ピクシブ百科事典

アサシン(Fate/staynight)

あさしん

『Fate/stay night』に登場するアサシンのサーヴァント。
目次[非表示]

───ふむ。女を見る目には自信があったのだが。どちらも修行不足という事か

プロフィール

真名佐々木小次郎(正確には“佐々木小次郎という殻を被るに都合のいい誰か”)
身長176cm
体重63kg
属性中立・悪
分類(カテゴリ)
出典史実
地域日本
イメージカラー群青
特技
好きなもの花・鳥・風・月
苦手なもの特になし
天敵間桐臓硯間桐桜
テーマ曲疾風の剣士
CV三木眞一郎


概要

Fate/staynight』に登場するアサシンサーヴァント

第五次聖杯戦争において、キャスターが自身の陣営をより強固なものとする為、柳洞寺の山門を触媒に彼を召喚した。紺色の陣羽織に長大な太刀を帯びた、耽美な青年剣士。
柳洞寺には土着の結界が張られており、サーヴァントは正面の山門以外から侵入出来ないのだが、その山門の番人として立ちはだかる。

真名

日本において最も名の知れた剣士のひとり「佐々木小次郎」―――その本人ではない。
本来、冬木に召喚されるアサシンはハサン・サッバーハと呼ばれる暗殺者集団の誰かになるはずであるが、「サーヴァントによるサーヴァント召喚」という前代未聞のルール違反の上に成り立っている召喚なので、ハサン・サッバーハ以外の架空の英霊が召喚された。暗殺者に似つかわしくない堂々とした剣士の風貌なのはそのため。真名を“佐々木小次郎”と名乗っているものの、作中(Fateの世界)では架空の人物とされ、概要の項目にある通り「佐々木小次郎という英霊を形作る上で、最も条件の当て嵌まる無名の剣士の亡霊が選ばれた」という特異な存在である。そのため、セイバーとの初対面時には自分から真名を名乗っている。

「彼」本人の一生は、名実共に剣と生きたものだった。
山奥の農村で生まれた彼は、幼いころ年老いた剣士の技に目を奪われる。しかしその老人が少年の前で剣を振るったのは一度きり。師事すらさせてはもらえなかった。
老人の置き土産である「物干し竿」を手にした彼は、死ぬ前ただただ剣を振るい続けた。
あの日に見た老人の絶技に近づくため。そして空をスイッと飛ぶ燕を斬るため。それだけのために。
彼が奥義「燕返し」を完成させたのは死ぬ直前。つまりあれほどの腕前を持っていながら、生涯だれとも果し合いをしてはいない。
故に望みは「強者との真剣勝負」。相手が剣士ならば尚のこと。
我が秘剣、どこまで通じるか試さずして何が剣士と言えようか。

上記のように柳洞寺の山門を召喚の触媒としているのだが、召喚者であるキャスター自身が「この世界の依り代」となれない存在(サーヴァント)であるが故に、触媒に使われた山門がマスター(依り代)が代理となっている。それ故か山門周囲から動けず、キャスターの令呪により門番を命じられている。

ちなみに、架空ではない「本物の佐々木小次郎」がきちんと存在する並行世界も、一応は存在していた模様。ただしその世界の住人いわく、そちら側の佐々木小次郎は、「こんなに強くはなかった」らしい。

人物

花鳥風月を愛で、雅な陣羽織に身を包む風流人。温厚であるが、飄々とどこかつかみ所のない性格をしている。また、「明鏡止水」の心得を有している事から、いかなる物事、それが己の死であっても動じる事はない。その反面、やはり生粋の武人であり、正々堂々とした勝負を好む。上述した通り、生前はひたすら山で修行し続け一度も誰かと刃を交えた事がなかったため、聖杯戦争における望みは強者相手に剣技を振るう戦いそのもの。
セイバーやライダーにはコナをかけるような発言をするも、一方で三枝由紀香に懐かれた時には、どう対処すべきか分からず困惑する意外な一面を見せている。

なお、キャスターやマルタのように猫を被った女性に対しちょっかいをかけるのは楽しいらしい。

能力

「暗殺者」のクラスとして現界しているが、イレギュラーによって召喚された不正規のサーヴァントである為に、アサシンのクラス特性をほとんど失っている。
むしろセイバーのクラスが妥当に思える。

第五次聖杯戦争に招かれたサーヴァントたちの中でも、随一の剣技(奈須きのこ氏曰く「純粋な剣技のみで言えば、今回の聖杯戦争中最高のサーヴァント」。剣士のクラスであるセイバーの強さは剣技のみではない、その他も含めた総合力による)を持ち、相手の攻撃を受け流しつつ「全てが首を落とすための攻撃」と評されるほど鋭い一撃必殺の斬撃を駆使する。守りの構えさえ、相打ち狙いの一撃必殺による牽制である。

また、最高の俊敏性を誇るランサー、機動力に優れるライダーのクラスを差し置いて、第五次中「敏捷」のステータスはトップである。
ただ行動範囲に制約がある上に、戦いの場も階段という段差のある環境から、これらの長所を活かしきれずにいる。それでも、この特異な環境やキャスターの魔術の援護も相まってギルガメッシュ真アサシン以外のサーヴァントを一度は退けており、山門の守り手として優秀なサーヴァントだったと言える。

『Fate/GrandOrder』にて、日本一の剣豪の並行存在無空に到達していると言わしめるほどの腕前であると直感されており、彼女の知る本来の佐々木小次郎の次元をとっくに抜き去っていると評された。

ステータス

筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
CEA+EA??


