ピクシブ百科事典

相良良晴

さがらよしはる

相良良晴とは、『織田信奈の野望』の主人公。

CV:川原慶久(ドラマCD)、江口拓也(アニメ)

人物像

17歳の男子高校生。現代から突如戦国時代へタイムスリップしてしまう。
髪は茶髪でやや前髪に癖があり、その時代の基準ではフツメンらしい。
合戦の最中に織田信奈の命を救い、死んでしまった木下藤吉郎に代わり、足軽として織田家に取り立てられる(後に侍大将へ)。名前の「がらよしは」の頭と終わりをとって信奈に「サル」とあだ名を付けられる。
戦国物のゲームや歴史が好きで『織田信長公の野望』というゲームをほぼオールクリアしているほどだが、学力はいまいち(単純な四則計算を間違えるほど。ちなみに柴田勝家も似たようなもの)で、歴史上結構大事なイベントをど忘れしていたりもする。身体能力も平凡だが逃げることは上手くドッジボールがやたらうまい。

当初は乱暴な信奈に反発していたが、彼女の境遇や志を知り段々と惹かれていく。肝が座っており、信奈や身分が上の者にもタメ口で話したり、敵将を目の前にしても正面から対峙する。絶体絶命の時もゲームから学んだ知識や閃きを駆使して危機を乗り越えていく。お世辞にも上品とは言えない性格だが、不思議と多くの人々から信任を得ている。

ちなみに、大の美少女好きで本物の秀吉に勝るとも劣らないほどの好色だが、彼曰く『ロリは射程圏外』らしい。にもかかわらず、部下に幼女がいることに閉口している。

余談だが、戦国時代に「相良氏」という肥後国南部を支配していた大名が実在しており地の文ではその子孫らしいことを示唆する部分がある(そして、作中で本当に登場した)。また相良氏には織田信長とほぼ同時代に「相良義陽(さがら よしはる)」という当主がいた。
原作1巻の後書きには「字面が最悪」と作者本人が評している。

関連タグ

織田信奈の野望
織田信奈 織田信勝 ねね 柴田勝家 前田犬千代 丹羽長秀 明智光秀 蜂須賀五右衛門 
竹中半兵衛 松永久秀 今川義元 松平元康 斎藤道三 伊達政宗 ルイズ・フロイス 姫巫女

関連記事

親記事

織田信奈の野望 おだのぶなのやぼう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「相良良晴」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 85650

コメント