ピクシブ百科事典

メドゥーサ(Fate)

めどぅーさ

『Fate』シリーズの登場人物。
目次[非表示]

プロフィール

真名メドゥーサ / ゴルゴーン
クラスライダー / ランサー / アヴェンジャー
身長172cm / 134cm / 172+??cm
体重57kg / 30kg?※ / 57+??kg
スリーサイズB88/W56/H84
属性混沌・善 / 中立・善 / 混沌・悪 /地
出典ギリシャ神話
地域ギリシャ、形のない島 / 欧州
イメージカラー
特技乗馬、軽業、ストーカー
好きな物お酒読書 / 水辺・泳ぐ事 / 人間どもの苦しみ
苦手な物身長測定馬刺 / 海で泳いだ時に足に絡み付く海藻。特にワカメ。/ 鏡
天敵セイバーアサシン葛木宗一郎
ILLUST武内崇 / BLACK / 下越
CV浅川悠



概要

第五次聖杯戦争にて召喚されたライダー(Fate/staynight)の真名。
その後、幼き日の姿がランサーとして、怪物への変貌が進んだ姿がアヴェンジャーとして登場している。

能力

ステータス

クラスマスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
ライダー間桐慎二CEBBDA+
間桐桜BDABEA+
藤丸立花BDABEA+
ランサー藤丸立花CDAECA+
ランサー(大人)?????????
アヴェンジャー藤丸立花A++A++BBDA


保有スキル

クラススキル

対魔力(B)魔術への耐性。三節以下の詠唱による魔術を無効化し、大魔術・儀礼呪法など大掛かりな魔術を持ってしても傷付けるのは困難。ライダーもしくはランサー時にこのランクの対魔力を有する。
騎乗(A+)乗り物を乗りこなす能力。生前には存在しなかった現代の乗り物はもちろん、竜以外の幻獣・神獣すらも乗りこなせる。
復讐者(B)アヴェンジャーのクラススキル。復讐者として、人の怨みと怨念を一身に集める在り方がスキルとなったもの。怨み・怨念が貯まりやすい。周囲から敵意を向けられやすくなるが、向けられた負の感情はただちにアヴェンジャーの力へと変わる。
忘却補正(C)人は忘れる生き物だが、復讐者は決して忘れない。忘却の彼方より襲い来るアヴェンジャーの攻撃はクリティカル効果を強化する
自己回復(魔力)(A)復讐が果たされるまでその魔力は延々と湧き続ける。魔力を微量ながら毎ターン回復する。

保有スキル

神性(E-)神霊そのものではあるが怪物に転じたためほぼ消滅している。ライダー時に所有。
女神の神核(A)生まれながらにして完成した女神であることを現す。神性スキルを含む他、あらゆる精神系の干渉を弾き、肉体成長もなく、どれだけカロリー摂取しても体型が変化しない。ランサー時には姉たちと同じくこのスキルを所持している。
単独行動(C)マスターを失っても、1日程度現界し続ける事が可能。しかし吸血による魔力供給が可能なのでもっと長く現界する事も可能。ライダー時に所有。
魅惑の美声(B)姉たちが所持するものと同一の固有スキル。男性に対しては魅了の魔術的効果として働くが、対魔力スキルで回避可能。対魔力がなくとも抵抗する意思を持っていれば軽減は可能。ランサー時に所有。
魔眼魔眼の中でも最上位(一応さらに上もあるが)と呼ばれる宝石級の石化の魔眼「キュベレイ」を所持。対魔力がC以下の者を石化し、Bでもセーブ判定次第で石化する。たとえ石化しなくとも全ての能力を1ランク低下させる「重圧」の負荷を与える。この効果は距離を置くと薄れるが、ライダーが認識せずとも相手がライダーを認識しただけで石化が始まる。ライダー時にはA+ランクで、アヴェンジャー時にはA++ランクで保持している。
怪力魔物、魔獣のみが持つとされる攻撃特性で、一時的に筋力を増幅させる。持続時間は“怪力”のランクによる。ライダー時にはBランクで、ランサー時には魔の性質が薄いためにCランクで、逆にアヴェンジャーは魔の性質が高い……というか魔そのものと化しているので非常に高いA+ランクでこのスキルを保持している。

固有スキル

彼方への想い(A)いつの日にか在ったかもしれない彼方―――愛しき日々への想いが、彼女の戦いを最後まで支えてくれる。
変転の魔(B)英雄や神が生前に魔として変じたことを示す。過去に於ける事実を強調することでサーヴァントとしての能力を著しく強化させるスキル。ゴルゴーンは、人の身では絶対に不可能なランクの筋力と耐久力に到達している。
畏怖の叫び(A++)生物としての本能的な畏怖を抱かせる咆哮。敵全体に恐怖、継続的な防御ダウン、瞬間的な防御ダウン大、呪い状態などを付与。だが、本作では基本的に使用されない。


宝具

他者封印・鮮血神殿(ブラッドフォート・アンドロメダ)

ランク:B
種別:対軍宝具
レンジ:10~40
最大捕捉:500人
内部の人間を溶解し魔力として使用者に還元する赤い結界を張る対軍宝具。
発動するにはまず起点となる魔法陣を設置し、さらに「呪刻」と呼ばれる小さな魔法陣を周辺に展開して魔力を集めなければならないため、完全発動までには7~10日程掛かる。
さらにこの結界は土地の霊脈を傷つける事から、同じ場所で連用出来ないという欠点も存在するため、事実上1回限りの宝具である。
『FGO』では、後から追加スキルとして実装された。

自己封印・暗黒神殿(ブレーカー・ゴルゴーン)

ランク:C-
種別:対人宝具
レンジ:0
最大捕捉:1人
石化の魔眼『キュベレイ』を封じる強力な幻術結界であると同時に、相手の能力発露も封じる事が出来る対人宝具。
ライダーが普段つけているバイザーであり、他人に使い対象から吸精をすることも出来る。

騎英の手綱(ベルレフォーン)

ランク:A+
種別:対軍宝具
レンジ:2~50
最大捕捉:300人
騎乗できるものなら幻想種をも御し、更にその能力を向上させる対軍宝具。
基本的に彼女の仔とも言える天馬を血の魔法陣から召喚して使用する。
詳細は該当記事を参照。

女神の抱擁(カレス・オブ・ザ・メドゥーサ)

  • ランク:B
  • 種別:対人宝具
  • レンジ:???
  • 最大捕捉:???


未来のメドゥーサ(ライダー)のスキルとして所有している能力、すなわち現在の状態のメドゥーサが『未来』に取得するモノを宝具として得ている。
手にした不死殺しの刃を見舞ったあと、視界に捉えた相手を瞬時に石化させる、最高レベルの魔眼「キュベレイ」による効果。これを軸として、彼女は猛攻撃を行う。
どう見ても目からビームなのは気にしないように。

強制封印・万魔神殿(パンデモニウム・ケトゥス)

  • ランク:A
  • 種別:対軍宝具


女神としての最後の名残を放棄し、最後に行き着くなれの果てである『ゴルゴンの怪物』を一時的に実体化させ、指定領域内のあらゆる生命を溶解する。
人間であればただちに命を奪われ、サーヴァントにも強烈なダメージを与える。

ライダー状態のメドゥーサが所有する宝具『他者封印・鮮血神殿』が強化されたモノではあるものの、準備時間を必要とせず、真名解放のみで発動する。
無機物タイプの相手には効果がやや薄い。


関連タグ

Fateシリーズ サーヴァント メドゥーサ

pixivに投稿された作品 pixivで「メドゥーサ(Fate)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 500271

コメント