ピクシブ百科事典

紅蓮の聖女

らぴゅせる

Fateシリーズに登場する「ジャンヌ・ダルク」の宝具。
目次[非表示]

我が心は我が内側で熱し、思い続けるほどに燃ゆる
我が終わりは此処に。我が命数を此処に。我が命の儚さを此処に
我が生は無に等しく、影のように彷徨い歩く
我が弓は頼めず、我が剣もまた我を救えず
残された唯一の物を以て、彼の歩みを守らせ給え
主よ、この身を委ねます―――

概要

  • ランク:C(発現前) / EX(発現後)
  • 種別:特攻宝具
  • レンジ:???
  • 最大捕捉:???


上記の祝詞の後、「主よ、この身を委ねます―――」と唱える事で真名解放される、を具現化した聖剣
生前、一度も振るう事のなかった聖カトリーヌの剣で己の掌を傷つけ、祈りと共に発動させる。
由来はジャンヌ火炙りの刑にされたところから。本人にとってはトラウマになりそうなものだが攻撃的解釈した概念結晶武装。固有結界の亜種で心象風景を剣として結晶化したもの。剣自体がジャンヌであり、この剣を発現させた戦闘後、消滅する。

「Apocrypha」作中では最終局面にて発動。
シロウ・コトミネの捨て身の攻撃を打ち消した上、彼が接続していた大聖杯の8割以上を破壊する威力を発揮した。
なお、Apocryphaのジャンヌはレティシアに憑依した存在のためか、消滅のデメリットは憑依した自身の霊基だけに留まり、レティシアは無事だった。

Fate/EXTELLAにおいての性能

性能はApocryphaと同様。
爆宝具という性質も見事に再現されており、使用後は体力が一気にゼロになる。 一応令呪を使った蘇生かインストールスキルの「三度、落陽を迎えても」を使えば耐えることは可能。と言うか、蘇生できないとゲームオーバーになる。

関連タグ

Fate/Apocrypha Fate/EXTELLA ジャンヌ・ダルク(Fate) 宝具
固有結界 特攻 自爆 

pixivに投稿された作品 pixivで「紅蓮の聖女」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 63636

コメント