ピクシブ百科事典

ドーベルマン刑事

どーべるまんでか

1975年~79年にかけて週刊少年ジャンプに連載されたバイオレンスアクション劇画。
目次[非表示]

概要

1975年から1979年にかけて週刊少年ジャンプ集英社)に連載された漫画。作画・平松伸二、原作・武論尊
「ドーベルマン」と恐れられる刑事・加納が、凶悪な犯罪者達に立ち向かう姿を描く。
また、2012年から2013年にかけて週刊漫画ゴラク日本文芸社)にて続編にあたる「新ドーベルマン刑事」が掲載されている。

過激派や凶悪事件が新聞を賑わせていた時代の作品だけあって、バイオレンス描写は今日では考えられない程過激。
主人公の加納は「毎回のように犯人を射殺する」ことで悪評高く、44マグナムを街中でも平気でぶっ放す。ツッコミどころなど山のようにあるが、こまけぇこたぁいいんだよ!!
もっとも犯人サイドも、世間を震撼させる凶悪犯や、血も涙もない冷血漢ばかりなので、そういった輩に問答無用の鉄槌を下してゆく加納の姿には多くの読者が溜飲を下げ、約4年の連載期間の間、大人気を博していた。

登場人物

  • 加納錠治

主人公。警視庁特別犯罪課、通称「特犯課」所属の刑事。愛銃はスタームルガー・ニュースーパーブラックホーク。
「狂犬」「ドーベルマン」と犯罪者達には恐れられ、暴力的な捜査や、凶悪犯は「ド外道が~!」と問答無用で射殺する非情さにより、警視庁内部や新聞記者からも問題視されている。
クールでハードボイルドな性格の為、滅多に笑う事もないが、孤児院出身という事もあって、子供や社会的弱者には優しい。

  • 西谷博
特犯課主任で加納の上司。東大卒のエリート。加納の最大の理解者であり、彼がいかに世間や警察上層部から非難されようとも、犯罪に命懸けで立ち向かう加納を全力でサポートし、見守っている。
  • 三森竜子
特犯課所属の女性刑事(後に少年課に転属)。当初は加納と対立する事も多かったが、いつしか彼に惹かれてゆく。
  • 宮武鉄二
大阪出身で、ゲタ履きに半纏と腹巻姿という型破りな刑事。愛銃は44オートマグ。加納と勝負したいという理由で転勤してきた。加納と負けず劣らずのバイオレンス派だが、根は人情家。
  • 綾川沙樹
特犯課所属の女性警官。祖父は長野県の駐在巡査、父親は暴力団竜神会の会長というすごい家系。作品が過激化する一方だったので、マイルド化させるためのテコ入れキャラとして登場した。

映像化

これまで2度映像化されている。

1977年に東映東京撮影所の手によって映画が作られ、主に東映系の映画館で上映された。出演は千葉真一、ジャネット八田(田淵幸一の現在のカミさん)、松方弘樹ほか。監督は深作欣二
原作のプレストーリーという位置づけで作られている。
1996年にはギャガ・コミュニケーションズの手によってビデオ映画化されている。出演は竹内力ほか。

実はこの2本以外にも、「爆走! ドーベルマン刑事」というタイトルでテレビドラマ化されたことがある。1980年4月から10月にかけて、テレビ朝日(テレ朝)系列(ただしあいつそいつこいつ除く)にて月曜20時台に放送された。制作は東映東京撮影所。出演は黒沢年雄ほか。
ただし、原作(と言うよりは原案)との関わりは主人公の名前を拝借した位であり、内容は覆面オートバイ部隊と3頭の警察犬の活躍を描くという、似ても似つかぬシロモノに成り下がってしまった。いくら同じテレ朝でこの作品同様のハードアクション・ハードバイオレンスポリスストーリーが放送されていたからって・・・・・・・・・・

関連タグ

平松伸二 週刊少年ジャンプ ファミコンジャンプ
マーダーライセンス牙ブラック・エンジェルズどす恋ジゴロ外道坊…同じく平松伸二氏の連載した兄弟作品。
両津勘吉音無キルコ真選組…週刊少年ジャンプにおけるトンデモ警察官つながり。特に両津は、ファミコンジャンプにおいて加納が落とした44マグナムを拾ったという接点がある。

pixivに投稿された作品 pixivで「ドーベルマン刑事」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4380

コメント