ピクシブ百科事典

里美

さとみ

里美は、戦国時代の武将として有名な武田信玄の側室である。 禰津御寮人という名前で知られているが、小説「武田信玄」を書いた新田次郎氏により里美と名付けられている。
目次[非表示]

概要

生誕:不明
死没:不明
信濃国小県郡の領主禰津元直の娘。
1542年に武田家に嫁いだと言われるが、彼女にとっての第一子である信玄の七男武田信清を出産したのは1560年であり、その差から異論がある。その後の動向は不明であるが、信清は一度出家した後上杉家に仕えた。

登場作品における里美

戦国大戦』シリーズにおける



絵師:小室和生
声優:三澤紗千香
一人称は「里美」。

武田家の武将として参戦。
男勝りな性格であり、かなり際どい衣装に身を包んだ活発な女性として描かれている。

スペックはコスト1.5 武力5/統率4の騎馬隊で、特技は「魅力」。
持ち計略は「早駆け」は、自身の移動速度を上げるもの。
突撃までのサイクルを早める・端攻めなどをしてきた敵軍の迎撃に直接回る・敵鉄砲隊の妨害に動くなど、用途は多岐にわたる。

『全部、里美にお任せよ!』

補足

戦国大戦の女性武将の中ではトップクラスの武力(といっても5だが)と機動力を誇り、「魅力」を持つために、スペックがほぼ同じで無特技の山浦国清の上位互換とされてきた。しかしバージョンアップで国清の統率が上がったため、今は住み分けされている。

関連イラスト

武田さん家の里美ちゃん
里美、(背景が)こんなのじゃ物足りないんだけど!



関連タグ

戦国大戦  戦国時代

pixivに投稿された作品 pixivで「里美」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 430750

コメント