ピクシブ百科事典

炎上汚染都市冬木

えんじょうおせんとしふゆき

「炎上汚染都市 冬木」とは、『Fate/Grand Order』序章のタイトルである。
目次[非表示]

概要

特異点番号特異点F (or 特異点X ?)
時代A.D.2004
人理定礎値C
場所冬木市
キーキャラクター不明(人理の盾 - 人理の防人 ?)
章クリア報酬森の賢人
シナリオ担当奈須きのこ


ストーリー

人類絶滅の原因を探るためのレイシフト実験を前に、カルデア管制室で起きた謎の大爆発と火災。
マシュと共に崩壊に巻き込まれたはずの藤丸立香が目を醒ましたのは、生きた人間の気配の無い焦土と化した都市であった。
突発的なレイシフトで特異点Fへと飛ばされた2人は、同じくレイシフトに巻き込まれた所長と合流する。

襲い掛かる魔獣とシャドウサーヴァントたち。
唯一生存し正気を保っていたサーヴァント、キャスター。

大聖杯の眠る地下大空洞に辿り着いた主人公たちへ、漆黒の騎士王が刃を振り下ろす―――。

登場人物

人理継続保障機関フィニス・カルデア

主人公マシュ(CV:高橋李依※1)フォウ(CV:川澄綾子)
FGO詰め2
眼鏡マシュ
フォウちゃん
オルガマリー(CV:豊口めぐみ※2)Dr.ロマン(CV:鈴村健一)レフ・ライノール(CV:杉田智和)
しょちょー
医療組
レフ教授

※1 二代目担当。先代は種田梨沙。変更理由は種田氏の病気療養による休業。
※2 アニメ『Fate/Grand Order -First Order-』では、豊口氏の産休により米澤円氏が代役。

サーヴァント

キャスター(CV:神奈延年)セイバー(CV:川澄綾子)アーチャー(CV:諏訪部順一)
キャスニキ
セイバーオルタ
影弓
ライダー(CV:浅川悠)※2アサシン(CV:稲田徹)ランサー(CV:稲田徹)※2
Resistance Is Futile
『妄執の影 ハサン・サッバーハ』
平安人
バーサーカー(CV:西前忠久)※1ダ・ヴィンチちゃん(CV:坂本真綾)※2
無題
ダ・ヴィンチちゃん


アニメ、漫画版におけるサーヴァント

それぞれの媒体で所どころ聖杯戦争に参加していた英霊が異なる。

ランサー(CV:浅川悠)ライダー(CV:なし)※1アサシン※3
メドゥーサ(First Order仕様)
無題
assassin

 ※1 アニメでは回想シーンに登場したがセリフは無し。
 ※2 アニメ『Fate/Grand Order -First Order-』には未登場。
 ※3 別冊少年マガジン版FGOにて登場。

物語の序盤であり、チュートリアルを交えて急ぎ足で進んでいくので気づきにくいが、第1部が完結した今なお最も謎に包まれたステージとなっている。

  • 聖杯戦争中に突然、サーヴァントのマスターを含む人の姿が消えたと言うが、その原因が特定されていない。
    • アニメではメドゥーサによって石化された人間が描写されているが、彼女がいつそうしたのかは説明されていない。

  • 何故、セイバーは黒化および暴走したのか。マスターはどこへ消えたのか。
    • そもそも、どうしてキャスター・クー・フーリンだけがセイバー・オルタの手に落ちずに健在だったのか。
    • 黒化したサーヴァントはマシュたちカルデアの面々を見て、「聖杯ヲ我ガ手ニ」「漂流者達」と述べているが、これは何を意味しているのか(マシュと融合した英霊は確かに聖杯関係者ではあるが)。

  • セイバー・オルタは何のためにこの特異点を維持し続けていたか。
    • 彼女が他のサーヴァント5騎を隷属させた原理は何なのか。
    • いつものセイバーならレフ・ライノールの本質を直感で予期し、そうでなくとも彼女から見れば、得体のしれない人間である彼から与えられた聖杯に手を付ける可能性は薄かったのではないか。
    • 2周年記念メモリアルクエストで、第一から第七特異点のクエストを攻略した後に開示される最後の高難易度クエストが、この特異点Fのボス戦リメイクである。そこで出現するセイバー・オルタには『人理の防人』なるブレイクスキルが追加されていた。

  • この特異点に召喚されていたサーヴァントが、他の特異点で登場したメンバーを除き、誰一人として冠位時間神殿での最終決戦に現れなかったのは何故なのか。
    • そもそもFGO世界の聖杯戦争でキャスターの枠で喚ばれたのはクー・フーリンではなかったことが最終章で判明しており、この特異点のサーヴァントが実際の時系列で呼ばれたメンバーでない可能性も浮上。
    • アニメBD・DVD特典の一問一答によれば、この異常の一端は他の世界の聖杯戦争が入り混じったためらしい。そのためにデータのコリジョンが起きてエミヤがシャドウ化したり、クー・フーリンがキャスターになったり、アルトリアがオルタ化していたとのこと。

  • 何かを探していた他のサーヴァントと違い、森から離れもせずバーサーカーは何を守っていたのか(Staynight時とマスターが変わっていなければおそらく、自身のマスターだと推測出来る)。
    • そして、そのバーサーカーを除くサーヴァントたちは実際に何を探していたのか。それが聖杯だったのかさえも定かではない。

