ピクシブ百科事典

ニトクリス(水着)

にとくりす

『Fate/GrandOrder』の2017年水着イベントに登場するニトクリス。
目次[非表示]

プロフィール

真名ニトクリス
クラスアサシン
性別女性
身長162cm
体重51kg
時代古代エジプト第六王朝
出典史実
地域エジプト
属性秩序・善
ILLUST縞うどん
CV田中美海

いったい……何クリスなんだ……?

概要

Fate/GrandOrder2017年水着イベントに登場する水着姿のニトクリス
クラスはアサシンで、レアリティはそのまま☆4。

ニトクリス


……だが、初期状態はご覧の通りメジェド様。
インパクトのある見た目でマスター達の腹筋にBraveチェインをくらわせた。
しかも、言動に合わせて表情差分が多数用意されており、見た目に反してやたらと感情豊かだったりする。

諸葛孔明以来となる霊基再臨状態でキャラが大きく変化する仕様で、この姿の時はメジェド様になりきっているつもりなので、ほぼ片言になっている。

人物

謎の存在がカルデアにあらわれた。
その神々しさ、その凛々しさ、その堂々たる姿は何者か!
古代エジプト神話におけるとある存在に酷似しているようだが……?

その正体は、己を恥じたニトクリス。
ファラオ・オジマンディアスに無礼を働いてしまった事を深く恥じ入り、「もはや合わせる顔がありません!」と自ら衣を被ってメジェドの似姿となった。何この可愛いファラオ。

ただし、ファラオとしてのささやかな誇りは胸に秘めている。
あくまで他のファラオの方々に対して恥じ入っているだけである。
服装を変えたところなぜか霊基も変化。アサシンのクラスとなって宝具も変わってしまったが……中身は普段のニトクリスそのもの。早とちりも短気もうっかりも普段通り。安心の平常運転。何この可愛いファラオ。

マスターに対する態度は変わらない。あくまでマスターは自分にとっての「同盟相手」である。
ちなみに、イシュタルカップが無事に終わったら、せっかくなのでこの神秘の御衣を用いてサマードレスなどこさえてみましょう、と本人はぼんやり考えていたが……気付けば、考えた通りの姿になっていたという。何この可愛いファラオ。

この奇妙な現象は「メジェド様の祝福」としてカルデア職員の間で語り継がれることになるとか、ならないとか……。

ちなみに、再臨が進むと従来の水着姿となるが、第二段階ではよく見るとメジェドの目が描かれた白いビート板を持っている。何この可愛いファラオ。

能力

ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
藤丸立香EEBAAB


スキル

白き御衣(A)ニトクリスが纏った白い御衣。この御衣はメジェド神の寵愛と加護の証であるという。自己申告によるものであるため、実際のところどうなのかは分からない。
ビーチパニック(EX)何だあれ……?何……?メジェド神の加護なのか何なのか、白き御衣を身につけたニトクリスは立っているだけで異様なまでに衆目を集めてしまう。
熱砂の王道(A)「皇帝特権」が変化したスキル。このスキルによって、ニトクリスは本来有していないはずの白兵戦闘能力を得ている。クレオパトラのファラオ闘法を見ていて何かを閃いたのかもしれない。
気配遮断(A)アサシンのクラススキル。自身の気配を消す能力。完全に気配を断てばほぼ発見は不可能となるが、攻撃態勢に移るとランクが大きく下がる。ハサン並みのランクを獲得しているがこれは彼女の気配遮断の逸話によるものというよりはメジェド様の加護に依る部分が大きい。
神性(B+)その体に神霊適性を持つかどうか、神性属性があるかないかの判定。ランクが高いほど、より物質的な神霊との混血とされる。本来は過不足なくBクラスだが、メジェド神からの加護かボーナス補正がかかっている。


宝具

穢れを漱げ、青く美しきナイル(スネフェル・イオテル・ナイル)

  • ランク:B
  • 種別:対軍宝具
  • レンジ:???
  • 最大補足:???

不敬に罰を。悪逆に死を。
神々を軽んじる者、ファラオを愚弄する者、お前たちの罪は、ここで濯がれる。
沈め沈め沈め沈め、スネフェル・イオテル・ナイル! そーれ、ざっぱーん!

