ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

私は確かにメドゥーサですが、アテナの呪いにかかるよりも遥かに前の姿で現界しています。

体も成長前。これは、きっと特殊な事例ですね


プロフィール編集

真名メドゥーサ
クラスランサー
性別女性
身長134cm
体重30kg?※
出典ギリシャ神話
地域欧州
属性中立・善・地
好きなもの水辺、泳ぐこと
嫌いなもの海藻(とくにワカメ
設定担当桜井光
ILLUSTBLACK
CV浅川悠
桑江咲菜

※「姉様たちと一緒です」体重は自己申告による。


概説編集

Fate/Grand Order』に登場するランサークラスサーヴァント。レアリティは☆4。

第1部7章『絶対魔獣戦線 バビロニア』と共に実装。メインストーリーではマーリンの共連れとして登場し、三女神によるバビロニア崩壊を阻止するためにカルデア側に協力してくれる。


自身のことはマーリンから贈られた名で「アナ」と名乗っており、本名は明かしてくれない。

存在そのものがある女神への鬼札となっており、その女神の打倒が彼女の宿命ともなっている。

アナという名前の由来は不明だが、女怪ゴルゴーンの頭部から生える“蛇の髪”「メデュシアナ」やメドゥーサが信仰されていた「アナトリア(トルコ)」などが候補として挙げられている。


真名編集

センシティブな作品


ギリシャ神話におけるゴルゴン三姉妹の三女、メドゥーサ

何らかの要因により、反英雄メドゥーサが女神としての姉二柱に近しい姿となって現界したサーヴァント。男の憧れの具現、完成した「偶像(アイドル)」として生まれ落ちた女神の一柱。


後日実装された「幕間の物語」では、気まぐれでワガママな姉二人に容赦なくいびられて涙目になりながらも、その境遇自体を幸運と受け止めて健気に接する姿を見ることが出来る。姉二人も彼女の存在にはいろいろと思うところがあるらしく、口にはしないが大切に思っているようである。


人物編集

一人称は「私(わたし)」、または「わたし」

目の文様が描かれた黒いローブを羽織っており、その下には軽装の鎧を纏っている。

武器は大鎌と付属する鎖分銅で、この大鎌はかつて自身を屠ったものと同質のものである。


寡黙で引っ込み思案。目深にローブフードをかぶり、自分の素顔を晒すことを好しとしない。基本的に「人間嫌い」を公言しているが、人間の身勝手に振り回され怪物に堕とされたトラウマによるものが大きく、その存在を“まだ”根底から憎んではいない。その他、成長することを恐れてもいる。彼女にとって成長とは「神性の剥離」であり、また「怪物への堕落」を意味するからである。


能力編集

本来か弱い女神であるものの、現界に際して変質することでようやく戦えるようになった姉二人とは違い、自身の伝承の影響からほぼ自前の戦闘能力を獲得している。手に携えた大鎌は「不死殺し」と呼ばれるもので、かつて自分の首を刎ねた鎌剣「ハルペー」と同質のもの。すなわちジャンヌの『紅蓮の聖女』や酒呑童子の『神便鬼毒』同様自身の死因が宝具に昇華されたものである。


モーション中では、大鎌を両手で振るって斬撃を放つ他、鎖でリーチを伸ばして鎌を飛ばすことで遠方の敵を斬りつけたり、鎖分銅で敵を絡め取った後に大鎌で追撃したりしている。


