ピクシブ百科事典

タマモキャット

たまもきゃっと

「Fate/Grand Order」に登場したバーサーカー。タマモナインの内の一匹。
目次[非表示]

タマモ地獄をお見せしよう・・・

プロフィール

真名タマモキャット
クラスバーサーカー(????)
性別女性
身長160cm
体重52kg
出典Fate/EXTRA CCC
地域SE.RA.PH
属性混沌・善
Ilustワダアルコ
CV斎藤千和

玉藻の前より筋肉分、ちょっと重い。

概要

Fate/Grand Order』に登場するバーサーカーサーヴァント。レアリティは☆4。
タマモナインのひとり。玉藻の前が千年鍛錬によって神格を上げた後、元の一尾に戻る際に切り離した八つの尾。それがそれぞれに神格を得て"分け御魂"として英霊化したもの。玉藻の前が持つ(わりと)純真な部分の結晶。

メインシナリオでは、第1部第二章『永続狂気帝国セプテム』にて登場。
エリザベートと共にはぐれサーヴァントとして、ステンノが用意した試練の洞窟へと主人公たちを招く。

人物

タマモキャットなバーサーカーなメイド。
語尾はワン(ただし質問などへの肯定の際は『good.(キャッツ)』とルビが振られる)、そして好物は人参ナマモノ
好きなモノはご主人。嫌いなものは自分と芸風がかぶってるもの、あと自分以外のタマモナイン。

何をしでかすか分からない、何がしたいのかも分からない野性の猫っぽいもの。
バーサーカーなので、基本、意思疎通は難しい。
美味しいもの、楽しいものにしか興味を示さず、日々自由気ままにハント生活を満喫している。

野生の獣の矜持として、一度“主”として仕えた者には最後まで忠誠を尽くす。
契約した後のタマモキャットは主人の役に立ちたいだけの、一途な守護獣になるのである。
こうなるとマスターを守ること、マスターの幸せが第一になるのでキャット自身の幸福は考えなくなる。

メイドであるためか、家事料理掃除収納など、全部完璧にこなしている。

見た目こそポワポワしているが、喋り方はかなりハキハキしており、ギャップが激しい。
その上、発言や奔放な言動と、たまに出る冷静かつ的確な判断力や、乙女然とした初々しい態度など、そこかしこにギャップ萌えが散りばめられている。
プロフィールにあるように家事関連は完璧。特に絆シナリオで振る舞われる料理は、どれも絶品とのこと。
下記にもあるように霊基再臨の度に衣装が過激になっていくが、一応やりすぎの自認と羞恥心はある模様
こんなギャップ萌えの塊のようなキャラ性と、性能面での使い勝手から、彼女に世話を焼いてもらいたがるマスターは多い。

ちなみに彼女、CCCイベントで本人が明言したが、アルターエゴである(本人曰く「彼女達」に対抗するため」らしい)。 更にクラスを変更可能らしい(宮本武蔵体験クエストでその一端を見せている)。

能力

基本的な戦闘手段は肉弾戦でありゲーム中でのモーションもそれに準じているが、設定では呪術の類も使用可能な模様。CCCコラボイベントではオリジナルの奥義である「呪相・空裂大密天」をも使用してみせたが、かなりのバックファイアが本人に襲い掛かり大ダメージを負った。

ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
藤丸立香B+EAABD


保有スキル

怪力(B) 魔物、魔獣のみが持つとされる攻撃特性で、一時的に筋力を増幅させる。一定時間筋力のランクが一つ上がり、持続時間は「怪力のランク」による。かなり相性が良いのか、本人はノリノリ。野生の力の ばくはつ だ!
呪術(E) ダキニ天法。地位や財産を得る法(男性用)、権力者の寵愛を得る法(女性用)といった権力を得る秘術や、死期を悟る法がある。…が、タマモキャットはこのカタチになった事で軒並み忘れてしまっている。
変化(B) 借体成形とも。玉藻の前と同一視される中国の千年狐狸精の使用した法。殷周革命(『封神演義』)期の妲己に憑依・変身した術。過去のトラウマから自粛していたものだが、タマモキャットに自粛・自嘲・自制の文字はない。あるのはただ自爆だけである。
変化(ランチ)(A) 詳細不明。
狂化(C) 全パラメーターをランクアップさせるが、理性の大半を奪われる。はじめから理性が薄めのタマモキャットなので狂化とは言いがたいが、まあ似たような状態なので誰も気にしない。たまに含蓄のある言葉を呟いてまわりを驚かせる。


宝具

燦々日光午睡宮酒池肉林(さんさんにっこうひるやすみしゅちにくりん)

タマモ


うん……というわけで皆殺しだワン! 『燦々日光午睡宮酒池肉林』! うーん、グッモーニン

  • ランク:D
  • 種別:対人宝具
  • レンジ:1~40
  • 最大補足:30人

ゲーム内の種別はQuick。
効果は『敵全体に強力な攻撃+自身に毎ターンHP回復(3ターン)&自身にスタン』
水天日光天照八野鎮石から派生したもの。
酒池肉林はかつて『林に虎を放し飼いさせ、そこに人間を放って楽しむ』拷問遊戯だが、現代ではその意味合いは変化している。

玉藻の前が傾国の妖媛・妲己として存在した際に、紂王と共に愉しんだとされる狂宴である。史実では「池を酒で満たし、林に肉を吊るした」と記されるのみなので、拷問遊戯云々は型月設定である。
宝具を解放したタマモキャットは、己の中の野性を解放し、並みいる敵を本能のままに血祭りに上げて行く。バーサーカーらしい凶悪さを持つ一方、本人は意外にもこの宝具を全力解放することに抵抗感を持っている。

