ピクシブ百科事典

武蔵坊弁慶(Fate)

べんけい

『Fate/GrandOrder』に登場するランサーのサーヴァント。
目次[非表示]

「然らば念仏を唱え申す」
「南無……拙僧のような者に祈られても仕方がないだろうが」

プロフィール

クラスランサー
真名武蔵坊弁慶
性別男性
身長199cm
体重88kg
出典義経記』『平家物語
地域日本
属性混沌・善
ILLUST真じろう
CV稲田徹Fate/Grand Order

脛は弱点ではないので蹴られると凄く痛いだけ。

概要

Fateシリーズに登場するランサーサーヴァント
元々はオンライン企画版「Fate/Apocrypha」にて作成されたサーヴァントだったが、企画は頓挫。小説版としてリメイクされる際に、ストーリーの都合と大聖杯がアインツベルン製に設定変更されたためリストラとなった。

その後は「Fate/GrandOrder」にて晴れて正式参戦が決定した。レアリティは☆2。
メインシナリオでは序章「炎上汚染都市 冬木」にて、シャドウサーヴァントとして立ちふさがる。

7章において待望のストーリー初登場がCMで発表され、本編ではギルガメッシュに召喚されたサーヴァントの一人として主の牛若丸と一緒に登場した。
本編の終盤では、憎しみにとらわれて黒化し、分離も不可能なくらい生命の泥と融合してしまった牛若丸を、致命傷を負いながらも宝具によって分離させ、共に強制成仏させる事に成功した。

人物

……武蔵坊弁慶は、物語である。
剛胆にして忠実、最強の大男。源義経と共に数多の戦を戦い抜き、最後の最後まで雄々しく散ったまさに英雄の理想像。

……武蔵坊弁慶は、英雄である。
薙刀を振るえば、たちまち雑兵の体が吹き飛び、吼え立てれば餓えた狼とて逃げ回る。
鬼の子と噂されたのも間違いではあるまい。

……武蔵坊弁慶は、得難き存在である。
自分とは違うのだ。違うが、こうして弁慶を名乗った以上は、誰にも弱いなどと言わせない。
それが臆病風に吹かれた自分の、せめてもの償いだろう。

荒法師・弁慶の伝承に似つかわしくないほど、基本的には穏和で実直。
一人称は「拙僧」。たまに「ござる」口調が混じる。
しかしただ大人しいというわけでなく、根は荒っぽく豪快で、常に鍛錬を怠ず、戦場では意外なほどに強い闘争心を垣間見せる。
見かけによらず「子供の相手は得意」とのこと。
マイルームで暇をするマスターを相撲や踊りに誘うなど、ひょうきんな一面を覗かせることもある。

真名

源義経と共に活躍した、日本史上最も有名な僧兵
現代に至るまでも、歌舞伎浄瑠璃など幅広い物語で愛されている。
弁慶の立ち往生弁慶の泣き所など現在に伝わっている故事も多い。

―――しかし。
この男の真名は弁慶本人ではなく、常陸坊海尊(ひたちぼうかいそん)という。
彼は義経の家来でありながら、義経主従が最期を遂げた戦いで逃げ出してしまう。
そのことを深く恥じた彼は、義経と弁慶の物語の語り手として、日本を旅して回るのであった。
聖杯に託す願望は弁慶の勇名を永遠のものにすること。既にその願いは半ば叶っているのだが、深く恥じている海尊は口がある限り、永遠に語り続けるのだろう。

霊基再臨を完了すると、自らこのことを白状し、なおも「武蔵坊弁慶」としてマスターへの忠信を示そうとする。
海尊にとって、“弁慶として戦うこと”こそ、弁慶伝説の伝播を明確にする術なのかもしれない。

能力

ステータス

筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
AB+CDCC


保有スキル

怨霊調伏(A)“臨兵闘者皆陣列在前”の九字が成す、邪悪な呪いへの抵抗呪文。 成功すれば敵の魔術を封じ込められる。「演じる」という海尊自身の属性と、勧進帳のくだりに象徴される弁慶の即興能力により、魔術を封じるだけではなく、限定的ながら敵の魔術を覚えて使用することも可能になる。
仁王立ち(B)かつて弁慶が成し得た有名なエピソードの再現スキル。もちろん、弁慶本人ではないので宝具に昇華するほどの能力はなく、単純な防御力向上とターゲットとして認識され、攻撃集中状態に陥るのみ。
白紙の勧進帳対象の逆らうことのできない存在が発行した、「宝具を使うな」という命令書をその場で偽造する。判定に成功すれば命令書を信じる、信じないに関わりなく、対象は宝具を封印される。ターンごとに抵抗判定があり、抵抗に成功した場合、再び宝具が使用可能な状態に復帰する。宝具封印の命令を強制的に執行するが、そもそもが弁慶ではないため、封印の確率は低い。
対魔力(C)魔術に対する抵抗力。一定ランクまでの魔術は無効化し、それ以上のランクのものは効果を削減する。Cランクだと魔術詠唱が二節以下のものを無効化する。大魔術・儀礼呪法など、大掛かりな魔術は防げない。弁慶の場合、日本の呪術関係には特筆すべき抵抗力を持つ。
くろがねの博(いつき)(C)かつて弁慶がそうであった、というエピソードの再現スキル。マスターの耐久力を向上させる。


