ピクシブ百科事典

足利義栄

あしかがよしひで

足利義栄は、室町幕府の第14代将軍。堺公方を称した足利義維の嫡男であり、三好三人衆に擁立され将軍となるも、織田信長の上洛によりわずか半年余りで将軍の座を追われた。(1538年/1540年-1568年)
目次[非表示]

生涯

天文7年(1538年)もしくは天文9年(1540年)、初代平島公方・足利義冬(義維)の長男として阿波の平島にて生を受ける。初名は義親(よしちか)または義勝(よしかつ)。父の義冬は「堺公方」を称し、一時期将軍職を狙える立場にもあったが、義栄の生まれた頃は堺からも追われ阿波にて雌伏の日々を送っていた。
義栄もまた長らく不遇の時期を過ごしていたが、永禄8年(1565年)に転機が訪れる。5月に発生した「永禄の変」で、従兄の第13代将軍・足利義輝が討たれ、変の首謀者であった三好三人衆らは義栄に、義輝に代わる新将軍としての擁立を打診したのである。この時、父・義冬が中風を患い満足に動ける状態になかったのも、義栄擁立の一つの決め手ともなった。

将軍候補として擁立されたとはいえ、義栄の前途は多難であった。最大の庇護者である三好三人衆は主君である三好義継や、三好家中の第一人者であった松永久秀らと対立し、満足に将軍就任への働きかけを行える状態になかった。さらに前将軍・義輝の弟である一乗院覚慶も、還俗して義秋と名乗り次期将軍の座を狙っていたのである。
永禄9年(1566年)より畿内入りした義栄は摂津の普門寺城(現・大阪府高槻市)に本拠を置き、義秋に遅れる事半年で次期将軍候補が就任する「左馬頭」に任官される。翌永禄10年(1567年)には朝廷に対して将軍宣下を申請する事となるが、ここでも朝廷からの献金要求に応じられず、結局将軍宣下がなされたのはさらに数か月後の永禄11年(1568年)2月8日の事であった。

ともあれ、これでようやく第14代将軍に就任した義栄だったが、依然三人衆と久秀の抗争が続いていたのに加え、自身も背中の腫物のため入京が叶わずにいるうち、東からは大きな脅威が迫りつつあった。永禄11年9月、もう一人の将軍候補であった足利義昭(同年4月に義秋より改名)を奉じ、尾張の織田信長が上洛の途についたのである。
この動きに対し久秀は早々に信長側へ付き、三人衆は畿内で抵抗するも敗北。ここに至って義栄も将軍就任からわずか半年余りで、普門寺城からの逃走を余儀なくされた。これにより義栄は室町幕府が始まって以来、一度も入京を果たせずに終わった唯一の将軍となってしまったのである。

その後反攻の機会が巡る間もなく、予てからの背中の腫物の悪化により義栄は帰らぬ人となった。享年29もしくは31。没月日については9月の中頃から10月の下旬にかけてのいずれか、また最期の地も阿波、淡路、摂津の普門寺と様々な説があるが、いずれにしても信長の上洛開始からさほど日の経たぬうちの死去である事だけは確かである。
実家である平島公方は5年後の天正元年(1573年)に父・義冬が没した後、義栄の弟である義助が継承し江戸時代末期まで命脈を保ったが、その後の政局を巡る動きの中でもさしたる存在感を示す事が出来ないまま、次第に歴史に埋没していく事となる。

将軍としての業績

如何せん在任期間が半年余りと極めて短く、義栄の意向によって出された奉行人奉書もわずかに2通のみで、朝廷や春日大社に対してに馬と刀を献上した程度しか、将軍としての義栄の事績は伝わっていないとされる。そのためか足利氏の菩提寺で、歴代将軍の木像を安置している京都の等持院にも義栄の木像はなく、また書物によっては義栄の存在も一切無視されていたりと、歴代将軍として数えられていない場合もある。
そもそも父・義冬から受け継いだ義栄の政権の基盤はお世辞にも盤石であるとは言い難く、前将軍・義輝に仕えていた幕臣の取り込みも結果的に限定的なものとなった上、庇護者である三好氏も一枚岩とは言い難い状態であった事から、将軍として主体性を発揮出来る状況にはなかったとも考えられている。

とはいえ、三人衆と久秀の対立により彼らからの制約が弱まった事で、石清水八幡宮の人事への介入や、大徳寺と京都の住民との対立を仲裁するために奉行人を派遣するなど、これらの動きにも義栄が関与していた可能性が近年の研究から明らかにされつつある。

信長の野望

登場しているが、現在は天翔記1作のみ。固有の顔グラフィックでステータスも政治面がやや高い程度だが、それ以外は微妙。再登場の機会も無いという扱いである。

関連記事

親記事

室町幕府 むろまちばくふ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「足利義栄」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2909

コメント