ピクシブ百科事典

馬場信春

ばばのぶはる

馬場信春(永世12年(1515年)-天正3年5月21日(1575年6月21日))は、戦国時代の武将で、武田四名臣の一人。
目次[非表示]

概要

生年に関しては永正11年(1514年)とも永正12年(1515年)とも言われる。

馬場家系図によると馬場氏は、清和源氏の中の摂津源氏、源頼光のひ孫の源仲政(馬場仲政)を遠祖とする源姓の氏族。摂津源氏の一派である美濃源氏の土岐氏の祖となる源光信(土岐光信)の孫で、美濃国土岐郡に土着した土岐光衡の一族で、甲斐国教来石村に移り教来石氏を名乗る。信春もまた教来石(きょうらいし)景政と名乗り、後に馬場氏の名跡を継いで馬場信房と改名、さらに改名して信春となる。通称ははじめ民部少輔、のち美濃守。

武田信虎の時代から武田氏に仕える。武田晴信(信玄)の初陣である海ノ口城攻めに参加し、敵将・平賀源心を討つという功績を挙げたといわれている。天文10年(1541年)の信玄の信虎追放計画に参加していたといわれている。

信玄が武田氏の当主となり、その直後から諏訪・伊那(いずれも信濃国)攻めが始まると、これに参加して武功を挙げた。このため信玄から、甲斐武田氏譜代の名門である馬場氏を継ぐことを許され、同時に50騎持の侍大将となり、名も景政から信房と改めた。

その後も信玄の信濃攻めに参加して武功を挙げたため、永禄2年(1559年)に120騎持に加増され、譜代家老衆の一人として列せられた。川中島の戦いでは、上杉軍の背後を攻撃する別働隊の指揮を任されたと言われている。永禄5年(1562年)には前年に隠退した原虎胤にあやかって美濃守の名乗りを許され、馬場美濃守信春と改名する。

永禄11年(1568年)の駿河攻めにも参加する。永禄12年(1569年)の三増峠の戦いでは、先鋒として北条軍と戦い、武功を挙げた。元亀3年(1572年)の信玄による西上作戦にも参加し、信玄から一隊の指揮を任されて只来城を攻略した。三方ヶ原の戦いにも参加し、徳川軍を浜松城下まで追い詰めるという武功を挙げた。

元亀4年(1573年)4月、信玄が死去すると、山県昌景と共に重臣筆頭として武田勝頼を補佐するが、山県と同じく、勝頼からは疎まれたという。天正3年(1575年)5月の長篠の戦いでは山県と共に撤退を進言するが容れられず、代わりの策も勝頼の側近に退けられるといった有様であった。ただし、これは確たる資料に出てくる話ではなく、後世の作り話である可能性が高い。

5月21日の設楽原での織田・徳川連合軍との決戦では武田軍右翼の中核に配されるが、味方は敵の防御陣を突破できずにいた。元々、数で劣る味方の攻勢が長続きする訳がなく、次第に崩れだした武田軍は、有能な人材を次々と失い、戦線は崩壊。大敗を喫した勝頼が退却するのを見届けると、殿軍を務めていた自身は反転して追撃の織田軍と戦い、戦死した。『信長公記』に「馬場美濃守手前の働き、比類なし」と評される最期だった。享年61。この戦死まで、戦場で傷を受けたことは無く、「不死鳥鬼美濃」、「不死身の鬼美濃」と呼ばれていた。豊川(寒狭川)沿いの出沢(すざわ、新城市出沢)が戦死の地とされており、石碑もある。

(日本語版Wikipediaより)

戦国大戦において

武田家の武将として、Ver1.0x「1560 尾張の風雲児」及びVer1.1x「1570 魔王上洛す」の年代ごとの姿で参戦。
1560年の姿(SR仕様)と、1570年の姿(R仕様)それぞれを解説する。

SR仕様解説

上の見出し画像の姿で、壮年期を迎えた、渋くも雄々しい頃の姿。
二つ名は「武田二十四将」。

スペックはコスト3 武力9/統率7の槍足軽で、特技は「攻城」と「気合」。
コスト相応の高くバランスの取れた武力・統率に「気合」による高い耐久力を誇る。

持ち計略であり、彼の異名とされた「不死身の鬼美濃」は、自身の兵力を150%と大幅に回復させ、更に統率を大きく引き上げる効果。
大筒の防衛から虎口攻めで敵軍を強引に押しのけて突撃、逆に自軍の虎口の防御と、兵力回復+超高統率により、元々の高い耐久を思う存分活かすことが出来る。

「鬼美濃の戦
    見せてやるとしようか」

R仕様解説

馬場信春



二つ名は「武田四名臣」。
SRの頃と比べ、更に渋さが増した。
ぱっと見では「任侠の親分」のようにも見える。

スペックはコスト2.5 武力7/統率10の弓足軽で、特技は「制圧」と「気合」。
SR仕様と比較してコストが0.5減り、それに伴い武力が2減ったが、統率が3上がり、兵種も近接戦の槍足軽から射撃の弓足軽に変更されている。
また、「攻城」が「制圧」に変化しており、高武力の弓足軽・高統率・「制圧」と、大筒を中心にした立ち回りでは非常に心強いスペックへ変化した。
武力も若干下がったが、「気合」からくる高い耐久力も健在。

持ち計略も「自身だけを強化」する「不死身の鬼美濃」から「泰山の陣」という陣形計略に。
こちらは陣形内で「静止している時間」に比例して自身と味方の武力を徐々に引き上げていく陣形計略。
自身の移動を封じてしまうが、静止していることで弓を撃てる兵種の関係上、逆に好都合ともいえる。
大筒の上で使うのも勿論有効だが、展開している時間が長く、撃つ気の無い2発目を装填してしまうこともあるため注意が必要。
また陣形のため「挑発」(黄梅院など)などを受けても、常に陣形に居る自身には「移動不可」の状態が常に掛かり続けるため、誘導されることもない。

山の如くどっしりと構えて敵軍を迎え撃ち、敵軍の攻撃を跳ねのけてやろう。

「武田の強さを示せば、
    それで戦は終わるだろうよ」

pixivに投稿された作品 pixivで「馬場信春」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 53735

コメント