ピクシブ百科事典

真田信繁

さなだのぶしげ

真田幸村の元となった歴史上の人物。真田昌幸の次男。通称は左衛門佐、輩行名は源二郎(源次郎)。
目次[非表示]

概要

  • 生誕:永禄10年(1567年)

※一説では永禄13年2月2日(1570年3月8日)とも言われている。

  • 死没:慶長20年5月7日(1615年6月3日)
※一説では寛永18年(1641年)とも言われている。

一般的には「真田幸村」の名前で知られるが、存命当時の資料でこの名前は見当たらず、後世つけられたものとされる。

この項目では史実における「真田信繁」について扱うものとし、講談等、各種創作作品で有名になった「真田幸村」については当該項目参照。

この項目では「講談で描かれた事象のうち、史実のように知られる事象」と「実際の史実における事象」との違いを比較する場合のみ幸村を扱うものとする。

真田幸村RT-1


人物

真田昌幸の次男として、1567年に生まれる、兄は信之真田家は当時武田信玄の配下であったが、1582年に武田家が滅亡して以降、人質として上杉家や羽柴(豊臣)家に出されたりしたが、いずれの家でも扱いは高かった。豊臣家では、豊臣秀吉の馬廻り衆に取り立てられ、父・昌幸とは別に、1万9千石を領した。1594年、従五位下左衛門佐に叙任されている。この間、大谷吉継の娘を妻としており、これが関ヶ原の戦いでの伏線ともなっている(兄・信之の妻は本多忠勝の娘小松姫

1600年の関ヶ原の戦いでは、父・昌幸と共に、西軍につき徳川秀忠の軍を上田城にて釘付けにして、関ヶ原に間に合わせなかったという功績を建てるが、肝心の西軍が徳川家康に敗れたため、処刑されそうになった。しかし東軍についた兄・信之の助命嘆願もあり、高野山の九度山に配流となる。

1611年、父・昌幸が配流先の九度山で死去。信繁は出家し、好白と号した。信繁は期待していた赦免も受けられず、また昌幸に付き従っていた家臣の大半に暇を出していた。姉・村松殿の夫である小山田茂誠への手紙で、「去年より俄ニとしより」「は(歯)なともぬけ申候、ひけ(髭)なともくろきハあまり無之候」と老いを嘆いたのはこの頃である。

1614年になると、大坂方と徳川方の緊張が高まり、一触即発の雰囲気となる。そんな中、大坂方からの誘いを受けて大坂城へ入城することになる。(→大坂の陣

後世の創作作品の影響から、戦功が過剰にいわれる事が多いが、大坂の陣以前の真田氏による戦い(上田城での2度に渡る徳川軍の撃退など)の殆どは父・昌幸の主導によるもので、信繁が活躍したとする文献はほとんど存在しない。よって当時は「真田」と言えば昌幸もしくは信之を指すのが常識。創作で、幸村入城の知らせを聞いた家康が「親の方か、子の方か」と問いただし、子(幸村)の方だと聞き安堵したというのはこれが元になっている。

大坂の陣では、冬の陣で構築した「真田丸」攻防戦で徳川勢を退け、初めて名を挙げた。「真田丸」は徳川方に強い印象を与えたようで、戦後、徳川方によって破却されたあとも、しばらく「真田丸」は地名として残った。

冬の陣の講和後、徳川方は信繁を始めとする牢人衆の退去を迫った。豊臣秀頼は退去やむなしという姿勢で、牢人衆は徹底抗戦派、中間派、退去容認派に分かれた。信繁は中間派で、徳川との再戦は望まないが、正式に豊臣に召し抱えて欲しいという立場であった。しかしそれは叶うことなく、徳川との再戦になった。

1615年の夏の陣では、旧暦5月7日、徳川家康の本陣を三度突撃し、一時は家康自身も逃走したが、巻き返されて戦死した。

死後

信繁の子のうち次男・守信(大八)が伊達政宗の家臣片倉重長に保護され家臣となる。その存在は幕りされてきたが、後に真田姓を公式に名乗ることを許され、真田信繁の血統を現在まで守っている(なお信之の直系の血筋は江戸時代中期に途絶えているがこちらも現在まで家名は続いている)。他に三男・三好幸信(母親は豊臣秀次の娘(大河ドラマ『真田丸』における「たか」)で、出生は信繁の死の2ヶ月後)は出羽亀田藩主岩城宣隆の元で仕えるなど、いずれも賊軍の将の子としては破格の待遇を各所で受けることになる。