保有スキル

気配遮断(D)武芸者の無想の域「明鏡止水」として有しているが、ランク自体はやはり正規のアサシンに劣っており、剣の間合いに入るまで気付かれない程度。
心眼(偽)(A)所謂「第六感」「虫の知らせ」と呼ばれる、天性の才能による危険予知。視覚妨害による補正への耐性も併せ持つ。
透化(B+)「明鏡止水」の心得。精神干渉を無効化する。前述の気配遮断の代用にもなっている。
宗和の心得(B→B++)同じ技を何度仕掛けても命中精度が下がらない特殊な技法。つまり、相手に攻撃を見切られる事がなく、相手は何度戦っても常に初見と同じ戦いを強いられる。


宝具

秘剣「燕返し

  • 分類:対人魔剣
  • ランク:
  • 最大射程:???
  • 最大捕捉:1人


彼は正式なサーヴァントではないため、正確には宝具ではないのだが宝具に匹敵する神秘を兼ね備えた最高の剣技。
魔術を使用せずに一瞬だけ分身して放たれる必中不可避の魔技とも称される。
詳細は同項目を参照。

他作品での活躍

Fate/unlimitedcodes

基本的に原作準拠の展開であるが、キャスターの横槍によりセイバーとの望まぬ戦いを強いられた事で、流石の彼も憤りを覚え反逆を決意。後にバーサーカー相手の最終戦では、共同戦線を張っていたキャスターに対し劣勢を装い、残っていた最後の令呪を使用させ、自身を制御する術を失った彼女を容赦無く斬り捨てた。
令呪による能力強化を得るものの、キャスターを失った事で現界を保っていられるのも僅かという状況の中、単身でバーサーカーを相手に純粋な一騎打ちを挑み勝利。
最期は生前と同じく山門からのを眺めつつ、強敵たちと剣を交えられた事に満足しながら消滅した。

カーニバル・ファンタズム

山門周辺から動けないという設定を踏襲し、それ以外の場所では書割が代理登場。オープニングにおいても登場していたのはコレ。
……とか思ってたら、後にデコトラに山門を積み込んでレースに乱入という暴挙に出ており、二次創作でも比較的に元のイメージを大きく崩される事が少なかった彼が、公式自らの手によって見事にぶっ壊れた最終話での集合場面でも、上記と同じく山門持参でちゃんと本人が登場している。
どうやって山門を積んだのかは永遠の謎である。

Fate/Prototype
『Fate/stay night』のアサシンとキャラクター造形に変更はなく、山門に居を構えるサーヴァント。真名は佐々木小次郎。 こちらの佐々木小次郎は英霊の座に登録されている正式な英霊らしい。その上宮本武蔵とも戦ったことがあるとのこと。もしかしたらこちらの世界戦での記録が記憶になったうえの世界線。なのかもしれない

Fate/GrandOrder

初期から実装されたアサシンの一騎で、原作を踏襲しイレギュラーな存在なせいか☆1(C)とランクは最低。

しかし……初期の頃に第一章「邪竜百年戦争オルレアン」にて、わんさか現れるワイバーン達に対してクラス相性の優位性を武器に活躍した事から、本家竜殺しを差し置いてドラゴンスレイヤーとしてマスター達から崇められる事になる。
公式側もこれに乗っかり、「月の女神はお団子の夢を見るか?」でマルタゲオルギウスと共に竜殺し3人組として登場したり、概念礼装「プリンス・オブ・スレイヤー」でジークフリートと共演したりしている。

また、2016年の水着イベント「カルデアサマーメモリー」では、『アイランド仮面』というどう見ても人様の物の仮面を付けた、雑コラと言っても差し支えない姿になった。
SAMURAIェ……。そして遂に二人目も現れた。

ドラゴンスレイヤーとしての活躍が目立つ彼だが、幕間の物語でも盛大にやらかしている
ネロ帝の主催するコロシアムの戦いに出場することになるのだが、調子に乗って勝ちまくり、最終的にチャンピォンの『地獄の使者デーモン・ソード』を燕返しでフィニッシュを決め、小次郎が優勝してコロシアムの殿堂に「SAMURAI」の名を刻んで歴史を改変してしまう
グランド・オーダーの面目が丸潰れである……。
ちなみに、優勝果たした小次郎自身も新たな秘剣開眼のきっかけを作ってくれる強敵が表れてくれなかった為に非常に残念がっていた。
また歴史を改善してしまったきっかけを作ったことに小次郎自身も反省しているのであった。
余談だが小次郎は燕返しで100人抜きをしたらしい。

