ピクシブ百科事典

ゴルゴーン(Fate)

ごるごーん

『Fate/Grand Order』に登場するアヴェンジャーのサーヴァント。
目次[非表示]

「……ふん。復讐者、ゴルゴーンだ。うまく使うがいい。私も貴様をうまく使う。どちらが先に末路を晒すか、見物だな?」

プロフィール

真名ゴルゴーン
クラスアヴェンジャー
身長172+??cm
体重57+??kg
性別女性
出典ギリシャ神話
地域欧州
属性混沌・悪・地
好きなもの人間の苦しむ様子
苦手なもの鏡、体重計、二人の姉
ILLUST下越
CV浅川悠

人間部分以外の怪物部分を含めると、相当の身長数値および体重数値となる。

概要

ライダー怪物ゴルゴーンとしてアヴェンジャークラスで召喚された姿。
Fate/hollowataraxia』にてその存在は示唆されていたが『Fate/GrandOrder』で遂に登場。

『GrandOrder』のメインシナリオ第1部七章「絶対魔獣戦線バビロニア」にて登場し、クリア後にストーリー召喚へ追加される。レアリティは☆4。

真名

ギリシャ神話におけるゴルゴン三姉妹の三女メドゥーサの呪わしき成長のなれの果て、ゴルゴーン。何らかの要因により、大本(オリジナル)である怪物の性質が著しく強調された状態。女神から完全な魔物・怪物「ゴルゴーン」へと完全に変成する寸前の段階であり、本来はサーヴァントとして召喚されない。

───最早、魔獣の女王とでも呼ぶべき存在。

普段こそ人間レベルまで体格を縮めてはいるが、その本性はかなりの巨体を誇る。
7章ではウルクの北壁に出現した際、その城壁を取り囲むほどの長さの尾をもっており、戦闘画面でも大型エネミー級のグラフィックサイズが用意された。
サーヴァントとしても尻尾の力で足を地面から浮かせており、かなりの高身長になる。

人物

「ゴルゴンの怪物/ゴルゴーン」に限りなく近い存在として顕れてしまった彼女は、本来的には人類への脅威である。カルデアのシステムによってサーヴァントとして召喚されてはいるが、扱いには細心の注意が必要だろう。気を抜けば、マスターとはいえ命はない。

万が一の可能性として、互いの絆を深める事に成功すれば……
マスターは大いなる力を得る事になる。
ただし、やはり人間とは立場の違う、異質な存在であるとは認識すべきである。

慈しみも、愛も、彼女のソレは───
人と相容れるようには出来ていない。

復讐者のサーヴァントだけに、高慢で恨み深く、敵対者には一切の容赦がない。
しかし召喚されたことについては、多少なり感謝の念を持ち、マスターと共に闘うことにそれなりの充足感を感じていることから、単に冷血というわけではない。
もっとも、マスターを一貫して捕食対象に据えているため、まともな懐き方をしているとは言い難いが……。

尚、マイルームにおいて、メドゥーサがいると自身の体重を気にしている節がある。
そして、この姿でも、二人の姉へのトラウマはある模様(どのくらいかと言うと、二人と会わせたマスターを天性のサディスト呼ばわりして逃げようとする程)。
更には苦労人属性も増したようで、イベントで出演するたびに厄介なサーヴァント達に目を付けられ、タジタジになる場面もチラホラ。

能力

幸運以外の全てステータスがB以上の高いランクを誇る。
特に筋力・耐久については、一般的な英霊の範疇を超え、魔獣だからこそ到達し得る領域にある。

ステータス

筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
A++A++BBDA


保有スキル

怪力(A+)一時的に筋力を増幅させる。魔物、魔獣のみが持つ攻撃特性。使用する事で筋力をワンランク向上させる。持続時間は“怪力”のランクによる。完全なる魔と化したゴルゴーンは、これを高ランクで所持する。
変転の魔(B)英雄や神が生前に魔として変じたことを示す。過去に於ける事実を強調することでサーヴァントとしての能力を著しく強化させるスキル。ゴルゴーンは、人の身では絶対に不可能なランクの筋力と耐久力に到達している。
魔眼(A++)最高レベルの魔眼「キュベレイ」を所有する。ただし、通常時には封印状態にある。
畏怖の叫び(A++)生物としての本能的な畏怖を抱かせる咆哮。敵全体に恐怖、継続的な防御ダウン、瞬間的な防御ダウン大、呪い状態などを付与。だが、本作では基本的に使用されない。
復讐者(B)復讐者として、人の恨みと怨念を一身に集める在り方がスキルとなったもの。周囲からの敵意を向けられやすくなるが、向けられた負の感情は直ちにアヴェンジャーの力へと変化する。
忘却補正(C)人は多くを忘れる生き物だが、復讐者は決して忘れない。忘却の彼方より襲い来るアヴェンジャーの攻撃はクリティカル効果を強化させる。
自己回復(魔力)(A)復讐が果たされるまでその魔力は延々と湧き続ける。微量ながらも魔力が毎ターン回復する。


