ピクシブ百科事典

蜂須賀正勝

はちすかまさかつ

蜂須賀正勝とは、戦国時代の武将。羽柴秀吉(のちの豊臣秀吉)の家臣。
目次[非表示]

概要

蜂須賀小六として知られる戦国時代の武将。1526年生、1586年没。
尾張に生まれ、若い頃は「川並衆」を率いて川での運送業や用心棒などを営んでいた。織田信長の美濃攻めの際、豊臣秀吉による墨俣の築城に協力し成功する。
四国制圧後、阿波を息子に譲り長宗我部氏を監視し続けた。
彼の一族である蜂須賀家は豊臣一族滅亡後も外様大名として残り、明治子爵となる。

なお蜂須賀小六は「若い頃は野武士の頭領で、で寝ていた藤吉郎秀吉と出会い~」みたいな話が一般的に知られているが、川並衆は野武士や盗賊の類ではない
明治時代には、蜂須賀家14代当主の蜂須賀茂韶が明治天皇葉巻を失敬した時、それに気づいた天皇陛下は「蜂須賀、血は争えんな」と笑った話が残されているが、前述の通り別に盗賊ではないし、明治頃の皇室は徳川家はもとより、様々な大名の姫が嫁いでいるので、よく見てみると蜂須賀小六の末裔の血も入っている。なんだかなあ。

関連タグ

戦国時代 戦国武将 豊臣秀吉
蜂須賀五右衛門:ラノベ『織田信奈の野望』に登場する川並衆当主。秀吉の影武者となった主人公相良良晴股肱の臣。

ドラマなどで蜂須賀小六(正勝)を演じた人物

NHK大河ドラマ
大仁田厚:『秀吉
高山善廣:『功名が辻
ピエール瀧:『軍師官兵衛

pixivに投稿された作品 pixivで「蜂須賀正勝」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 24089

コメント