ピクシブ百科事典

北畠顕家

きたばたけあきいえ

南北朝時代、南朝方の武将。公家の生まれでありながら足利軍を何度も破った名将。
目次[非表示]

村上源氏系の公家出身で北畠親房の嫡男。
後醍醐天皇に仕え、たびたび足利尊氏方の軍勢を打ち破った名将である。

生涯

15歳の陸奥守

当時の公家で最年少クラスの14歳で参議となり、将来を期待されていたようである。
鎌倉幕府新田義貞によって滅ぼされた頃(元弘3年、1333年)は、まだ15歳であった。
建武の新政では正三位参議・陸奥守として陸奥国府多賀城(今の宮城県多賀城市)に赴任し、東北地方の統治を担当する。
着任にあたっては義良親王(後の後村上天皇)を奉じ、父の親房も同行していた。

足利討伐

しかし中先代の乱にて足利尊氏が謀反を起こしたことで、激動の戦乱に巻き込まれていく。
後醍醐帝が派遣した新田義貞らの官軍は箱根・竹ノ下の戦いで尊氏に大敗し、
散り散りに京都に逃げ戻ってしまう。
顕家は義良親王を奉じ、太平記によれば5万の軍勢を率いて尊氏軍を追った。

顕家は、まず足利義詮桃井直常らの足利勢を破って鎌倉を制圧する(1336年1月2日)。
そのまま東海道を進撃して、1月12日には近江愛知川に達している。
半月で600kmの進軍、一日40kmに迫る驚異の進軍であった。
義貞や楠木正成と合流して、園城寺にて細川定禅率いる足利方の軍勢を破る。
尊氏はいったん京都を撤退し、摂津の国豊島河原で宮方との決戦に臨む。
顕家は義貞や正成とともにこれに勝利し、尊氏は西国へと落ち延びていった。

霊山に登る

顕家は京都に凱旋して権中納言、鎮守府大将軍となったのも束の間、
足利方が蠢動する奥州へと戻り、斯波家長や相馬一族を破っている。
この隙に尊氏は西国から大軍を集め、湊川の戦で正成は自害、義貞は敗走という危機が訪れた。
明けて建武4年(1337年)、父親房や後醍醐帝からは、顕家の上洛を求める書状が相次いで届く。
しかし顕家の奉答書によれば顕家は東国の足利方に包囲されて苦戦していた模様だ。
包囲網に苦しむ顕家は、国府を平地の多賀城から福島県伊達市にある霊山の山城に移している。

最後の上洛

8月、顕家は再び義良親王を奉じて霊山から上洛の途に就いた。
利根川の戦い、安保原の戦いで関東の足利勢を破り、12月24日鎌倉を攻略して斯波家長を討ち取る。
義詮や上杉憲顕らは鎌倉を捨てて逃げ去った。
翌延元3年(1338年)1月、2年前と同様に2日に鎌倉から進軍を開始した。
今度は足利勢も美濃国で兵を集めてこれを阻みに来たが、青野原の戦いで大勝する。
しかし顕家軍の損害も大きく、いったん入京は諦め、伊勢国へ向かった。
尊氏は高師泰らを送って2月16日までに雲出川・櫛田川の戦いとなるが勝敗はつかず。
そして大和の国に転じて28日に般若坂の戦いで桃井直常についに敗れる。
顕家は義良親王を吉野へ送り、河内へと退却する。
足利方は高師直らが出撃し、一勝一敗を繰り返しつつ、顕家軍は消耗していった。

5月、後醍醐帝に「大がかりな内裏の工事を止め、奢侈を控え、増税はお止め下さい」「代々朝廷に仕えてきた貴族の荘園を取り上げたり、御政道を貶めるような身分の卑しい者を近づけたり、官位を与えたりするのはお止めください」「聞き入れられなければ世を捨てて山に篭ります」といった厳しい内容の諫奏文を上奏する(『顕家諫奏文』)。そして5月22日に石津の戦いにて高師直に敗れて戦死。享年20歳であった。

人物

13歳の頃に北山第行幸にて舞いを舞った時の記録によれば、「幼く可愛らしい姿であり、しかし態度はしっかりしていた」とのこと(『舞御覧記』)。『増鏡』では、同じ舞の場面についてその姿を可愛らしいと表現するどころか「桜の花に夕日が映える中、顕家が輝くが如くに登場した」とある。また、武田信玄に先立って「風林火山」の旗印を用いたともいう。

関連タグ

南北朝時代 北畠親房 後醍醐天皇
破軍の星北方謙三著。北畠顕家を主役とする小説
太平記NHK大河ドラマに登場。後藤久美子が熱演している。

関連記事

親記事

南北朝時代 なんぼくちょうじだい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「北畠顕家」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15891

コメント