王にして神たるファラオの座を弄ぶ不敬に、罰を。
我が愛しき兄弟の生命を奪い取った悪逆に、死を。
神々を軽んじる有力者達を、彼らの傀儡としてファラオとなったニトクリスは決して許さなかった。
密かに作り上げた巨大な地下室へと彼らを集めて宴を開き、ナイルから引き込んだ大量の水を地下室に満たす事で一人残らず溺死させ――――ニトクリスは復讐を完遂したという。

ギリシャの歴史家ヘロドトスの著『歴史』に記されたこの復讐譚は、アサシンのクラスを得たニトクリスの宝具となった。
すなわち対象の周囲を石壁で囲み、ナイルの水を注ぎ、死にいたらしめる復讐の再現。固有結界と似て非なる大魔術の行使である。

ゲーム上での種別はArtsで、効果は【敵全体に低確率で即死<オーバーチャージで確率アップ>&敵全体に強力な攻撃&敵全体の防御力をダウン(3ターン)】。

ゲームにおける性能

出オチ極まる外見とは裏腹に、性能は良くも悪くも堅実な自己完結タイプ。攻守それぞれに強力なバフスキルを持ち、アサシンでは数少ない全体宝具をArtsチェインを軸に回転させることが出来る。
防御バフの存在によりバーサーカーや等倍相性の相手にも強気に出られること、Arts寄りのカード構成によって他クラスを交えた編成でも邪魔をしないこと、第二スキル「ビーチパニック」のターゲット集中効果でピンチの味方をフォローも出来ること等から、複数クラスによる混合編成では特に強みを発揮するだろう。

弱点は綺麗に纏まり過ぎた自己完結性そのもの。能力的な不足が殆ど無い代わりに単体だけで突出した個性を持たないため、突き詰めたコンセプト編成では器用貧乏に陥りかねない。
最大限に活かす場合は味方や礼装を選ばない特性を生かし、運用方針に合わせた礼装選択やパーティー選びによって個性を伸ばしていこう。
火力に特化してArtsアサシン編成の主砲にするも良し、耐久を伸ばして不屈のアタッカーとして最後まで立たせるも良し、敢えてクリティカル性能に寄せてArtsクリティカルと宝具との二刀流を狙うも良しと実戦運用の幅はカタログスペック以上に広い。
雑に使っても使えるし使いこなそうと思えば奥が深い、見た目同様に様々な顔を見せてくれるサーヴァントである。

関連人物

語り部のキャスター
2017水着イベントにて共演。
ファラオの威光を広めるため、イシュタル主催のレースにチーム名「デザート・ビューティ」として出場を決意。
当初は他のファラオ達の宛が外れた事による、〆切ギリギリに何とか捕まえた相方であったが、実際にレースが始まるとレースへの焦りから短絡思考に陥りがちなニトクリスを相方が冷静沈着な分析で窘め、逆に慎重になり過ぎる相方をノリと勢いで引っ張ってみせるなど、相性は抜群。
他にも、作業疲れで気が滅入った時には話をおねだりし、それに語り手が応えてみせるなど、かなり打ち解け合っていた。居丈高でも慈悲深く誠実なニトクリスは、彼女にとっても好ましい王であった。
最終的には立派な相棒として認め、相棒のキャスターとして彼女の傍らに立つようになった。

余談

FGOフェスにてビジュアルが先行公開されていた。
といっても、第2段階である普通の水着姿であったため、イベント開幕直前でのメジェド様姿は衝撃を与えた。

イベント開始前日の8月8日に生放送された『カルデア・ラジオ局』でも、担当声優である田中氏が頭からシーツをかぶり盛大に出オチをかました。
しかもこのシーツは2分で用意されたと番組内にて語っている。

翌週15日放送回では名前で呼ばれずシーツ呼ばわりされた。

気配遮断のランクがAと妙に高いのは、メジェド神が「不可視の神」であることに由来すると思われる。

関連イラスト

生脚魅惑の
ニトクリス


ニトクリスとメジェド
水着ニトクリス



関連項目

Fate/GrandOrder サーヴァント アサシン(Fate) サーヴァント ニトクリス(Fate)
水着 被り物 シーツ メジェド 競泳水着 パレオ
似ているとよく言われるもの・・・サバンナシマシマオオナメクジ

pixivに投稿された作品 pixivで「ニトクリス(水着)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2510976

コメント