解放と同時にタマモキャットからは、狂える野性が猛獣の姿を象って放出される。それがなんか“ぐるぐる目のやたらコミカルなぬこ”っぽいのは、この際は気にすんな。

ゲームでの性能

☆4バーサーカーとしては最大のHPと最弱の攻撃力を持つ耐久型。
カードバランスは《Quick:1/Arts:1/Buster:3》で、バーサーカーの典型。
HPが11,000超えと☆5級のHPを持つ半面、狂化も(C)とそこまで高くはないため、攻撃性はやや振るわない。
NP回収は攻撃が多段ヒットするため、バーサーカーにしてはまだ良好な部類。

宝具の効果は上述の通り。
敵を血祭りに上げた後、勢いのまま寝転がって日向ぼっこに興じるという、なんともアレな技。
寝る気なのに「グッモーニン」とはこれいかに
属性がQuickのため爆発力に欠くが、スタンで次ターン行動不能なデメリットを除けば、3ターンのリジェネ効果で継戦力も補填できる。またバーサーカーでも数少ない全体攻撃の宝具なので、ザコ散らしにはうってつけ。

保有スキルも、「怪力(B)」(攻撃力UP)・「呪術(E)」(敵1体のチャージを減少)・「変化(B)」(防御力UP)と、クセが少なく使いやすい。主力に据えるなら各スキルともLv4以上が望ましい。

特に「変化(B)」は3周年記念の強化クエストをクリアすれば「変化(ランチ)(A)」(最大HP上昇状態3ターン+弱体無効状態1ターンが追加)に強化され、HPの多さも手伝って耐久性が大きく増すことに加え、同時に宝具もぶちかませばスタンのデメリットが回避されBraveチェインも一緒に叩き込むことが可能に。
マスターのお弁当に大忙しな良妻にチェンジする事で、お昼寝キャンセルモードに移行しているのだろうか。まさに「自分の幸せは二の次」という設定が反映されたような効果である。

全体的にいえば格上のヴラド三世の廉価版に近いが、スキルによる攻撃の補強可能な点や宝具の性質で棲み分け可能。

マリー・アントワネットと組ませると、同時に宝具を解放することでスタンのデメリットを回避しつつ、更にHPを回復できる上、共にQuick属性宝具なので噛み合わせも良い(ただし解放順番はキャット→マリーの順である)。

なお霊基解放によるセイントグラフ(カードイラスト)が、『赤の礼装⇒メイド喫茶裸エプロン(?)』と、どんどんニッチになっていく。⇒攻略まとめwiki内 『タマモキャット』詳細
(項目内の『イラストの変化』で確認可能)
ちなみに、第1再臨以降、右手にオムライスを持っているが、ケチャップで描かれている文字は『タマモnhan』である。
(イラストを描いたワダアルコ氏曰く、「『chan』か『nyan』で迷っていたら書き間違えた」とのこと。おそらく二つの語感が微妙に似ていたせいかと思われる)

余談

2016/3/27(日)~4/6(水)にゲーム内で開催されていた「AJ2016コラボクエスト」に登場した際にはキャスターのクラスで登場。諸葛孔明のスキル「軍師の忠言」も使用した。
ちなみに、同イベントで戦闘を行った理由は『Fate/EXTELLA』の出演枠を力尽くで獲得する為。自分も参加を希望していたが「『EXTELLA』は『Grand Order』より前に開発が始まっていたので『Grand Order』が初出のキャラクターを逆輸入する可能性は限りなく低い」と言われたことで実力行使に走った。

本来キツネはイヌ科の生き物であり、事実デザイン的にも性格的にもやっぱりイヌに近いキャラクターであり語尾も「ワン」となっているが、何故か付いている名前は“キャット(ネコ)”である。

関連人物

玉藻の前
自身のオリジナル。
キャットからの印象は「サインを貰った後に殺す」らしく、結構殺意バリバリである。

タマモナイン
オリジナルから分離した自身と同じ分御霊。
全員が平素は敵対関係にある。

サクラファイブ
アルターエゴの集団。
キャットを含めた「タマモナイン」は、彼女たちに対抗すべく誕生した。

藤丸立香
現ご主人。基本的に彼/彼女に対してはデレMAX状態。

マシュ・キリエライト(シールダー)
料理の弟子1号。
キャットの料理の腕に感嘆しており、キャットが暇な時に色々と教わっている模様。

パッションリップ
料理の弟子第2号。CCCコラボイベントで共演。
リップが敵の魔の手から解放されて仲間になった後、キャットが料理が出来ると知った事とキャットから誘いを受けた事で自ら弟子入りを志願した。
なお、キャットをしてもリップは「2流半ぐらいのコックさん」が限界との事。

鈴鹿御前
CCCコラボイベントで共演。当初は敵であったが、紆余曲折の末に共闘関係となった。
意図的にJKキャラを演じる鈴鹿からすると、玉藻の前のアルターエゴで完全天然キャラのキャットとは相性が悪かったが、同イベントでの共闘を経て「打倒玉藻の前」を掲げる者同士として仲良くなった模様。
なお、キャットは自由奔放な行動の裏で彼女の本質をしっかり見極めていた。

関連イラスト

Σ(・ω・`)
タマモキャット


タマモキャットちゃん
タマキャ〜



関連タグ

Fate/GrandOrder サーヴァント バーサーカー(Fate) アルターエゴ(Fate)
キャスター(Fate/EXTRA) タマモナイン
公式が病気 矛盾塊 メイド 裸エプロン

pixivに投稿された作品 pixivで「タマモキャット」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16993265

コメント