ピクシブ百科事典

北条早雲

ほうじょうそううん

北条早雲は、関東地方の戦国武将。戦国時代の黎明期にその名を轟かせ、関東一円に強大な地盤を築いた時代の開拓者として知られる(1432年/1456年 - 1519年)。
目次[非表示]

概要

室町時代中後期(戦国時代初期)の武将で、「伊勢新九郎」と称し、諱は盛時。出家後は「早雲庵宗瑞」と号しており、これにちなんで現在の呼び名となっている。戦国大名となった後北条氏の祖であるが、存命中は前出の伊勢盛時や早雲庵宗瑞を名乗っており、そのため最近の歴史書では伊勢宗瑞という名で書いてあるものも増えてきている。

往年の通説では、素浪人から戦国大名にまでのし上がった下克上の雄として知られているが、近年では室町幕府の執政を務めていた伊勢氏の出身という、エリート街道にいたことが判明している。
つまり、成り上がり武士というよりは幕臣として活動する中で独立し、戦国大名となっていったと考えるのが正しいようだ。(関東の騒乱を憂えた幕府が、早雲に関東平定を命じたという説さえある)

戦に優れるほか、多くのを築城し、内政面でも幕臣時代に培った手腕を遺憾なく発揮して地盤固めに尽力した。とくに『早雲寺殿廿一個条』は分国法(戦国大名が制定した自領内の法規条文)の祖形と呼ばれ、多く大名がこれにならって分国法を考案していった。

前半生

永享4(1432)年もしくは康正2(1456)年、室町幕府申次衆・伊勢盛定の嫡男として備中荏原荘(現・岡山県井原市)に生を受ける。弟に弥二郎(盛興とも)、姉妹に北川殿(駿河守護・今川義忠の正室)がいる。早くから領国である荏原荘の経営に当たりつつ、父と同様に幕府にも出仕しており、在京の間には京都の大徳寺などで禅や軍学を学んでいた事もある。

文明13(1483)年に9代将軍・足利義尚の申次衆に任ぜられ、さらに奉公衆となった長享元(1487)年には、駿河へと下向し今川家の家督を代行していた小鹿範満を誅殺。今川家は先代当主の義忠の戦死後、その遺児で早雲の甥でもある龍王丸(後の今川氏親)と範満との間で深刻な家督争いが発生しており、これを調停するために早雲が下向し一度は和議を結んでいたという経緯があった。

早雲の二度目の駿河下向は、この時に結ばれた「龍王丸が成人した後に家督を返す」という条件が反故にされた事を受けてのもので、この功績により伊豆国境に程近い興国寺城を所領として与えられ(居城については異説あり)、その後約20年に亘って氏親に協力していく事となる。

伊豆討入り~小田原城奪取

明応2(1493)年頃から伊豆に攻め入る。自身の手勢に加え氏親からも兵を借り、海陸両方から次第に堀越公方の足利茶々丸や各地の国人を平定し、韮山城に拠る。

この一件には関東の有力武家で、堀越公方とも対立関係にあった扇谷上杉氏の手引きがあったという見方も強い一方、堀越公方には先代である足利政知の死後、素行不良から廃嫡されていた茶々丸が継母と異母弟を殺害して強引に跡目を継いだという背景があり、茶々丸に母や弟を殺された将軍足利義遐(後の足利義澄)からの命により、幕臣として出兵したという説もある。

この伊豆侵攻により堀越公方を滅ぼすと、それまでの多数の公家や武士が競って収奪する複雑な中世の税制を改め、四公六民(一律税率40%)という簡素で軽い税を定めたとされる。領民の好感度を高めて伊豆の統一に貢献したばかりか、領国の中央集権化にも貢献して後の戦国大名や江戸幕府の模範になったともいう。出家し「早雲庵宗瑞」と号するようになったのもこの前後の事である。

