ピクシブ百科事典

松永久秀(織田信奈の野望)

まつながひさひで

『織田信奈の野望』の登場人物。

人物像

CV:浅野真澄

大和・多聞山城城主の姫大名。褐色肌の短髪美女。あだ名は「弾正」。
幻術や傀儡を扱い、宝蔵院流槍術の使い手でもある。主君の三好長慶が病死した後、有力大名や将軍家を次々襲撃してきた謀反人(相良良晴曰く、「ヤンデレが入っている」らしい)。斎藤道三とは旧知の仲。小説の口絵が確かならば穿いてない

織田信奈に清水寺での謀反を許されたのちに、「白弾正」として生まれ変わると宣言、織田陣営に参ずる。

アニメでは、信奈を邪魔に思い亡き者にしようと信奈包囲網を企む近衛前久や津田宗及らと共にいる。
しかし実際は、自らが褐色の肌を持つために南蛮人扱いされ差別を受ける今の日本の現状そのものを快く思っておらず、その国風はびこる現状の日本を転覆させるため彼らを利用して協同しているだけに過ぎなかった。
近衛らの策略によって信奈が京から一旦離れた隙を見計らい、次期将軍である今川義元を殺害し京都を制圧するため蜂起、将軍御所の清水寺を襲撃し明智光秀と一騎打ちを繰り広げ追い込むが、帰還した信奈に再び清水寺を制圧される。その折、自らと同じく日本で差別されている宣教師やキリシタン大名が信奈に助太刀する様子を見て、織田信奈ならば自らが望む国の形を実現できると直感し、織田軍に降伏した。
斎藤道三とは旧知の仲であり、かつて男女の関係に会ったことが仄めかされている。

以前仕えていた三好長慶のことは、心やさしい人物だと敬愛しており、世間が自身の長慶殺害を噂していたことには深い憤りと悲しみを感じていた。ただし、彼の弟や息子を殺したことは認めている。理由は『長慶の言うことをきかなかった』、『不孝だった』などだが、彼女は一度決めた相手には盲目的な愛情を注ぎ、その対象の心を乱す人物は、例えそれが善意に基づいて行動していても排除しようとするため、どの程度事実なのかは不明。なお、道三にその愛情は『悪女の深情け』であり、それが長慶を死に追いやったようなものだと言われている。

アニメ内では絶望こそが自らの快楽であると恍惚しながら言うシーンがあったが、その一瞬で『もしかしたらこのポーズ取るんじゃないだろうな』と感じた人もいるのではないだろうか。

関連タグ

織田信奈の野望 松永久秀 相良良晴 織田信奈 姫巫女 近衛前久

pixivに投稿された作品 pixivで「松永久秀(織田信奈の野望)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 45516

コメント