ピクシブ百科事典

赤備え

あかぞなえ

戦国武将・武田信玄が擁した戦国最強の騎馬軍団。 山県昌景が率いていたことで有名。 武田崩壊のちは、徳川家康の家臣・井伊直政に受け継がれることとなる。
目次[非表示]

赤備え(あかぞなえ)はとは、日本の戦国時代に存在した部隊の一つである。

概要

具足差物などのあらゆる武具・装飾を塗りにした部隊。戦国時代では赤以外にも色・色等の色で統一された"色備え"があったが、当時赤は高級品である辰砂で出されている。
戦場でも特に目立つため、赤備えは特に武勇に秀でた武将が率いた精鋭部隊である事が多く、後世に武勇の誉れの象徴として語り継がれた。

最強騎馬軍団 ―― 武田・井伊の赤備え

赤備えを最初に率いた武将は甲斐武田氏に仕えた飯富虎昌とされ、以後赤備えは専ら甲斐武田軍団の代名詞となる。飯富虎昌のあと、山県昌景が赤備えを受け継ぎ、その強さを不動のものとしていく。
長篠の戦いによる武田氏崩壊の後は、徳川家康によって拾われた赤備えを井伊直政が預かり、彼らを率いて勇猛果敢な活躍を見せる。これにより、武田の赤備えは"井伊の赤備え"と名を変えつつ、名実ともに戦国最強の騎馬部隊として今日に語り継がれることとなっている。
また、大坂の陣では真田信繁が赤備えに身を包んで徳川の軍勢に立ち向かったが、これも武田の赤備えを意識してのものであったと言われている。

赤備えの終わり

戦国から江戸時代を通じて維持され続けた井伊の赤備えであったが、明治維新の際の戦いにて長州藩から夜襲を受けた際に敵味方の判別が容易という弱点を晒し、以降も格好の的となる事態を招いてしまう。鳥羽伏見の戦いに於いて彦根藩兵はそれまでの装備を全員脱ぎ捨てて寝返り、ここに赤備えの伝統は姿を消すこととなった。

関連タグ

 甲冑 戦国
武田信玄 山県昌景 井伊直政 真田信繁(幸村)

pixivに投稿された作品 pixivで「赤備え」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 263277

コメント