ピクシブ百科事典

アルターエゴ(Fate)

あるたーえご

『Fate/EXTRA CCC』に登場する違法改造サーヴァントの総称。『Fate/Grand Order』におけるエクストラクラスの1つでもある。
目次[非表示]

概要

自我から分かたれた分身。オルターエゴとも。
アバターとは違いオリジナルからデザインされた生命であるが、自我を獲得し本体とは異なる行動原理や目的意識を持つ場合も少なくない。ただし、本体から抽出された一部を受け継いでいる場合もまた多い。
その英霊のペルソナの一つが別個体として独立した別人である。

初出は『Fate/EXTRA-CCC』。上級AIであるBBから創造された5人の少女のクラス名であった。

その言葉の通り、このクラスに該当するサーヴァントは、ある人物の一面を取りだした存在に対するクラスになっているらしく、全員が正式な英霊ではないという共通点を持っている。
また、英霊本来の十全な人格ではなく、その一部が依代となった現代の人間と混ぜられた疑似サーヴァントもこのクラスに分類されうる性質を有している。

クラスカードのイラストはトランプジョーカーを思わせるピエロである。
長らくこのクラスに男性サーヴァントはいなかったが、2018年にて遂に登場した。

サーヴァント自体が英霊の一側面を切り出してコピーしたものであるため、自我から分かたれた分身=アルターエゴともいえる。
だがアルターエゴクラスに分類されるサーヴァントは本体の一側面を有しながらも、本体から独立しようとする確固たる意思をもっており、自らのオリジナルを嫌悪し同一視されることを嫌う傾向にある。

id_es

イデス。アルターエゴ達が生まれながらに持つ特殊能力。既存のスキルが変質・強化したもの。また精神のあり方が発露したもの(被虐体質、加虐体質など)もイデススキルとされることもある。
通常のサーヴァントには発現しないものが多い。FGO初出キャラの一部など持たない(言及されない)者も増えているが所持者と非所持者の違いは現在不明。

Fate/EXTRA-CCCFoxTail

サクラファイブ

元祖アルターエゴであり、BBの分身。彼女の感情をそれぞれ切り離したもの。
複数の霊基を抽出融合させたハイ・サーヴァントという存在であり、全員が「イデス」を所持する。

センシティブな作品


大きすぎる胸と凶悪な爪を持つ被虐の少女。「愛憎」のアルターエゴ。
詳しくはパッションリップを参照。

センシティブな作品


槍のような脚と露出度の高い下半身を持つ加虐の少女。「快楽」のアルターエゴ。
詳細はメルトリリスを参照。

EXTRAキャラとその他の絵(※一部ネタバレあり?)


寡黙で知的な雰囲気の大人の筐体を持つ女性。「純潔」のアルターエゴ。
詳細はヴァイオレット(Fate)を参照。

センシティブな作品


全身に包帯を巻いている途方もなく巨大な少女。「渇望」のアルターエゴ。
詳細はキングプロテアを参照。

もしも、カズラドロップが正式採用されていたら・・・


若草色の着物を着た幼い少女。「慈愛」のアルターエゴ。
詳細はカズラドロップを参照。

タマモナイン

センシティブな作品


キャス狐エンドにのみ登場。キャス狐が切り離した尻尾が自我を持ったもの。生み出された理由については本体とナイン側で主張が異なる。

Fate/GrandOrder

Epic of Remnant

センシティブな作品


海洋油田基地セラフィックス」を、月の裏側の電脳世界を模した地獄へと変えた人工の魔人。
詳しくはリンク先を参照。

辺獄


亜種平行世界で外道の限りを尽くした、底知れぬ謎の陰陽師。
安倍晴明を自称する、美しき肉食獣と称されし男。
詳細は蘆屋道満(Fate)を参照。

Cosmos in the Lostbelt

神父


ロシアのある王制を崩壊させたと云われる人物の疑似サーヴァント。
今回はある神父の死体を依代に現界した。
詳細はラスプーチン(Fate)を参照。

「ちゃんと言うコト聞いてね」


北方の女神三柱の複合体たるハイ・サーヴァントにして疑似サーヴァント。
今回は雪の似合う少女を依代に現界した。
詳細はシトナイ(Fate)を参照。

千子村正


現代の青年を依代とする伊勢の国桑名に存在したとされる刀鍛冶。
大西洋異聞帯にて、アルターエゴにクラスチェンジをして登場。
詳細は、千子村正(Fate)を参照。

イベント限定サーヴァント

メカエリチャン


人呼んで「ハロウィンのアルターエゴ」。
領主の心に目覚めた、ちょっとやりすぎな正義の最終兵器。
詳細はメカエリチャンを参照。

メカエリチャンⅡ


Ⅰ号機より『守護神』としての属性がより強いクールガール。
コンパチと言ったら殺す。
詳細はメカエリチャンⅡ号機を参照。

センシティブな作品


剣豪・沖田総司のあり得たかも知れない姿のひとつ。
『Fate』を終わらせんとする負の想念であったのも過去の話。
詳細は魔神セイバー及び沖田総司(オルタ)を参照。

クラス相性

攻撃面ではに不利、に有利。
防御面ではアヴェンジャーと同じくバーサーカーのみ有利を突かれ、残りは等倍。つまりは魔神柱とは反対の性能となっている。

また、CCCコラボイベントのラスボスである特殊クラス禁忌降臨庭園セイレムに新登場のクラスであるフォーリナーに対しても有利が取れる。これはそのような狂気に対抗するには、強固な『自我(エゴ)』が重要な要素となるからであろう。

その他公式で適性があると明言されている存在

登場作品真名召喚されたクラス
Fate/GrandOrderタマモキャットバーサーカー
タマモヴィッチアサシン/ビースト


これら適正を有する存在でも、他のクラスとして召喚、または後天的に変化する事例も確認されており、全ての該当者がこのクラスにしかならないとは限らない模様。

これはアルターエゴがクラスを指す名称だけでなく、単純に本体から独立して自我を得た存在を指す為でもある。

余談

その出自から、基本7クラスである修行時代のセイバーさきゅっこなアーチャーサンタさんなランサーも、分類上はアルターエゴであると言える。
彼女達も登場時期が違ったら、このクラスに定義されていた可能性も十分にあり得た。

黒化も英霊の別側面を召喚する手段だが、変質した要因をはじめとして定義が異なる。そしてとうとう、オルタかつアルターエゴと両方の条件を満たしたサーヴァントが登場してしまった

インド神話に登場する神霊は多数の側面を持っている事から、何らかの理由でサーヴァント化した場合、このクラスの適性を得る可能性が高い(事実、現在組み込まれた神格が分かっているサクラファイブもインド神話の要素を抽出して生み出されている)。

例えば、釈迦に不遜な態度を取って仏教に反抗した大自在天ことシヴァは自分の化身が元ネタである不動明王大黒天に屈服させられたという逸話がある為、適性を得る理由としては充分である。

関連タグ

Fate/EXTRA-CCC Fate/GrandOrder
サーヴァント エクストラクラス アルターエゴ 分身

関連記事

親記事

エクストラクラス えくすとらくらす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アルターエゴ(Fate)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1830551

コメント