そして……


 英霊剣豪七番勝負

サービス開始当初、奈須氏から「本編への出演は無い」と言われたものの、1部終了後に発表された1.5部「Epic_of_Remnant」において、宮本武蔵の登場すると思しきストーリー「英霊剣豪七番勝負」と題された三つめのエピソードが発表された。
これに多くのファンが「小次郎はどうなんだ!?」と騒いだのは言うまでもなかった。

そして2017年10月14日遂にその幕が開く
そこに……


小次郎の姿は存在した。

いかなる登場だったか、そして彼の負った役割が何だったのか。
それは直接その目で確かめてほしい。
ちなみに本エピソードだけのために超豪華仕様での登場となっている。
出番もSNのUBWルートやUnlimited Codeの小次郎ルートを想起させるように、ここ一番での見せ場をかっさらっている。

キャラ性能

カードバランスは《Arts:1/Quick:3/Buster:1》の典型的なアサシンタイプ。
スキルは、自身に1ターンの回避と3ターンのCT威力強化状態を付与する「心眼(偽)(A)」、自身の精神異常状態の解除とスター付与を行う「透化(B+)」、自身に3ターンの必中とスター発生率アップを付与する「宗和の心得(B)」と自己強化とクリティカルに特化した構成。

「心眼(偽)(A)」による回避のおかげで割としぶとく立ち回れる上に、CTの火力が高いため、相性上で有利なライダークラスにキツイ一撃を見舞ってやることが出来る。

宝具はもちろん「燕返し」。種別は「Quick」。効果は【敵単体に超強力な攻撃&スター大量獲得】。Quick属性なので、Quickチェインも合わせればより多くのクリティカルスターを生産できる。

ただ☆1のため、序盤を過ぎるとライダー以外を相手取るには力不足になり、なにより耐久:Eに恥じず(?)全サーヴァント中HPの最終値が最低なので打たれ弱いのがつらい。アッケナイモノヨ…

霊基再臨でも、「無間の歯車」や「八連双晶」といった高需要品が要求されるのもネックであり、手持ちサーヴァントや在庫の数と相談して育成を進める必要がある。
また強化クエストをクリアすると、「宗和の心得」が強化され、スター発生率の強化と3ターンのスター集中度アップが追加され、クリティカルアタッカーとして磨きがかかる。ただ、スター生産役として見るとこの「スター集中効果」はアタッカーへのスター配分を邪魔してしまうため、場合によってはクエストをクリアしないのも手である。

ただし☆1なので運用コストは“3”と激安であり、ライダークラスが多発するクエストではしっかり鍛えておけば存分にその剣の冴えを拝ませてくれる。
足りない打たれ強さに関しては、上位の概念礼装でカバーするか聖杯転臨で補強していく事が求められる。

2017年10月に「屍山血河舞台下総国」が実装されたことに合わせ、後日、戦闘モーションを刷新。
宝具演出もよりスタイリッシュなものに変更された。

人間関係

stay night

キャスター
召喚者でありマスター。

セイバー
自身の剣技を存分に奮える相手。UBWでは果し合いの約定を守るため、魔力切れで消えかかる体を執念で維持した。

真アサシン
桜ルートにおいて間桐臓硯の手により、小次郎を触媒に呼び出された正規のアサシン。触媒にされた小次郎は、生きたまま体内から身体を引き裂かれるという凄惨な最期を迎えた。
尚、同じ虚淵作品にて同じような事になった少女がいる。

三枝由紀香
霊体化している小次郎が見える。相性も良かったらしく、文化祭の劇ではコンビの役を演じた。

Grand Order

マルタ
お月見イベント以降の各種イベントで彼女とタラスクとの手合わせに執心しており、しょっちゅうちょっかいを出したり口説いたりしている。しかし、彼女のデレは彼にとって、「ありえぬなぁ……」という概念らしい。それは違う奴の台詞ではないのか。

宮本武蔵
ついに対面することになった、「佐々木小次郎」の宿敵。
……が、前述通り本作の小次郎は名を被った別人であり、武蔵も異なる世界・異なる歴史からの来訪者である。つまり二重の意味で接点が皆無。ただし…

関連イラスト

月下の侍
SAMURAI


佐々木小次郎
佐々木小次郎



関連項目

Fate/staynight Fate/hollowataraxia アサシン(Fate) サーヴァント
農民  門番 地蔵 デコトラ

pixivに投稿された作品 pixivで「アサシン(Fate/staynight)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1832528

コメント