ピクシブ百科事典

Epic_of_Remnant

えぴっくおぶれむなんと

『Fate/Grand Order』において、第2部へと繋がる第1.5部。
目次[非表示]

退廃と愛、偏見と欲望に満ちた四つの欠片
賛美せよ、神殿の柱たち。神話はここに再現される

概要

Fate/GrandOrder』第1部と第2部を繋ぐ第1.5部の総称。
第2部に先駆けて、全4章が順次配信予定。

2016年12月31日に放送されたスペシャル番組『Fate Project 大晦日TVスペシャル First & Next Order』内で、下記の予告動画と共に、初めて情報が公開された。

プレイ条件は「終局特異点 冠位時間神殿 ソロモン」のクリア。要するに、第1部の全ての章をクリアする必要がある。その為か、難易度は第1部第七章と同レベル。

話の構成は、第1部の時の様に第1章⇒第2章と言う様に順を追って行くのでは無く、全4章が並列に存在しているとの事。要するに、配信順番こそはあるが、全4章の内どの章から始めても問題が無いらしい。ただ、亜種特異点Ⅰの展開を見るとこの説は少し怪しくなって来ている。
一応短編と言う事らしいが、どの章もちょっとした謎解きでは済まなさそうな雰囲気の物語ばかりである。

キービジュアルには二刀流の剣士二丁拳銃の男褐色肌に巻物の杖を持つ女、ぬいぐるみを抱えた少女、そして真っ赤な背景に黒い太陽があるものとなっている。各サーヴァントはエピソードごとに登場するが、黒い太陽の一端は亜種特異点Ⅲにてその一端が触れられている。

ちなみに、この1.5部から特定サーヴァントの「真名隠しシステム」が導入される様になった。仮にすぐに仲間に出来てもその時点では真名は表示されず、ストーリーの進行によって表示されるようになる、というもの。
新宿のアーチャーの様に宝具名も隠されるサーヴァントも登場する。
真名判明前と後で異なるボイスも搭載される。初登場時には真名が分からないことが多く、正体にまつわる謎も魅力であるFateシリーズ作品の特徴を強めたものと言える。

エピソード一覧

実装済み

未実装


番外エピソード

・・・『Fate/EXTRA-CCC』とのコラボイベント。期間限定イベントではあるが、副題で「Epic of Remnant/EXTRA」との表記があり、この第1.5部の一部としてカウントされている。また、実装前の2016年時点ではこのエピソードは第1.5部の一つの予定だったが、GWイベントに変更された経緯がある。

関連動画



余談

「Epic_of_Remnant」を和訳すると『残骸の叙事詩』という意味になる。

また、このエピソード群からHPゲージを複数所有する敵が少数だが出現しだす。
ゲージを削り切ってもゲージブレイクとなるだけで、そのターンの相手の行動前に次のゲージが出現するため最低でも2回は撃破する必要がある上に、普通の撃破とは違い、オーバーキルに相当する「オーバーゲージ」という同じ効果こそ存在するが、途中で攻撃サーヴァントが変わったり宝具をはさんだりしても攻撃対象自体は消滅しないので攻撃対象の変更はされず、しかもオーバーゲージ時に与えたダメージは次のゲージに反映されないため事実上無効となる。(この点は、オーバーゲージによる恩恵をオーバーキル時以上に享受できる可能性があるため一概に不利益とはいいがたく、きちんと制御された攻撃を行えば通常以上にNPやスターを獲得出来得る)
また、ごく一部だがゲージブレイクによって形態や攻撃タイプ(単体攻撃から全体攻撃に変化するなど)、スキルや属性がブレイク前から変化する者も存在するため、考えなしのゲージブレイクは思わぬ危機的状況を齎す恐れがある。
また、チャージゲージはゲージブレイク前からそのまま引き継ぐため、これまた考えなしなゲージブレイクは思わぬピンチの原因となる。ブレイク後に全体攻撃のチャージアタックを使用するがブレイク前は単体攻撃のチャージアタックを使用する敵ならば敢えて先にチャージアタックを使わせた方が結局は減災になることも有る。

外部リンク

公式紹介ページ

関連タグ

Fate/GrandOrder 特異点(Fate)

pixivに投稿された作品 pixivで「Epic_of_Remnant」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 137447

コメント