宝具

強制封印・万魔神殿(パンデモニウム・ケトゥス)

  • ランク:A→A+
  • 種別:対軍宝具
  • レンジ:1~60
  • 最大捕捉:400人
ゴルゴーン


「貴様らの呪いを返してやろう。溶け落ちるがいい。強制封印・万魔神殿!フハハハハハハハハ!」

女神としての最後の名残を放棄し、最後に行き着くなれの果てである『ゴルゴンの怪物』を一時的に実体化させ、指定領域内のあらゆる生命を溶解する。
人間であればただちに命を奪われ、サーヴァントにも強烈なダメージを与える。

ライダー状態のメドゥーサが所有する宝具『他者封印・鮮血神殿』が強化されたモノではあるものの、準備時間を必要とせず、真名解放のみで発動する。
無機物タイプの相手には効果がやや薄い。
なお、宝具名にあるケトゥスとはギリシャ神話におけるペルセウスに退治された鯨のようなモンスターの事。

ゲーム上では、種類はBusterで、効果は【敵全体に強力な攻撃&呪い状態を付与(5ターン)〈オーバーチャージで効果アップ〉+味方全体のNPを増やす(+10%)】。
強化後は、威力に加えてNPの増加量が増える(+15%)

自己封印・暗黒神殿(ブレイカー・ゴルゴーン)

  • ランク:C+
  • 種別:対人宝具
  • レンジ:0
  • 最大捕捉:1人


石化の魔眼『キュベレイ』を封じる強力な幻術結界であると同時に、相手の能力発露も封じる事が出来る対人宝具。第一霊基段階で付けているバイザーがそれである。
性能や機能はメドゥーサと同様だが、ランクがC+となっている。

ゲーム上での性能

初となる☆4(SR)ランクのアベンジャー。「HP<ATK」というアベンジャー共通の攻撃的なステータスを持つ。
《Quick:1/Arts:2/Buster:2》のセイバー型のカードバランス。
どの攻撃も多段ヒットするうえ、クラススキルのお陰でNP効率も良好。またQuickを戦闘に置いたBraveチェインでのスター生産能力も良い。

スキルは、1ターン攻撃力UPの「怪力(A+)」、5ターンのガッツ(HP0からの復活)状態付与と3ターンのクリティカル威力UPの「変成の魔(B)」、敵1体を1ターンスタン状態にする「魔眼(A++)」。
「怪力」は他の同一スキルより効果が高い一方、効果時間が1ターンと短くなってる。
「魔眼」も高いスタン付与率を誇るが、「対魔力」等のスキルで弱体耐性が高い相手にはミスする場合がある。

宝具は前述通り。
呪いはオーバーチャージで威力が上がるが500ずつしか上昇しないので、基本的にはオマケ程度に考えていた方が良い。
全体に等倍でダメージを通せるため、各クラスに分け隔てなく高い効果を発揮する。もちろんバーサーカーとルーラーにはさらに高いダメージを叩きだす。
何気に味方全体のNPを増加させる効果もあり、味方全体をさりげなくサポートしてくれる嬉しいオマケ付き。

高い攻撃性を持つ一方、やはり耐久性が疎かなので長期戦は苦手(クラス上バーサーカーとムーンキャンサー相手以外ならそこそこは耐えてくれるが)。
また「変成の魔」によるクリティカル威力UPも、スター集中率が全クラスでも下位のアヴェンジャーでは活かしにくく、メインアタッカーに据えるには概念礼装による補助とスター生産要員が必須となる。
ただスター生産要員、撤退覚悟の前衛としてはなかなかに優秀で、敵を宝具と魔眼でキリキリ舞いにしつつ、ザコやボスの取り巻きを排除するには申し分ない。
いっそフォウくんカードでのHP増強をやめて、敢えて撃たれ弱くなっておくという奇策もある。
このため皮肉にも自身にとって不俱戴天の仇が描かれている『五百年の妄執』との相性が良いということに…。

