2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

男一匹ガキ大将

おとこいっぴきがきだいしょう

1969年より『週刊少年ジャンプ』で連載された本宮ひろ志の漫画。
目次[非表示]

概要

1969年~1973年にかけ『週刊少年ジャンプ』で連載された本宮ひろ志ヤンキー漫画
父の魂』を連載中の貝塚ひろし失踪してしまったため穴埋めとして連載が始まったが、後発組で部数も伸び悩んでいた少年ジャンプを、永井豪の『ハレンチ学園』と共に人気雑誌の座に押し上げた。
車田正美原哲夫にも多大な影響を与えるなど、本宮の代表作である。
人気を受けTVアニメ化や実写映画化もされている。

ガキ大将の戸川万吉(とがわまんきち)が、ケンカを通じて男たちの心を動かし子分や仲間を増やし続け、日本中の不良を従える総番にまで登りつめ日本を動かす男となっていく。

編集者との対立

少年ジャンプといえば、人気作品がなかなか連載を終わらせてもらえないことで有名だが、本作も連載を終わらせたくない編集部と、区切りのいいところで連載を終わらせようとした本宮との間での対立が発生した。
本宮が万吉を死なせ「」と記した原稿を、担当編集者だった西村繁男修正液に貫かれた万吉と「完」の字を消し、連載を無理やり続けさせた。

上述のような経緯から、本宮が自らすすんで描いていなかった12巻以降は文庫版などにも収録されていなかったが、2018年3月に連載開始50周年記念として電子書籍化が実現した。

関連タグ

週刊少年ジャンプ 本宮ひろ志

関連記事

親記事

本宮ひろ志 もとみやひろし

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1102

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました