ピクシブ百科事典

天下統一

てんかとういつ

一人の権力者の下に支配し統治を及ぼすこと。

概要

古代中国の思想に基づいて生まれた世界観の「天下」で、天子などの実力者や権力者が統治すべき地域や集団を統一すること。

古代日本にももたらされ、とくに武家政権が現れた中世戦国時代では支配を正当化する論理になり、その最高実力者を天皇とは異なる統治者として「天下人」と呼ばれた。

戦国武将は誰もが「天下人になって天下統一を目指していた」という見方が後世では一般的だが、実際には誰もそのような野心や理想を考えてはいなかった。
当時の「天下」の概念領域は日本全土ではなく、天皇から統治権力を任された室町幕府征夷大将軍が管轄した京都とその周辺地域を意味し、地方の大名も統制下に置いて影響力を有していた。そのため、ほとんどの武将は地元地域の統治と周辺への影響での支配についてで、日本全域を支配下に置くというのはなかった。

その考えに変化を与える機会が来る。応仁の乱で幕府の影響力が弱まってきた中で、足利義昭を将軍に擁して織田信長が上洛。将軍から幕府権力を委任され、天下人の役割を担った信長は「天下布武」の印を掲げた。しかし、信長は義昭との関係が悪化・対立し、ついには義昭を追放して幕府を滅亡まで追い込んだ。そのため、中央政権で幕府が支配した天下を自ら統治・管理する「天下人」になることとなり、ここで「天下統一」=「日本全国支配」に意味が変わった。

その信長も本能寺の変で倒れ、代わって豊臣秀吉が信長の統一事業を受け継ぎ、ついに日本の天下統一を完遂した。ところが、秀吉はその天下の概念領域を日本だけでなく海外にまで拡大させ、中華征服からアジア支配、世界征服まで目論み朝鮮出兵を実行した。その企ても秀吉の死によって失敗した。

そして、最後の天下人となった徳川家康は「厭離穢土・欣求浄土」という平和な時代を求め、将軍になることで天下人となり、その天下人も徳川家が継承するものとなり、天下の領域も日本国内へと戻し、時代は「天下」の「統一」から「天下泰平」へと変わった。

関連タグ

天下 天下人 天下泰平
日本史 戦国時代 江戸時代

関連記事

親記事

天下 てんか

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「天下統一」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 244

コメント