宝具

五百羅漢補陀落渡海(ごひゃくらかんふだらくとかい)

  • ランク:EX
  • 種別:対軍宝具

遊行聖の大行列を呼び出す。彼らは浄土を目指し、棺桶のような舟に封じ込められ、流される即身成仏の行である「補陀落渡海(ふだらくとかい)」によって旅に出る者達である。呼び出された行列はその場にいるすべてを進行方向へと押し流す。そのため、その場にいる者は抵抗判定に失敗するたび、強制的に移動させられ、最終的には浄土へ連れて行かれ成仏する。
つまりは半強制的な即死魔術なのだが、FGOでは確率でスタンと呪いを付与するのみに留まっている。

“羅漢”とは悟りの高尚に至った霊験ある僧侶のこと。
“補陀落渡海”とは、即身仏行に代表される捨身行の一種である。また補陀落は南方で観世音菩薩が主催する浄土であり、補陀落渡海行は死期を悟った者、もしくは現世安寧と仏果円満を願った覚者が臨み、己の命を以て本願を成就せんとする捨身行である。
那智・熊野を中心に発展し、江戸時代末期まで行者は続いた。

ゲームでの効果は、敵全体に確率でスタン付与&呪い付与(3ターン)<オーバーチャージで効果UP>。

企画時の宝具

八つ道具
対戦相手の英霊が持つ宝具を、七ツ道具の8つめとして奪い取る。
こうして奪い取った宝具は、初めて見る武器でも使いこなすことが可能で、数ラウンド後には持ち主のマスターに投げ返してダメージを与える。
宝具を手放す理由は能力的な制限というより、しばらくすると彼がその宝具の使い心地に飽きることにある。
ちなみに弁慶の七種の武器は薙刀、鉄の熊手、大、大、さすまた、つく棒、そでがらめ、と伝えられている。

弁慶仏
その場の空間を大長刀で荒々しく削り出し、荒法師の姿の分身を複数体生み出す。
分身はすべて彼と同等の攻撃力を持ち、敵からの攻撃を引き受ける壁にもなる。 一度の宝具使用で生み出される分身の数は1~7体とランダムで、結果は使用した彼にも決められない。以降、弁慶の攻撃力は健在な分身の数だけ増加する。

キャラクター性能

レオニダス一世と並ぶ☆2ランサーであり、低級サーヴァントの盾役の一人
最大HPはレオニダス一世を大きく突き放し、☆3並の最大9000まで達する。
一方、現時点で攻撃力は☆1ランサーがいない関係上、ランサーとしては最弱に甘んじている。
カードバランスは《Quick:2/Arts:2/Buster:1》で、アーチャー型の変則タイプ。
育て始めはイマイチ運用に迷うものの、第一霊基再臨後に「仁王立ち(B)」を習得し、1ターンの間味方への被害を最小限に食い止めることが出来る。
ただBusterが一枚だけ、と攻撃性はからっきしのため、サポート向きの運用が基本になる。
幸い運用コストは安いので、高ランクの防御系・HP強化系の概念礼装で補強してやれば、パーティーの盾として十二分に腕を振るってくれるだろう。

2016年3月23日から開始された「サーヴァント強化クエスト第1段」のうちの七騎に抜擢され、第四霊基解放済みの状態でクエストが解放され、クリアすることでスキル「白紙の勧進帳」を習得できる。
効果は【敵全体に宝具封印を1ターン付与】と、没案だった本スキルの性能を若干だが弱体化して落とし込んだものとなった。次ターンに弁慶の宝具による封印判定が成功すると、最大2ターンに渡って相手の決め手を封じることが可能となる。

宝具効果は上述の通り、属性はArts。
スタン効果と呪いによるステータス異常のため、直接的なダメージは与えられないが、スタンが上手くはいれば相手の戦線を麻痺させた隙に、主力サーヴァントたちで畳み掛けることができる。

勧進帳の追加でより妨害工作に秀でたクセモノランサーに化けたため、今後の研究次第でさらにユニークな立ち回りが可能となることは間違いないだろう。

関連人物

牛若丸
生前の主君。心から忠義を誓っており、最期の戦いで逃げ出した事を深く恥じ入っている。
牛若丸のほうは常陸坊の名を呼んでいた事から、彼が本物の弁慶でない事を分っていた模様。

関連タグ

Fate/Apocrypha Fate/GrandOrder ランサー(Fate) サーヴァント
武人 僧兵 贖罪

pixivに投稿された作品 pixivで「武蔵坊弁慶(Fate)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 258169

コメント