ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

術者の心象風景をカタチにし、現実に侵食させて形成する結界。
世界と繋がり自然を変貌させる「空想具現化(マーブル・ファンタズム)」の亜種であり、
展開すると、結界内の世界法則を、結界独自のモノに書き替えたり、捻じ曲げたり、塗り潰すことができる。

元々は悪魔と呼ばれる存在が持つ異界常識のことだったが、現在では多くのモノが持つに至った独自の結界を指している。術者の意のままに自然を変貌させることが出来る空想具現化と異なり、固有結界は術者の一つの内面を具現化させるため、結界の心象風景・能力を術者の意志で固定化させることはできない。代わりに空想具現化のように自然だけでなく、結界内部のあらゆるものを結界内のルールの影響下におく。どちらも似て非なるが、自由自在のようで制限のある異界創造法である。

その性質上、固有結界は術者個人個人で特性が全く違うことが基本だが、例外もある。ちなみに「トラぶる花札」でのイリヤによると固有結界は継承可能らしい。
本来は悪魔や精霊のみが操れる異能であったが、長い年月の中で「個人の心象世界を形作る」魔術が完成し、現在では一部の上位存在が固有結界形成を可能としている。
魔法”に最も近い魔術であり、魔術師の到達点の一つとされるが、魔術協会では禁呪に定められている。

一部の強力な吸血鬼(死徒)は魔術ではなく能力として固有結界を使う事が可能であり、死徒二十七祖の大半は固有結界を持つらしい。
自然の延長である精霊以外が固有結界を形成した場合、世界そのものが法則をねじ曲げられた異界を潰しにかかるため、維持には莫大なエネルギーが必要になる。また「世界を塗りつぶす」という性質上、「抑止力」からの修正も免れないため、展開・維持できる時間は個人では数分程度、強力な吸血種であっても数時間程度が限度とされている。

もし固有結界同士がぶつかった場合、相手の出力(魔術基盤、魔力)が上の場合は展開できないが、実力伯仲で展開できた場合は完全に“ふたつの世界が拮抗する”形になる。展開した位置から固有結界は移動しない(術者に合わせて移動しない)ので、自分の世界で引きこもって戦うか、あえて相手の世界に踏み込んで打ち負かすか、時間切れで両者ともに素の状態に戻るか、いずれかの選択をすることになる。

また『Talk.』では、空間内のマナの使用についてシエルは「ここは死徒アインナッシュが作り上げた固有結界。敵の世界に入っているのですから、世界からの恩恵は受け取れません」と語っている。これがアインナッシュの固有結界の効果だと思っているのか、共通して固有結界には相手のマナの使用を封じる効果があるのか、詳細は不明。そもそも実際はアインナッシュの森は固有結界ではなく別物なのだが。
他にも宇宙人が固有結界を張ればアルクェイドのバックアップを無効化できる可能性があると語られているため、使う術者によるのかもしれないが世界からの恩恵の阻止という効果は確かにあるらしい。
この場合、アルクェイドへの供給を断てるかどうかは“何をエネルギーとして結界を張っているのか”によって変わってくるとされるが、白レン程度の夢結界だと供給を断ってもアルクェイドが本気を出して星からのバックアップ要請をあげれば結界ごとあっさり吹き飛ぶと言われている。

固有結界には、魔術によるものや死徒による能力、宝具による能力と大まかに3つに分類されている。それぞれどのような違いがあるかは不明。宝具による固有結界は「固有結界とは似て非なる大魔術」だったり「固有結界の亜種」といった表現がされているものも多く、生前は持ってはいなかったが逸話・伝承により死後手に入れたケースが多い。
エミヤやイスカンダルは別空間に世界を創造しているような描写だが、タタリやオジマンディウスのように実際に世界に建造しているようなものもある。

固有結界の一覧

月姫シリーズMELTY BLOOD

獣王の巣

フォアブロ・ロワイン


術者-ネロ・カオス
混沌の固有結界。ネロ本人の体でもある。666の生命の因子が混濁し渦を巻く混沌の世界。内部の生命因子を使い魔の如く使役する。その形状は現界の瞬間に決定しているため、何が出るかはネロ本人にもわからない。しかし、幻想種や小動物といった強弱、種類など、ある程度の決定はできる。
周囲に展開するのではなく自身の肉体に展開しているため、世界からの修正力から逃れている。