ステータス編集

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
藤丸立香CDAECA+

保有スキル編集

対魔力(B)ランサーのクラススキル。魔術に対する抵抗力。詠唱が三節以下の魔術を無効化する事が可能。大魔術・儀礼呪法等を以ってしても、傷付けるのは難しい。
女神の神核(A)生まれながらに完成した女神である事を現す固有スキル。『神性』スキルを含む複合スキルでもある。あらゆる精神系の干渉を弾き、肉体成長も無く、どれだけカロリー摂取しても体型が変化しない。に比べるとランクは低い。
魅惑の美声(B)姉達が所持するものと同一の固有スキル。男性に対しては魅了の魔術的効果として働くが『対魔力』スキルや抵抗する意思で回避もしくは軽減が可能。
儚き姉妹(A)「魅惑の美声(B)」が変化したスキル。詳細不明。
怪力(C)一時的に筋力を1ランク増幅させる。魔物、魔獣のみが持つ攻撃特性。持続時間は『怪力』のランクによる……この姿は魔の性質が薄い為にランクは低い。
彼方への想い(A)いつの日にか在ったかもしれない彼方――愛しき日々への想いが、彼女の戦いを最後まで支えてくれる。効果から『戦闘続行』の亜種であると思われる。
白い花冠(EX)「彼方への想い(A)」が変化したスキル。詳細不明。

宝具編集

女神の抱擁(カレス・オブ・ザ・メドゥーサ)編集

  • ランク:B→B+
  • 種別:対人宝具
  • レンジ:0〜20
  • 最大補足:1人


「優しく殺すなんてしませんから……」

「その指は鉄、その髪は檻、その囁(ささや)きは甘き毒。これがわたし!『女神の抱擁(カレス・オブ・ザ・メデューサ)』!!」


未来のメドゥーサ(ライダー)のスキルとして所有している能力、すなわち現在の状態のメドゥーサが『未来』に取得するモノを宝具として得ている。手にした不死殺しの刃を見舞ったあと、視界に捉えた相手を瞬時に石化させる、最高レベルの魔眼「キュベレイ」による効果。これを軸として、彼女は猛攻撃を行う。どう見ても目からビームである。お前はどこの施しの英雄だ。


ゲーム上での性能編集

ステータスは他の同レアランサーとの比較でHPがヴラド三世をも超えてトップな代わりに、ATKがワーストとなっており、スキル構成、宝具の性質も併せて防御寄りの性能となっている。

カード構成はライダー時同様《Quick:2/Arts:2/Buster:1》のライダークラスの定型。

Aが4回、Qが3回とヒット数は多め。NP効率についてはそれなりとなる。


スキル1「魅惑の美声(B)」は姉達同様に異性限定なものの高確率で魅了してくれる。またライダー時同様にスキル2として「怪力」を所持している為、火力も十分出せる。ただしランクが下がった影響か効果が1ターンに短縮している為、宝具強化が主な役割となるだろう。スキル3「彼方への想い(A)」は自身に無敵一回&ガッツを付与するものであり、彼女の耐久面を大きく支えてくれる。また性質上、相手が貫通宝具持ちであってもガッツで復帰出来る為、使用できる場面が多い。

難点はガッツの効果が3ターンと少し短めな事と、CTが少し長い点だろう。


宝具『女神の抱擁』のカード種別は「Quick」で、効果は【敵単体に超強力な攻撃&確率でスタン状態を付与(1ターン)〈オーバーチャージで確率アップ〉】。絆クエストをクリアすることで【敵単体のQuickカード耐性ダウン(3ターン)】が追加される。「怪力(C)」によるブーストが可能であり、スタンさせられれば自陣の耐久面を支えてくれる。素でもそれなりのスタン確率となっているが、確実性を持たせるならば宝具チェイン後半に持ってくる等で底上げしよう。

自身のQuickも3ヒットと多く、宝具QQEXで大量のスターを獲得できる。


2017年12月7日の更新で絆クエストが解放され、クリアすることで宝具威力アップと3ターン攻撃対象のQuickカード耐性ダウンという独特のデバフを仕掛けることが可能になった。さらに2019年8月に強化クエストが入り「魅惑の美声(B)」が「儚き姉妹(A)」に変化。魅了確率のアップと3ターン対象のQuickカード耐性ダウンの効果が追加され、異性の敵がいなくても腐らなくなった。


