ピクシブ百科事典

屍山血河舞台下総国

しざんけつがぶたいしもうさのくに

『Fate/Grand Order』において、メインシナリオ1.5部「Epic of Remnant」の3番目のシナリオ。
目次[非表示]

例えば…それは‘夢想’からの復讐

悪鬼羅刹の七騎が嘲笑う
――見よ、血染めの月が太陽を食い尽くす

概要

特異点番号亜種特異点III → 亜種平行世界
時代寛永十六年 (A.D. 1639)
人理定礎値不定
場所下総国
キーキャラクター空の剣豪
事前告知キャラクター天眼の剣士
章クリア報酬なし
テーマ曲『一刀繚乱』六花
シナリオ担当非公開

2017年10月14日に配信された1.5部第三のシナリオ。

ストーリー

かつて微小特異点で出会った不可思議な存在である女性の宮本武蔵。
剪定事象・特殊な世界移動を繰り返す存在…。
謎多き少女から推測される不確定な要素は後を絶たない。

片や剣豪と呼ばれ人類史にその名を遺す。男性として存在した宮本武蔵。
同一の名を持ちながら別れた存在に意味はあるのか――――――

カルデアのマスターが突如として悪夢に墜ちる時、武蔵との再会とともに亜種並行世界の運命が動き出す。
殺戮の悪魔へと貶められた七騎の“英霊剣豪”が、血色の暗闇と魔性の怪物を引き連れて襲い来る。

英霊剣豪七番勝負」、ここに開幕。
悪夢を、斬り祓え。

ゲームにおいて

第1.5部「Fate/Grand Order - Epic of Remnant」3番目のシナリオ。
お正月に実装された宮本武蔵が中心の章で、“亜種平行世界”となっているように、本来の歴史とは違い土気城が第二の江戸と呼ばれる世界を舞台に、周囲を騒がす魑魅魍魎とそれを率いる英霊剣豪達と戦っていく。

また、PVにおいては「エンピレオ」「インフェルノ」等、キリスト教における死後世界に関する単語が登場している。これらの内容から海外のサーヴァントも想定されていたが、実際は黒幕の来歴に由来するもので、参戦するサーヴァントは例外を除いて全員日本人。

PVにおけるキーワードは「夢想からの復讐」「英霊剣豪七騎」「無と無限」「美しき獣は嗤う」「剣禅一如」「狂瀾怒濤」「一切鏖殺」「埋め込まれた宿業」「天眼の剣士」「五芒星」「インフェルノ」「プルガトリオ」「エンピレオ」。

絆ポイント増加の対象はセイバーアーチャーランサークラスのサーヴァント。

「英霊剣豪七番勝負」の特殊演出が入る要所でのボス戦ではサポーターにはゲストサーヴァントとしての武蔵しか選択できず、しかも前線メンバーに加えなければならないという制限があるため、主戦力をフレンドに頼るマスターは厳しい戦いを強いられる。
加えて、敵にかかっている永続バフや行動ロジックがいずれも戦術を崩すレベルで悪辣なものばかりであるため、このステージの総合難易度はイベントのチャレンジクエストかそれ以上に突出して高いといえる。
クラス相性の関係上、武蔵が置物になってしまうことも多いため、プレイヤーからは「せめて武蔵にも固有補正があれば」と嘆かれた。

登場人物

サーヴァント

天眼の剣士(CV:佐倉綾音)(CV:浪川大輔)刀鍛冶(CV:杉山紀彰)
武蔵
宝蔵院胤舜
村正
プルガトリオ(CV:???)エンピレオ(CV:???)インフェルノ(CV:金元寿子)
ピクシブ百科・ネタバレ注意アイコン
英霊剣豪七番勝負
アーチャー・インフェルノ
パライソ(CV:佐倉綾音)リンボ(CV:森川智之)黒縄地獄(CV:戸松遥)
かっこかわいいあの子
辺獄
源頼光
衆合地獄(CV:悠木碧)(CV:花江夏樹)剣士(CV:???)
酒吞童子
小太郎くん
ピクシブ百科・ネタバレ注意アイコン
妖術師(CV:???)
ピクシブ百科・ネタバレ注意アイコン