評価

信繁への評価のほとんどは、大坂の陣によるものである。細川忠興は、その戦死のありさまを「古今これなき大手柄」と評し、島津忠恒は次のように述べた。「五月七日に、御所様(家康)の御陣へ、真田左衛門仕かかり候て、御陣衆追いちらし、討ち捕り申し候。御陣衆、三里ほどずつ逃げ候衆は、皆みな生き残られ候。三度目に真田も討死にて候。真田日本一の兵、古よりの物語にもこれなき由。惣別これのみ申す事に候。」
「真田日本一の兵」として有名な話だが、歴史家の丸島和洋によると、「惣別これのみ申す事に候」は「みんなこのことばかり言っている」という意味で、参陣した諸大名の評判を聞き書きしたものだという(忠恒自身は大坂の陣では戦っていない)。家康旗本の大久保忠教も、『三河物語』で、御旗(馬印)が倒されたのは三方原以来と述べており、信繁の突撃の激しさを物語っている。

しかし一方、信繁の名声が広まった結果、他の牢人、たとえば毛利勝永の功績が霞むようにもなってしまった。江戸中期、神沢吐口は『翁草』で、「惜しい哉後世、真田を云て毛利を不云、是毛利が不肖歟」と、毛利勝永の功績が埋もれてしまったことを残念がっている(吐口の先祖は、勝永に従って大坂の陣に参戦していた)。

そして信繁自身も、1672年刊行の軍記物語『難波戦記』などから「真田幸村」の名で知られるようになり、本名で呼ばれることは少なくなった。ついには、信之の子孫までが「大坂入城後に幸村と改名した」と認識するようになった(実際は生前に幸村と名乗ったことは一度もない。死の前日の感状でも、署名は「信繁」である)。そのため、江戸幕府が諸大名家に系図を報告させて作った『寛政重修諸家譜』でも、信繁から幸村に改名したことになっている。

こうしたことから、軍記物や講談などによって評価が一人歩きすることになった。信繁は大坂の陣の活躍だけが知られ、前半生はほとんど知られていなかったので、前半生を二次創作で補うにはうってつけのキャラクターだった。

信繁の前半生が、改めて見直されるようになるには、20世紀末、平成年間を待たなくてはならなかった。

名前の誤記について

もっとも、名前の誤記が定着したのは、この時代にはさほど珍しくはない。真名)を避け、官職・通称や輩行名で呼ぶ習慣から、後世になると子孫でさえも本名がどれであったか判らなくなることがあったからである。たとえば信繁の祖父は真田幸隆の名で知られるが、幸綱が正しい。大坂牢人衆の一人である後藤又兵衛の名は、通説では基次だが、書状などから正親が有力視されているなどの例がある。

別名・表記ゆれ

真田幸村(講談・その他創作作品における概要はコチラを参照)
左衛門佐(さえもんのすけ / 記事は他の同名人物の説明)…官位
弁丸…幼名

関連タグ

日本史 戦国時代 真田家 真田兄弟

関連人物

血縁者・親戚

真田昌幸(父) 山手殿(母) 村松殿(姉) 真田信之(兄)
竹林院(妻) 真田大助(子) 真田阿梅(娘)

真田幸隆(祖父) 恭雲院(祖母)
真田信綱(伯父) 真田昌輝(伯父) 真田信尹(叔父)
矢沢頼綱(大叔父) 矢沢頼康(従兄弟違)

大谷吉継(岳父)
小山田茂誠(姉婿/義兄) 小山田之知(甥)
稲姫/小松姫(兄嫁/義姉) 真田信吉(甥) 真田信政(甥)

大坂牢人五人衆

長宗我部盛親 後藤又兵衛 毛利勝永 明石全登

pixivに投稿された作品 pixivで「真田信繁」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 242200

コメント