総じて優秀なサブアタッカーであり、自分の戦果よりも味方をサポートすることに秀でた攻撃性を持っている。

現在はエクストラクラス改定により、マスターそっくりのAIがアヴェンジャーの弱点に加わった。
ちなみに組ませると彼女を苦しめる者達をゴルゴーンが蹴散らし、こちらは撃たれ弱さを回復でカバーしてもらい更には宝具のチェインで呪いの付与率を上げてもらいつつNPを貯めていくなどやっぱり相性は良い。

またメタな弱点としてイマジナリ・アラウンドとの相性が悪いこと(虚数魔術なら相性は良い)もある。

活躍

Fate/Grand Order

女神同盟の盟主であり、魔獣を生み出し人類殲滅を狙う女神ティアマトを名乗る。
ウルク北方の山岳地帯を拠点とし、そこに「鮮血神殿」を構築して攫った人間たちを消化し、魔獣へと転生させていた。
不完全な覚醒でもウルクの要害である北壁を破壊し得るほどのパワーを誇り、主人公やウルク軍を窮地に追い込む。しかし牛若丸の決死行と、キングゥの諫言によって北壁から退去する。
そして10日後に決戦を予告し、人類側に猶予を与えて去っていく。

迎えた人類との決戦では、女神同盟から離反したケツァル・コアトルの放った「マルドゥークの斧」がマーリンの企てで鮮血神殿の正面を破壊し、神殿が機能不全に陥ってしまう。
そして自身が魔獣ゴルゴーンであると看破され、さらに自分から欠落したはずの女神の神格がサーヴァントとして立ちはだかり、切り札とされたことから敗北。
消滅したものと思われていたが……

終盤、真のティアマトが復活した際、敗北の寸前に欠落した神格と融合したことで完全体となり、ティアマトのウルクへの進撃を阻もうとする主人公たちの前に現れる。
そして神格側の記憶を引き継いだことで主人公と共闘(共闘というよりは、ワザと突き離すような言い方でウルクに向かわせている)。彼らをウルクへ先回りさせるために、ティアマトとと交戦の末に散った。
彼女の奮戦により、ウルクは最終決戦への準備を整えることに成功している。

関連人物

ライダー(Fate/staynight) メドゥーサ(ランサー)
「メドゥーサ」の別の側面が現れたサーヴァント。
ランサーの自身は剥離したはずの“偶像の女神”としての神格、ライダーの自身は女神から現在に至る過渡期に位置している神と魔の混ざりもの。

ゴルゴン(Fate)(ステンノエウリュアレ)
愛すべき姉達。怪物になっても苦手なものは苦手な様子である。
実際のところ、彼女たちから逃げるのは(トラウマもあるが)「生前の最期を思い出させたくない」という優しさによるもの。

ペルセウス
生前自分を殺した英雄。

ケツァル・コアトル エレシュキガル ティアマト
第七章で絡みのあった女神達。
特にケツァル・コアトルからは蛇属性・女神系サーヴァントとして独り身である事を気に掛けられている(一方のゴルゴーンは復讐者になれるだけの素養と過去を持ちながら明るく振舞える彼女に若干恐怖を感じている)。

キングゥ
一時期自身の補佐官だった。しかし、一時とは言え母子として過ごしていたことで互いに情を抱いており、最終章では援軍として登場した妙に人間臭いエルキドゥが「エルキドゥ名義のキングゥ」であることをポロリと漏らしかけている。

カルデアのマスター
第七章で敵対したマスター。カルデアに呼び出されて以降も怪物である自分に気兼ねなく接する姿勢には呆れている。
そう言ったコミュニケーションのおかげか、視線だけで会話ができる程度には理解を深めている。

関連画像

ゴルゴーン
ゴルゴーン


ゴルゴーン !
メドゥーサさんかわいい



関連タグ

Fate/GrandOrder
アヴェンジャー(Fate) サーヴァント
ギリシャ神話 ゴルゴン
ゴルゴン(Fate)

pixivに投稿された作品 pixivで「ゴルゴーン(Fate)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3880419

コメント