ピクシブ百科事典

北条氏

ほうじょうし

主に鎌倉時代、及び戦国時代で関東で覇権をとなえた平氏の一族を指す。家紋は共に三つ鱗(メイン画像)。
目次[非表示]

概要

主に下記の2つの一族を指す

鎌倉北条氏

伊豆の豪族で、桓武平氏、それも高望王、平貞盛の子孫である坂東平氏の一族とされる。北条時政の娘・北条政子源頼朝の妻となり、一族をあげて頼朝の挙兵を支援した。時政は鎌倉幕府成立後に初代執権となり、頼朝の死後、執権職を世襲して事実上の最高権力者となった。以後、十六代に及ぶ執権を輩出したほか、連署六波羅探題北方・南方、鎮西探題などの役職のほとんども北条氏が独占し鎌倉幕府を支配する。しかし、北条高時が元弘の乱に敗れ、幕府と共に一族の多くが滅亡した。高時の次男・北条時行は生き延びて建武政権の失敗に乗じて挙兵するも敗れ、続いて南朝方に属して室町幕府に対して反乱を起こすが敗れて処刑される。これによって北条氏嫡流・得宗家は事実上歴史から消えた。

後北条氏、小田原北条氏

上記との区別の意味で後北条氏とも呼ぶ。名称は上記にあやかったものであるが、鎌倉北条氏の嫡流後継者というわけではない。後北条氏の創始者として知られる伊勢宗瑞(後世には北条早雲の名で知られる人物)は伊勢氏の出であった。伊勢氏は鎌倉北条氏と同じく坂東平氏ではあるが、血縁上は鎌倉北条氏よりもむしろ平清盛の平家に近い。また伊勢氏は室町幕府政所執事を世襲する幕府の有力者として知られ、伊勢氏傍流の出であった宗瑞は関東平定を幕府から命じられたとの説がある。宗瑞の嫡男・伊勢氏綱の時代に北条に改姓。北条氏綱は正室の養珠院を鎌倉北条氏の末裔を称した横井氏から迎えて、鎌倉北条氏の後継者としての正統性を確保したらしい。第3代・氏康、第4代・氏政の代に関東一円に版図を広げたが、第5代の氏直の時代に豊臣秀吉に攻められ、事実上滅亡。その後、氏直を後見した氏政、氏照兄弟は切腹し、氏直は高野山に蟄居後、すぐに病死。第4代北条氏政の弟の氏規が北条家の再建を許され、江戸時代には河内狭山藩1万石の大名として復帰し、維新後、子爵に封じられた。

関連人物

鎌倉北条氏

北条時政 北条政子 北条義時 北条泰時 北条政村
北条時頼 北条時宗 北条時輔 北条高時

後北条氏

当主
北条早雲 北条氏綱 北条氏康 北条氏政 北条氏直
一族、家臣
北条幻庵 北条綱成 北条氏繁 北条氏照

pixivに投稿された作品 pixivで「北条氏」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 50638

コメント