協力関係にあった扇谷上杉氏内部の混乱に乗じ、明応4(1495)年9月から文亀元(1501)年3月までの間に大森藤頼小田原城を攻略、以降早雲は関東進出を本格化させていく。この戦いでは、外交で藤頼の歓心を買いながら「箱根山での鹿狩りの為に領内に勢子を入れさせて欲しい」という口実で伏兵を送り込み、一気に小田原城を急襲して攻め落としたとされる。早雲亡き後、北条氏の本城となる小田原城だが、この時点ではあくまで支城の一つという位置付けに過ぎず、早雲自身は終生韮山城を居城としている。

その間今川の武将としても引き続き活動しており、明応年間から文亀年間にかけて遠江・三河へと進出し、領国拡大に尽力している。

相模平定

永正年間に入ると、以前から続いていた山内上杉・扇谷上杉両氏の抗争を巧みに利用して領域を拡大し、永正元(1504)年の武蔵立河原の戦いでは氏親と共に扇谷上杉氏の援軍として参戦、山内上杉氏と古賀公方の軍勢を打ち破っている。永正3(1506)年には小田原付近で検地を実施。新基準による貫高の採用が確認され、新しい領国支配体制の基礎が固められている。

しかし伊豆討入り以来協力関係にあった扇谷上杉氏が、立河原の戦いに勝利したにも拘らずその後の反攻で山内上杉氏に屈服。これにより両上杉氏と対立する形となった早雲は、以前から山内上杉氏と対立関係にあった上野の長尾景春や、その同族である越後の長尾為景と連携し背後を脅かす事で、両上杉氏を牽制している。永正6(1509)年には両上杉氏が北関東・越後へ遠征した隙を突き、当時扇谷上杉氏が本拠としていた江戸城にまで迫るも、両上杉氏や相模の有力豪族である三浦義同(道寸)の反転攻勢により、翌永正7(1510)年には逆に小田原にまで迫られるなど手痛い敗北を喫する事となる。

一時窮地に追い込まれた早雲であったが、同時期に勃発した永正の乱により両上杉氏が動けなくなった間に体勢を立て直し、永正9(1512)年8月には義同の本拠である岡崎城を陥れ、住吉城へと敗走せしめる。これにより初めて鎌倉の土を踏んだ早雲は、10月には当地に玉縄城を築き相模攻略の拠点とした。翌年以降も早雲の攻勢は続き、義同の反撃や扇谷上杉氏の援軍を退けてさらに新井城まで追い詰める。3年にも亘る包囲戦の末、永正13(1516)年7月に新井城は落城。義同は息子の義意や家臣ら共々討ち滅ぼされ、ここに早雲は相模全域を平定したのである。

相模平定後も上総の真里谷武田氏を支援し、房総半島での戦いに明け暮れた早雲であったが、永正15(1518)年に家督を嫡男・氏綱に譲り、翌永正16年8月15日(1519年9月8日)に死去。享年は88もしくは64と伝えられているが、いずれにせよ「人間五十年」と謳われた当時としては長命の部類に入るのは間違いない。

早雲の死後、北条氏(後北条氏)を称した子孫らは周辺諸国へと勢力を拡大、五代に亘って関東に一大版図を築き上げる事となる。

信長の野望

初出は「蒼天録」のパワーアップキット。シリーズ10作目で満を持しての登場という事もあり、その能力値もシリーズ中トップクラスである。また年齢は永享4年生誕説を採用し、1495年時点で64歳として設定されている。「蒼天録」の他「革新」「天道」にも登場。

関連タグ

戦国武将 関東 伊豆 東海道
下克上 北条氏
北条氏綱 北条氏康 北条氏政 北条氏直

井原鉄道:自社運営路線である井原線内に「早雲の里荏原駅」を設置している。
野心姫・北条早雲(戦国コレクション)
ゆうきまさみ 早雲が主人公の漫画『新九郎、奔る!』を2018年より執筆。

pixivに投稿された作品 pixivで「北条早雲」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 152068

コメント