オーバーロード

アカシャの蛇


術者-ミハイル・ロア・バルダムヨォン
ロアが持つ固有結界。過負荷の名の通り、魔力の過剰供給を行なうことで使用する魔術の効果が倍化する「スクウェア」状態にする、らしい。転生先の肉体はどれも初代ほどのスペックを持っておらず、そのため初代以外に発動できた肉体はなかったらしい。そのため『月姫』本編では出番はなく、第2回人気投票で名称が明らかにされた。第4回人気投票では、幻のさつきルートで使用することが明らかにされた。

枯渇庭園

枯渇庭園はつどー


術者-弓塚さつき
展開した空間のマナを枯渇させ消滅させる。生存に魔力を必要とする精霊種、戦闘に魔力を用いる魔術師の天敵とも言える地形効果。世界から切り離されつつある生物、大気の魔力をあまり使用しない人間などには激的な効果はない。なお、「消滅」であって、失われた魔力がさつきに還元されるわけではない。さつき自身にも効果があるかは不明。
その効果からサーヴァントに対して天敵という解釈をするファンもいるが、オドに対して効果があるかはよくわかっていない(エイプリルフール企画では効果があるような描写となっていた)。

タタリ

ワラキアの夜


術者-ワラキアの夜
周囲の人間の心のカタチをカタチにする固有結界。ある周期で出現する現象であり、特定コミュニティ内の人間(それに匹敵する知能を持つ者を含む)の噂・不安を煽って増大、集束させ、その内容を元に、不安や恐れのイメージを具現化、自身に転写して顕現し、噂通りの能力を持つ吸血鬼「タタリ」として具現化する。出現したタタリはその一定地域内を殲滅する。例えば「作物の豊作」を願って現界した場合には「タタリ発生源の住民を殺害し、血肉を肥料とする」ようになり、「流行り病を防止したい」と願って現界した場合には「感染源を無くすため、タタリ発生源の住民を殺害」という形に曲解される。簡単に言えば、噂やら都市伝説を広め、イメージされた通りの姿・能力に変身することができるという能力。記憶も含めて本物と寸分違わぬ偽物を作り出すことも可能で、存在しないはずの者、既に死んだ者がタタリの夜に登場しているのもそれが理由。

水晶渓谷

術者-ORT
侵食固有結界。死徒二十七祖第5位のORTが使用。ただそこに存在するだけで、自身の故郷たる異星風景で物理法則を書き換える。詳細は不明だが、ネコアルク曰くクリスタルの彫像に変化させられそうになったらしい。とはいえ、ギャグ時空かつギャグキャラの発言なので真偽不明。

パレード

術者-フィナ=ヴラド・スヴェルテン
詳細不明。死徒二十七祖第8位のフィナ=ヴラド・スヴェルデンが使用。白騎士ヴラドは幽霊船団の船長とされ、彼の幽霊船団はこの固有結界であるという表現が散見されるが、詳細は不明。ヴァン=フェムと戦争になった折、このパレードでフェムの第五城マトリを攻め落としたとされる。

ネバーモア

術者-グランスルグ・ブラックモア(黒翼公)
詳細不明。死徒二十七祖第16位グランスルグ・ブラックモアが使用。
宙を覆う死羽の天幕、月も星も飲み込む「絶対無明の死の世界」。死徒の有する能力でありながら死徒に対して絶対的な能力を持っているという。

真祖を生み出す固有結界(仮)

術者-朱い月のブリュンスタッド
朱い月が残したとされるもの。アルクェイドが自分以外の真祖を全滅させた後もこの固有結界から新たな真祖が誕生している模様。

Fateシリーズ

無限の剣製

剣戟の極地


術者-衛宮士郎アーチャー無銘
錬鉄の固有結界。燃えさかる炎と、無数の剣が大地に突き立つ一面の荒野。
アーチャーはこの固有結界をなんのペナルティもなく使いこなす。
詳しくは該当項目を参照。

王の軍勢

無題


術者-イスカンダル
召喚の固有結界。晴れ渡る蒼穹に熱風吹き抜ける広大な荒野と大砂漠。
詳しくは該当項目を参照。

夢のマジカル星

術者-マジカルルビー
カレイドステッキに宿る人工天然精霊マジカルルビーが放つマジカルビームを浴びると連れてかれるカレイドステッキの内面。草木一本無い荒野に巨大なカレイドステッキが降臨しているという、異常で殺風景な心象世界。どう考えても悪夢です本当にありがとうございました。
士郎曰く「ひどいもんである。固有結界のたたき売りなのである」。