宝具のスタンで敵を止め、男なら魅了で止め、さらに無敵とガッツで耐え忍ぶ…という、とにかく生き延びる事に特化した構成。QやAの性能も悪くない為、それらで味方のチェインやスター面をサポートしながらしぶとく居座ろう・Q宝具を連発できるようなサポーターが好ましい。礼装装備は宝具狙いであれば初期NPアップ系が推奨。そして、未来のマスターが描かれている『イマジナリ・アラウンド』との相性も抜群である。機会があれば持たせてみるのもいいだろう。


また、メドゥーサの系列で弱点に自身のマスターキャを持たない唯一の存在(むしろ相性が良い)。ちなみにメドゥーサは「この時代が全盛期」と認識しているらしい。また、マスターが疑似サーヴァントとなった時のクラスもランサーとなっている。


関連人物編集

生前編集

ステンノエウリュアレ

実の姉達。それぞれ「上姉様」「下姉様」と呼ぶ。

自身の他の側面に比べると幼少期故か、まだそれ程苦手意識は無いようで、2人と一緒にいられることを純粋に嬉しく思っている。心なしか、姉達の対応も成長後よりも優しげである。


ペルセウス

怪物と化した自身を倒した英雄。

成長した自分達とは対照的に「自分を止めてくれた人」という認識。でも礼を言うつもりはない。


Fate/Grand Order編集

藤丸立香

契約したマスター。

全盛期より実力の劣る自分を使ってくれることを感謝している。

バレンタインイベントでは姉達との仲介役を担ってくれているそう。


マーリン

第1部7章で初登場時からコンビを組んでいた相手。

ロクでなしな一面を隠そうともしない彼に対しては終始辛辣。


アストライア

初代キャラの派生かつ、ギリシャ神話の女神繋がり。

2022年バレンタインイベントでは動向サーヴァントとして共演した。


セイバー・リリィメディア・リリィ

幼女形態サーヴァント仲間。メドゥーサを以て、『SN』初出の女性サーヴァントは3騎ともリリィ態を獲得したことになる。

メドゥーサのみリリィと付いていないのは、神性が最も高かったという意味での全盛期と解釈されたからか。


余談編集

担当声優の浅川悠氏は、自身のブログにて「おいもう4役目だぞ(本当はもっとやったようなやっていないような。とりあえずここでは4役目ということにする)いい加減にしr……」と思っていたが、スタッフに「いやあ、もうメドゥーサは浅川さんじゃないと(悪魔の笑み)」と言われ、うれしかったこと、槍メドゥーサがお気に入りキャラになったことをブログに記している。


センシティブな作品


また、アニメ『Fate/Grand Order −First Order−』では、ライダーの時と同様の成人女性の姿をしたランサーとして登場している。ただ、フードを被り鎌を持った姿は共通している。また、足に蛇のような紋様があったり、髪を蛇から鎖に変化させたり、ハルペーのデザインが『Fate/stay night』に登場したものと酷似しているなどの差異がある。最期はキャスターに仕掛けられたアンサズのルーンで全身を焼かれて怯んだ所にトドメのルーン魔術を叩き込まれて敗北した。


担当イラストレーターのBLACKによると最初はアサシンクラスの予定だったが、完成間近でランサーに変更することになって槍を持たせることになったとのこと。指定された槍はランス寄りだったが大鎌の方がカッコいいという理由でアレンジを加えた(結果的にハルペーになった)。


関連イラスト編集

フードの有無は絵師さんによってまちまち。

ちなみにフードの下の前髪はライダーの時とほぼ同じ髪型になっている。


アナセンシティブな作品

センシティブな作品センシティブな作品

センシティブな作品【FGO第7章】その4


関連タグ編集

Fate/GrandOrder サーヴァント ランサー(Fate)

ライダー(Fate/staynight) ゴルゴーン(Fate)

幼女 大鎌 フード 目からビーム/ランチャー

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 38201530

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました