ピクシブ百科事典

深作欣二

ふかさくきんじ

深作欣二は、日本の映画監督。
目次[非表示]

1930年7月3日生まれ。茨城県水戸市出身。
2003年1月12日没。享年72歳。
長男の深作健太も映画監督。

概要

1953年、東映入社。
1961年、『風来坊探偵 赤い谷の惨劇』で監督デビュー。同作は千葉真一の初主演作品であり、以後も千葉との親交は続いた。
1973年から公開された『仁義なき戦いシリーズ』が代表作。

復活の日』『宇宙からのメッセージ』のようなSF映画や、『魔界転生』『忠臣蔵外伝 四谷怪談』のような時代劇など、手がけたジャンルは広い。
作中では剣戟から戦争まで総じて暴力描写が目立つが、これは暴力を描くことで暴力を否定しようとする意図があった。その根底には少年期に経験した第二次世界大戦がある。
世界的に有名な日本人監督の一人であり、海外の支持者にクエンティン・タランティーノジョン・ウーが名乗りを上げている。

『その男、凶暴につき』(1989年)の監督にも選ばれていたが、スケジュールや条件が合わず辞退したため、同作主演のビートたけし(北野武)が初めて監督を務めることになった。つまり「世界のキタノ」が生まれる遠因になった人物でもある。
後にたけしは、深作の晩年のヒット作である『バトルロワイアル』に出演している。

作品

『風来坊探偵 赤い谷の惨劇』1961年
『風来坊探偵 岬を渡る黒い風』1961年
『ファンキーハットの快男児』1961年
『ファンキーハットの快男児 二千万円の腕』1961年
『白昼の無頼漢』1961年
『誇り高き挑戦』1962年
『ギャング対Gメン』1962年
『ギャング同盟』1963年
『ジャコ萬と鉄』1964年
『狼と豚と人間』1964年
『脅迫』1966年
『カミカゼ野郎 真昼の決斗』1966年 - 脚本兼務
『北海の暴れ竜』1966年
『解散式』1967年
『博徒解散式』1968年
黒蜥蜴』1968年
『恐喝こそわが人生』1968年
『ガンマー第3号 宇宙大作戦』1968年
『黒薔薇の館』1969年
『日本暴力団 組長』1969年
『血染の代紋』1970年
『君が若者なら』1970年
トラ・トラ・トラ! TORA TORA TORA』1970年
『博徒外人部隊』1971年
『軍旗はためく下に』1972年
『現代やくざ 人斬り与太』1972年
『人斬り与太 狂犬三兄弟』1972年
仁義なき戦いシリーズ』1973-1976年
『仁義の墓場』1975年
県警対組織暴力』1975年
『資金源強奪』1975年
『暴走パニック 大激突』1976年
『やくざの墓場 くちなしの花』1976年
『北陸代理戦争』1977年
ドーベルマン刑事』1977年
柳生一族の陰謀』1978年 - 脚本兼務
宇宙からのメッセージ』1978年
『赤穂城断絶』1978年
復活の日』1980年
『青春の門』1981年
魔界転生』1981年 - 脚本兼務
『道頓堀川』1982年
蒲田行進曲』1982年
『人生劇場』1983年
里見八犬伝』1983年
『上海バンスキング』1984年
『火宅の人』1986年
『必殺4 恨みはらします』1987年
『華の乱』1988年
『いつかギラギラする日』1992年
忠臣蔵外伝 四谷怪談』1994年
『おもちゃ』1999年
バトルロワイアル』2000年
クロックタワー3』2002年 - PS2/ゲームイベントCGムービー
『バトルロワイアルⅡ 【鎮魂歌】』2003年 - 病状悪化による途中降板

関連タグ

映画監督
東映

外部リンク

深作欣二 - Wikipedia
深作欣二とは - はてなキーワード
深作欣二(Fukasaku Kinji) のプロフィール - allcinema

pixivに投稿された作品 pixivで「深作欣二」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1324

コメント