ピクシブ百科事典

真田昌輝

さなだまさてる

戦国時代の武将。真田幸隆の次男。通称兵部。兄・信綱と共に長篠で討死した。
目次[非表示]

プロフィール

生没 1543(天文11)年~1575(天正3)年

真田幸隆の次男。
仮名:徳次郎
官途名:兵部丞、兵部少輔
通称:兵部、兵部少
兄:信綱
弟:昌幸信尹
子:信正

生涯

早くから武田信玄に小姓として仕える。戦場においても伝令部隊「百足衆」の一員として活躍し、信玄に「兵部(昌輝)は我が両眼なり」と高く評価される。父・幸隆や兄弟の信綱や昌幸とともに武田二十四将にも数えられる(ただし昌輝と昌幸はカウントされないことがある)。

戦においては信綱の副将として活躍することが多く、永禄12年の三増峠の戦いでは殿を務めて戦功をあげている。

天正3年の長篠の戦いでは、信綱と共に馬場信春の指揮下に入り右翼部隊として奮戦するも兄と共に戦死した。享年33。

子孫

子の信正は叔父の昌幸に養育されたが、関ヶ原の合戦後に従兄弟の信繁(幸村)ともども九度山に配流されてしまう。のち、越後高田城主の松平忠輝(徳川家康の六男)に仕え、忠輝改易後は松平忠昌(結城秀康の三男)に仕えた。のち忠昌は改易された長兄・忠直に代わって越前松平家を継ぎ、信正も北ノ庄(福井)へ同行。信正の子孫は代々越前家に仕え信正の家は福井真田家と呼ばれるようになった。

関連タグ

真田家 真田幸隆 真田信綱 真田昌幸 真田信尹
武田二十四将

関連記事

親記事

真田家 さなだけ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「真田昌輝」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「真田昌輝」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 233

コメント