ピクシブ百科事典

征夷大将軍

せいいたいしょうぐん

元来は東方の「蝦夷」を征討することを任とする大和朝廷の役職。源頼朝の鎌倉幕府の頃より武家政権の為政者としての意味を持つようになる。
目次[非表示]

日本の官職名。略して将軍とも言う。

もともとは朝廷の令外官(律令制定後に新設された官職)のひとつで朝廷と対立する「蝦夷」を追討するための軍を編成する際に任じられる臨時職であった。「東夷(現在の東北地方で朝廷に未服従の現地民族)を征討する(大)将軍」の意。東北の太平洋岸を攻略する軍を率いる将軍名として用いられた。なお常設の武官のトップとしては令外官ではあるが左近衛府・右近衛府の長官である近衛大将があり、その職掌としては宮中の警護をつかさどることであった。また征夷大将軍と同義の役職では征東大将軍、征西大将軍があり、同時期に別人物が任じられる例もあった。
最初に征夷大将軍に任命された人物は大伴弟麻呂(794年)であった。

その後、鎌倉を拠点として武家政権(幕府)を創設した源頼朝が、天皇が任命したという権威を持ちつつ、東国に自立した軍事権力を成立できるような、「武門の棟梁」に相応しい地位を求める。その意味で、征夷大将軍は建前上は夷を征伐する外征の指揮官であるため、王権からは相対的に独立している。こうして源頼朝が征夷大将軍職を求め、1192年に同職に任ぜられたことから、征夷大将軍とは武家政権の最高権力者を表す官職として用いられるようになった(野口実『武家の棟梁の条件』)。しかし、頼朝が数年で将軍を辞任したことなどを根拠に、頼朝は全国の御家人と御恩と奉公の関係によって支配できる「鎌倉殿」の地位を重視しており、征夷大将軍の官職自体は重視していなかったという見方もある(山本幸司『頼朝の天下草創』)。なお山本も、清和源氏摂関家親王といった貴種が務める将軍の正当性が実権を握る北条氏による鎌倉幕府支配の基礎になったことは認めている。


歴代征夷大将軍

平安時代

大伴弟麻呂
在位:794~?
坂上田村麻呂
在位:797~?
文室綿麻呂
在位:811~?
藤原忠文(平将門を討つために任命されたが、征東大将軍だったとの説もある)
在位:940~?
木曾義仲
在位:1184~?

鎌倉幕府

源頼朝
在位:1192~1199
源頼家
在位:1202~1203
源実朝
在位:1203~1219
九条頼経
在位:1226~1244
九条頼嗣
在位:1244~1252
宗尊親王
在位:1252~1266
惟康親王
在位:1266~1289
久明親王
在位:1289~1308
守邦親王
在位:1308~1333

建武政権

護良親王
在位:1333~?
成良親王
在位:1335~?
宗良親王
在位:1352~?

室町幕府

足利尊氏
在位:1338~1358
足利義詮
在位:1358~1367
足利義満日本国王
在位:1368~1394
足利義持
在位:1394~1423
足利義量
在位:1423~1425
足利義教
在位:1429~1441
足利義勝
在位:1442~1443
足利義政
在位:1449~1473
足利義尚
在位:1473~1489
足利義材
在位:1490~1493
足利義澄
在位:1494~1508
足利義稙(足利義材、再任)
在位:1509~1511
足利義晴
在位:1521~1546
足利義輝
在位:1546~1565
足利義栄
在位:1568~1568
足利義昭
在位:1568~1573

江戸幕府

徳川家康
在位:1603~1605
徳川秀忠
在位:1605~1623
徳川家光
在位:1623~1651
徳川家綱
在位:1651~1680
徳川綱吉
在位:1680~1709
徳川家宣
在位:1709~1712
徳川家継
在位:1713~1716
徳川吉宗
在位:1716~1745
徳川家重
在位:1745~1760
徳川家治
在位:1760~1786
徳川家斉
在位:1787~1837
徳川家慶
在位:1837~1853
徳川家定
在位:1853~1858
徳川家茂
在位:1858~1866
徳川慶喜
在位:1866~1867

関連タグ

将軍 公方 幕府 武士/武家 鎌倉 江戸
太平記 暴れん坊将軍

pixivに投稿された作品 pixivで「征夷大将軍」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3401

コメント