誰かの為の物語


術者-アリス
固有結界。サーヴァントの持つ能力が固有結界なのではなく、固有結界そのものがサーヴァントと化したもの。マスターの心を鏡のように映して、マスターが夢見たカタチの擬似サーヴァントとなって顕現する。本来は特定の名などなく、「ナーサリーライム」という絵本のジャンル。結界の内容はマスターの心を映したものとなるため、ありすが愛読したであろう「不思議の国のアリス」「鏡の国のアリス」の影響が強く、能力面においても怪物「ジャバウォック」や「トランプ兵」の召喚や記憶と自我を皮切りに存在そのものを薄れさせる「名無しの森」などありすが生前愛読していた絵本の影響が現れている。

名無しの森

*~名無しの森~*


術者-アリス
彼女が「ありすのサーヴァント」として発動した固有結界。またのスキル「陣地作成」によって作られた自身に有利な陣地「工房」(もしくは「神殿」)でもある。この固有結界に囚われた者は、自らの名前を皮切りに徐々に記憶を失い、それと共に存在が消滅していく。

王冠:叡智の光

術者-アヴィケブロン
世界を「楽園(エデン)」へと存在するだけで塗り替え続ける自律式固有結界であり、受難の民族を楽園に導く王にして守護者であり救世主。最も原典に忠実なゴーレム、すなわち「原初の人間(アダム)」の再臨であり、主の奇跡の模倣にして再現を目指したもの。
「宝具という領域に留まらぬ奇跡の結晶」とすら称される、カバリストの悲願。
周囲を異界化させる自律式固有結界の能力と共に大地からの祝福により受けた傷を無かったことにする復元・再生能力を持つ。
存在する時間が長くなればなるほど巨人周囲の異界化させている楽園の力は増し、楽園の力が増すほど巨人自体の復元速度も跳ね上がっていき、傷すら付けられない不可侵・不死身の存在へとなっていく。

紅蓮の聖女

紅蓮の聖女


術者-ジャンヌ・ダルク
ジャンヌが迎えた最期を攻撃的に解釈した概念結晶武装。固有結界の亜種で、自身の心象風景を剣として結晶化したもの。己の生命と引き換えに生み出す焔が敵対するあらゆる者を燃やし尽くす。使用の際は、柄ではなく、刀身を握りしめるようにして発動させる。
この剣は「英霊ジャンヌ・ダルク」そのものであり、使用後、彼女自身は消滅する。

光輝の大複合神殿

術者-オジマンディアス
ライダーが生前に建造した「王権」の象徴であり、世界最大規模の現存する葬祭殿。
光り輝く神殿が複層的に折り重なって偉容を為す、全長数kmにも渡る超大型の神殿。固有結界に類する。魔力光によって、星空が地上に降りて来たかのような偉容を誇る。

第六天魔王波旬

術者-魔人アーチャー
「神性」や「神秘」を持つ者に対して絶対的な力を振るう存在へと変生する固有結界。後世で民衆が彼女に対して抱き積み重ねた畏敬の念と恐怖により大焦熱地獄が具現化する。
神性を持たず神秘も薄い英霊は熱さを感じるだけで済むが、高い神性を持つサーヴァントは戦うどころか存在を維持することすら難しい。

絢爛なりし灰燼世界

術者-チャールズ・バベッジ
バベッジの夢見た蒸気文明世界が昇華した固有結界にして、サーヴァントとしてのバベッジそのもの。蒸気機関で動く異形の全身機械鎧。どう見てもスチームパンクロボット。鎧の力により筋力と耐久がランクアップし、3つの能力値に「++」の補正が与えられる(スキル「機関の鎧:EX」)。また、様々な蒸気機械や自身の小型コピー「ヘルタースケルター」を大量に生成することが可能。

戴冠の時きたれり、其は全てを始めるもの

術者-ソロモン
ソロモン王の第二宝具。宙の外、時間と隔絶した虚数空間に在る神殿にして工房たる概念宇宙。
ソロモン王の魔術回路を基盤にして作られた小宇宙。
終章の戦いの舞台である「冠位時間神殿:固有結界ソロモン」そのもの。