  • 第六特異点ではマシュはこの冬木のことを『特異点F』ではなく、『特異点X』と呼んでいた。
    • 最初からずっと一緒に旅をしてきたはずなのに、マシュの記憶がどこかおかしいことになってるとも取れる。一応はこの特異点Xの呼称の後に、冬木へのレイシフト直前に起こった爆発事故での経緯はきちんと覚えているが……。
    • また『MELTY BLOOD 路地裏ナイトメア』ではその舞台のことを『特異点X-2』と表記している。

  • 遠坂邸だった場所には謎の爆心地が生じている。
    • イシュタルの器となった遠坂凛がこの冬木から第七特異点へと召喚され、その入れ違いでグガランナが冬木へ落ちたのではないかという考察もされていたが…。

  • この特異点自体が本当に人理焼却の主犯の仕業だったのか
    • 配下であるレフ・ライノールは介入してこそはいるが、黒幕がそもそも人理焼却の起爆点として用意した聖杯はオルレアン以降の七つの特異点の分しかない。冬木で回収した聖杯は完全に余分で別物である。
    • アーチャーとしてエミヤが召喚された時点で、霊長保護の集合意思(アラヤ)が介入を決断する事態を意味する。アニメBD・DVD特典の一問一答によれば、エミヤはアルトリアの目的を理解した上でカルデアの調査員を生きて返すわけにはいかなかったというが…。
    • キャスターのクー・フーリンは何かのカラクリに勘付いていたらしく、「永遠に終わらないゲームを進めよう」と発言。また、カルデアに召喚された彼は聖杯や望みに対するコメントはどういうわけか一切していない。

  • 冬木に有った"小聖杯"は何処に消えたのか。
    • 事情があったと言え、聖杯戦争が5度も行われたstay night等の世界とは違い、FGO世界での聖杯戦争は2004年が最初だが、この時点ですでに聖杯が汚染されたような状態になっていたのは何故か。そして汚染されているとしたら、何に汚染されたのか。

  • 特異点の元凶である聖杯を回収しても、なぜ冬木市は炎上し続けているのか。
    • しかも、他の特異点は緩やかに修正されたのに、この特異点は聖杯がレフに回収された後、冠位時間神殿の場合と同様、速やかに崩壊していた。
    • 6章後かつ7章直前の時系列である武人のヴラド公の幕間で、ヴラド公曰く「(この街を燃やし続けているのは)聖杯戦争による汚濁ではない、もっと別の大きな間違い」「俺の最も嫌う物がこの地にはある」と語っていた。ヴラド公が嫌う物は不義や悪徳、つまりは『』であるが…。
    • ロマニもこの幕間で以前からこの地について疑問を抱いていたが、この時点では最後の特異点の解析が最優先だったこともあり、調査を後回しにせざるを得ない旨を語っている。そして、第七特異点から直ぐ冠位時間神殿に突入、その結果として人理修復が為されるも、魔術協会や国連の査察、更に亜種特異点の発生などが続き、今もなお本格的な調査は行われてはいない。
    • ジャガーマンの幕間でイシュタル曰く、「この土地は水気(水分的な意味ではなく、水属性的の気という意味である)」らしい。燃えているのにもかかわらず。冬木に関わる水属性としては別の並行世界における間桐家がその属性ではあるが、FGO世界ではバルバトスのグランドオーダーに目覚めたマキリ・ゾォルケンは既に第四特異点で討たれており続くはずがない。「First Order」ではその血族の者に似た誰かがランサーによって石像にされた形で姿を見せてはいるが。あるいは水属性を付加された者最悪の末路のことも否定できない。
    • ましてやstay night世界で確認される限りのルートで起こり得た大災害―――復讐者から人類悪の一つに転じてしまった存在は完全な顕現を果たす前に討たれているが、人類悪が連鎖的に顕現する宿命となってしまったFGO世界において果たしてそれは無関係であるのかは現時点でははっきりとしていない。

  • そもそも最初にカルデアが観測した異常はカルデアス表面に観測されていた2017年以降の文明の光が消えた事であり、そちらは人理焼却が原因ではない可能性がある(人理焼却を視覚的に示すものとしては、レフがセイバーの持っていた聖杯を使ってオルガマリーに見せた、炎の赤がカルデアスを染め上げている様子である)。
    • しかも現在に至っても、カルデアスに2017年以降の文明の光が戻ったのかは、まったく明言されてはいない。

上記の疑問の数々から、実はこの特異点は異変の解決を見ていないのでは?と見られている。

…などなど様々な憶測が飛び交っており、奈須きのこ氏のブログ『竹箒日記』(2016/12/14更新)でも「一カ所だけ人理修復による計算が合わない特異点がある」ことを匂わせており、ファンからはもっぱらこの特異点Fが怪しいと睨まれている。さらに、第1.5部のPVのナレーションの人物が「致命的な見落とし」と発言しており、特異点Fはその「見落とし」に関係するモノを抱えている、あるいは見落としそのものでは?と様々な場所で考察されている。

呪われた運命(Fate)に立ち向かう時は、刻一刻と迫っている。
そして2017年を亜種特異点との戦いに、人理焼却破棄についての「致命的な見落とし」が明かされる時はすぐそこに近づいている。

関連イラスト

マシュ・キリエライト
キャスニキさん


AD.2004 燃烧污染都市 冬木/序章
オルタ



関連項目

Fate/GrandOrder Fate/staynight 特異点(Fate) 序章 冬木市

BackNext
Opening炎上汚染都市 冬木邪竜百年戦争オルレアン

pixivに投稿された作品 pixivで「炎上汚染都市冬木」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 351797

コメント