ピクシブ百科事典

生没年 興国元/暦応3(1340)年~正平22/貞治6(1367)年
官位 従三位左兵衛督

概要

室町幕府初代征夷大将軍足利尊氏を父、尊氏の正室・赤橋登子を母として生まれる。
室町幕府2代将軍・足利義詮は同母兄、叔父・足利直義の養子・直冬は異母兄にあたる。

幼きころより父・尊氏、執事・高師直と叔父・直義一派の対立が激化したことにより、
正平4年/貞和5年(1349年)、尊氏は嫡男・義詮を鎌倉府から京に呼び戻し、わずか9歳の基氏を鎌倉に派遣した。当時、南朝方豪族や鎌倉幕府残党はいまだ健在であり、基氏を補佐する執事として上杉憲顕、斯波家長を置き、この人事が「関東公方」「関東執事」(後の関東管領)の始まりとなった。

基氏は6年もの間拠点を武蔵国入間川に置いたことにより「入間川殿」と呼ばれ、補佐役の関東管領は畠山正清、高師有、上杉憲顕に替えながら室町幕府の勢力拡大に大きく寄与していく。
正平18年/貞治2年(1363年)6月、一時追放していた前越後・上野守護職の上杉憲顕を呼び戻すにあたって現越後・上野守護職の宇都宮公綱から守護職を剝奪し、憲顕に守護職を与え足利氏の勢力を強める。

が、正平22年/貞治6年(1367年)急な病で死去。享年28歳。
関東公方職は嫡男・氏満が継いだ。死因ははしかと伝えられるが、自殺との説もある。
なお、同年12月には同母兄・義詮も37歳で死去している。

関連タグ

南北朝時代 室町時代 室町幕府 足利尊氏 足利義詮

関連記事

親記事

南北朝時代 なんぼくちょうじだい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「足利基氏」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「足利基氏」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 455

コメント