ピクシブ百科事典

武論尊

ぶろんそん

武論尊とは、日本の漫画原作者。本名:岡村 善行(おかむら よしゆき)。
目次[非表示]

概要

1947年6月16日生まれ。長野県出身。
ドーベルマン刑事』『北斗の拳』等の原作者として知られる。
ペンネームの由来はアメリカの俳優チャールズ・ブロンソン

過去に航空自衛隊に所属しており、その後、元同僚だった漫画家本宮ひろ志の下でアシスタントを務めるが、絵が全くと言っていいほど描けず麻雀ばかりしていた。当時、本宮の担当編集者から漫画原作者の道を勧められ、1972年に週刊少年ジャンプの『五郎君登場(作画:ハセベ陽)』で正式にデビュー。以降、様々な作品の原作を担当する。

とくに『北斗の拳』が有名であるせいか「作画の原哲夫とよくコンビを組んでいる」と思われがちだが、実際彼が原作を担当しているのは『北斗の拳』およびその派生作品の一部のみである。

「武論尊」とは別の「史村翔(ふみむら しょう)」のペンネームでも活動している。
これは『ドーベルマン刑事』を連載していた当時、出版元の集英社から専属契約を持ちかけられるが、本人は他誌での活動も考えていたため契約を断り揉めたことが原因とされる。以降は集英社以外の雑誌で連載する際に別名義を使用していたが「武論尊=ハードボイルド・アクション」というイメージが定着していたため、昨今では作風に合わせて名義を使い分けている。

関連リンク

ホームページ

関連リンク

漫画家 原作者

pixivに投稿された作品 pixivで「武論尊」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7559

コメント