その他キャラクター

おぬいと田助左近運命を待つ老人
【FGO】おぬいちゃんと田助ちゃん
無題
無題
おたま(CV:斎藤千和)姫君(CV:種田梨沙)宣教師(CV:島﨑信長)
私、輝いてます?
清姫さま
巌窟王
剣聖(CV:山路和弘)女忍(CV:明坂聡美)
Japanese SEIZA
段蔵ちゃん


漫画版

webサイト「マガジンポケット」にて2019年1月29日から配信開始予定。
作者は、渡れい

余談

サブタイトルは津本陽の剣劇小説柳生十兵衛七番勝負の捩りと思われる。
ちなみに、元々「番勝負」とは将棋用語で、「何回対局して決するか」とい意味合いであり、最終的に勝ち数の多い方を勝者とするため、一番・三番・五番・七番と奇数回になっており、他のスポーツや格闘技物のタイトルでも転用されている。
キーワードにある横文字の意味は以下の通り。

インフェルノ
地獄。或いは大火を意味する英語

「プルガトリオ」
煉獄(Purgatorium)を意味するラテン語
「煉獄」とは単純に説明すると天国地獄の中間地点。
天国に行けるほどの聖性を得てないが、地獄に墜ちるほどの罪を犯していない者が死後に赴く場所であり、煉獄に赴いた者は苦罰(浄化の炎)によって罪を浄められた後に天国へ行けるとされる。

「エンピレオ」
イタリアの詩人「ダンテ・アリギエーリ」の叙事詩『神曲』天国篇において天国の最上層「第十天 至高天」を指す単語。
ちなみに『神曲』は「地獄篇 Inferno」「煉獄篇 Purgatorio」「天国篇 Paradiso」の三部から構成されている。

また、奈須きのこが大きな影響を受けたという、山田風太郎の伝奇小説魔界転生の要素が随所に散りばめられている。
これを石川賢コミカライズしたものが、『Fateシリーズ』の原点であるとまで言い切られているほど影響を受けた作品であるためさぞかしやりたかったネタなのだろうと思われるが……意外にも、1.5部収録エピソードであるとして奈須氏本人の執筆ではない。

あと何気に1部ではまったくといっていいほど触れられていなかった(強いて言うと四章のモードレッド)、ストーリーやイベント等に実際に登場しているサーヴァントと主人公が戦闘で使役しているサーヴァントの違いについて触れられている。

詳しい説明は依然されてはいないが、NPC達がサーヴァントの姿を認識できない・していない(明らかに無視できない間柄であっても)ことについては、どうやら主人公(プレイヤー)がガチャやイベント配布等で入手しているサーヴァントは他Fate作品の様に「サーヴァントを顕現させている」のではなくサーヴァントの力を主人公が借りている状態らしい。

キャスター・リンボの存在や発言、宮本武蔵の事情や剪定事象の踏み込んだ説明など、2部との関連性がもっとも強く伺われる章となっている。
突破難易度は現状の2部ステージを余裕で圧倒しているが、可能であれば全力で乗り越えて欲しい所である。

関連イラスト

英霊剣豪七番勝負
宮本武蔵


fご
リミテッド零オーバー



関連動画



関連タグ

Fate/GrandOrder 英霊剣豪七番勝負 Epic_of_Remnant
剣豪 真剣勝負 一騎打ち 悪霊退治 時代劇
柳生十兵衛七番勝負

前後のストーリー

BackNext
伝承地底世界アガルタ屍山血河舞台下総国禁忌降臨庭園セイレム

pixivに投稿された作品 pixivで「屍山血河舞台下総国」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5264442

コメント