千夜一夜物語

術者-不夜城のキャスター
「彼女の語る物語」という固有結界で、世界が信じるほどの圧倒的な存在感・現実感で語る事により、その「物語」を具現化させる。
その物語の内の登場人物や、道具や、精霊などを召喚する形となる。

BBチャンネル出張版

術者-BB
専用のスタジオを作製し、多数の視聴感覚を支配する。
陣地作成スキルを応用かつ魔改造したインチキ能力。FGOでの期間限定イベント「深海電脳楽土_SE.RA.PH」ではカルデアの全機能を掌握し、更にはプレイヤーの視聴覚にも強制ハッキングするという大胆かつトンデモな使い方をされた。しかも、自分だけ声付きで。

禁断なる狂宴

術者-オケアノスのキャスター
召喚の固有結界。
豪勢な酒宴空間に招かれた無粋な輩は、魔女の愛豚“ピグレット”に蹂躙される。
愉快で騒がしく、はち切れるほど満腹になる恐るべき魔術の宴。法悦の味を覚えた者は、みずから進んで愛豚に堕ちるを望む。

島原地獄絵巻

術者-妖術師
江戸期に起こった天草四郎時貞を総大将とした反乱『島原・天草一揆』
『島原・天草一揆』の戦場を心象風景とする固有結界であり、術者にとっての地上の地獄として魂にずっと刻み続けていたもの。
辺り一帯は火の粉と、血の匂いであふれており、吸い込めば即座に肺を焼かれる。

巨影、生命の海より出ずる

術者-キングプロテア
インド神話における神話の一つ、乳海撹拌の逸話をモチーフにした宝具。
プロテアがその内部の魔力炉を用い、電脳世界であるSE.RA.PHを展開し、プロテア本来のサイズに戻る固有結界。

枕草子・春曙抄

術者-清少納言
武芸や陰陽術ではなく、ただ書き綴る事だけで辿り着いた一つの境地。
感情の泉の湧き出すに任せ、自著『枕草子』の内に構築した心象風景を現実世界へ具現化させたもの。
即ち———トキメキの固有結界である。

猟奇固有結界・レッドフード

術者-ベリル・ガット
設定のみで詳細不明。
純粋な固有結界なのか、亜種なのかは不明だが一応記載。
型月シリーズでも珍しい死徒やサーヴァント、及びその関係者以外での人間の術者だったのだがゲームの仕様上カットされてしまった不遇な固有結界。

固有結界(偽)

正確には固有結界ではないが、限りなく近い領域にまで達した魔術も多く登場する。

自身の時間を加速または減速させる。高速移動や生体反応の隠蔽に利用されるが、使用の度に世界からの修正力で体が激痛に軋むリスクを負う。
切嗣以外にもキャスターが固有時制御を使用したようなことをアーチャーが言っており、固有時制御は衛宮家特有のものでもないらしい。

生前築き上げた己の為の舞台に敵諸共上がり、まさに独壇場の大暴れをするための能力補正を得る。

あらゆる横槍を一切遮断してステゴロタイマンを張る為のセメントリング。内部にいる者は外界の時間の流れとさえ切り離される。

光と音の記録装置によって、世界から神秘の影響力を拭い去る対民宝具・『世界信仰強奪』。

かつて権謀術数のために同胞と王権を弄んだ愚物達を、ナイルの激流で沈め殺した処刑場。

ネタなのかマジなのかよくわからん固有結界。たぶんネタ。
荒野一面に竹刀が突き刺さっているという、なんともシュールな世界。
この結界内で行われる戦闘行為はすべて花札で行われるようになる、のだが・・・。
花札での決着に不満を持った英雄王にかき消されそうになっていたりするあたり、さすがのイロモノ結界も無敵ではない模様。なお、結界の発動と維持に必要なコストは「みかん1個」である。SSF。

関連項目

TYPE-MOON
月姫シリーズ メルブラ 空の境界 Fateシリーズ
魔術 結界 魔法(TYPE-MOON)

魔空空間メタフィールド領域展開永劫破壊…他作品の似たもの

関連記事

親記事

魔法(TYPE-MOON) たいぷむーんのまほう

子記事

pixivに投稿された作品 pixivで「固有結界」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1795306

コメント