロボと比べると存在が弱く、自我を持てていないらしい。

復讐者としてその復讐心を原動力とする彼は、カルデアに召喚されても決してその心の内を見せず、常に警戒心と怒りの気配を漂わせる(動物会話のスキルを持っているサーヴァントが近づいても、「人」の匂いがする限り彼は近寄らせる事を拒絶する)。

普段は霊体化するか、あるいは洞窟(もしくはそれを模したシミュレーション空間)に引きこもっており、周囲との関わりを断っている模様。
バレンタインイベントでは、本来動物には毒であるはずのチョコレートを、敢えて手元に差し出すよう求めるのだが、その時の彼の心境は……

能力

ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
藤丸立香A+B+A+EDB+


保有スキル

堕天の魔(A+)魔獣と堕した者に備わるスキル。天性に至ることは出来ない、人工の魔性。防御力の向上、状態異常の耐性など。天性の魔よりやや能力は落ちる。
怪力(B)一時的に筋力を増幅させる。魔物、魔獣のみが持つ攻撃特性。使用する事で筋力をワンランク向上させる。持続時間は“怪力”のランクによる。
死を纏う者(A)周囲に災厄を振りまき、死をもたらす魔性の存在としてのスキル。乗り手となっているドイツ傭兵(ヘシアン)がデュラハンに連なる怪物に成り果てたことから。ロボの復讐心が具体的な外装となって、攻撃を可能とする。
動物会話(A)言葉を持たない動物との意思疎通が可能。動物側の頭が良くなる訳ではないので、あまり複雑なニュアンスは伝わらない。狼王ロボは動物なので人間を除いた自分より格下の生物に命令を下すことが可能。
復讐者(A)被ダメージによるNP上昇率が高くなる。恨み・怨念が貯まりやすい。何があろうが、人間を殲滅する。
忘却補正(B)その憎悪は決して忘れ去られることはない。人類史に小さく刻まれた醜い疵痕として、いつまでも残り続ける。
自己回復(魔力)(B)人間の作った世界に存在する限り、彼は憎悪を牙として餌を喰らい続ける。
透明化(D−)気配を遮断するのではなく、薬物投与という人体の物理的な透明化。ヘシアン・ロボの存在力の高さから「近くにいるのかどうか」は分かっても、具体的にどの座標に存在するかまでは読み取れない、というスキルランクの低さが逆にメリットとなっている希少なケース。代償として凶暴性が増幅されてしまう・・・・・・が、ヘシアン・ロボに関してはまるで関係がない。


宝具

遙かなる者への斬罪(フリーレン・シャルフリヒター)

フリーレン・シャルフリヒター


  • ランク:C
  • 種別:対人宝具
  • レンジ:1〜5
  • 最大捕捉:1人
二人の復讐心を形にした憤怒の断罪。
因果を逆転するほどの力は持たないものの、宝具のレンジ内で微妙に世界への偏差を加えることによって「首を刈りやすくする」状況を形作る。
一撃で首を刈る、絶殺宝具。

関連人物

「Fate/Grand Order」におけるマスター。
人類として憎悪の対象の一人であるが、それ以上に"世界"を取り戻すための協力者であり、彼なりの信頼も寄せている。
心を許しているわけではないが、総合理解が不可能と知っていながらも歩み寄ろうとする彼/彼女の姿勢に感じ入る物があったらしい。

ロボが気を許す数少ないサーヴァントの一人。
人の匂いがせず、泥の匂いがすることから「泥」と意識内では呼称されている。
エルキドゥもロボの意思や表現を理解することができるため、たまに通訳を買って出ている。

ロボが気を許す数少ないサーヴァントの一人。
人の匂いがせず、樹を漉したような匂いがすることから「紙」と意識内では呼称されている。
ロボが半分物語の存在なので、彼の意思をなんとなく理解できるが、マスターには意地悪などで教えてくれることは少ない。

予想されていた下記の真名候補の一体で、同じ高名な狼のサーヴァント。
当狼同士の関係性は全くないが、人類と絶対に和解不可能という点も共通(また、こちらは騎手無しでもライダーとなっている)。

余談

無理ゲー過ぎた真名解明

新宿サーヴァントでも真名看破が最難関となったサーヴァント
劇中でも再三、真名の追及がなされたが、怪物クラスの頭脳を持つシャーロック・ホームズ新宿のアーチャーの知恵を拝借しなければ到達不可能だった。

当然、プレイヤー間でも真名看破が試みられ、北欧神話の魔狼フェンリル、イングランド北西部ノーサンバーランド周辺の民間伝承バーゲスト、革命直前のフランスで幾多の犠牲者を出しながら未だ正体の知れぬジェヴォーダンの獣、シャーロック・ホームズの長編に現れたバスカヴィルの魔犬、シートン動物記の狼王クルトーと最後に戦った衛兵隊長ボワスリエの融合体、といった様々な推察が披露されたものの、完全に看破できたマスターは絶無に等しいレベルであった。

そりゃ、アメリカ繋がり以外関連がないもの同士を悪魔合体してんだから、無理ゲーにもほどがあるわな……

特異点的な存在

これまでに登場したアヴェンジャーでも、文字通り復讐者のド真ん中を行くサーヴァント。


と、アヴェンジャーは数あれど、いずれも根っこの人格面は比較的まともで、復讐に対して一定の矜持を持った者たちが多い。

これに対し、ヘシアン・ロボは「人類すべての駆逐」という、見境と際限のなさでは断トツに業が深い(比較対象としてよく用いられている彼女も実はそれなりに良識があったりする)。
このあまりに理性を欠いた復讐心が、彼のサーヴァントとしての在り方にも強い影響を与えている。

カルデアに召喚されても、最初はマスターを食い殺さんばかりに殺気立っており、決して懐いてはくれない。
戦闘の時はなぜか素直に応じてくれるのだが、平時はマスターといえどなかなか関わろうとしない。
絆Lv5を達成することで、ようやく「お前なら協力してやる」とわずかにデレてくれる。


そしてそれほど人間を嫌悪している彼が何故、人理を守るためカルデアの召喚に応じたのか。
その答えは幕間の物語そして彼らとの絆を極限に高めた先で語られる。


なお、そもそもロボ自身、家畜や猟犬を大量に殺めている上に、シートンの仕掛けた毒エサを一箇所に集めるなどの挑発行為すら行っており、卑怯な手段で殺されたからと言って一方的に復讐を持ち出せる立場とは言い難い。
その事も有ってか、人物評にあるように、生前のロボは結末に対する諦念を感じており、必ずしも人間を恨んではいなかった。

実際の所、アヴェンジャーと言うクラスは復讐したい者のクラスと言うより、復讐者である事を世界に望まれた者の当てはまるクラスと言う性質が強い(アンリマユやサリエリが典型的)。
ロボもまた、物語を読んだ者に復讐者としての立場を無理やりに望まれ、捻じ曲げられた存在であると言えるかもしれない。

関連記事

親記事

新宿のアヴェンジャー しんじゅくのあべんじゃー

pixivに投稿された作品 pixivで「ヘシアン・ロボ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 367961

コメント