ピクシブ百科事典

島津豊久

しまづとよひさ

島津豊久とは薩摩の戦国武将、及びそれをモデルとする人物。
目次[非表示]

史実

薩摩島津氏一族の戦国武将。父は第十五代目当主島津貴久の四男でその軍法戦術で知られる島津家久
父が総大将を務めた沖田畷の戦い(対龍造寺隆信戦)で初陣を果たし、敵一人を討ち取っている。
その後豊臣秀吉による九州征伐が始まり、島津氏は豊臣氏に降伏することになる。しかし、父家久が急死。以後は家久の兄である島津義弘に養育され、実子同様に扱われたという。
やがて父の跡を継いで日向佐土原城城主に就任。秀吉に従って文禄・慶長の役や小田原征伐などに従軍する。秀吉の死後は、重臣伊集院氏との内乱である庄内の乱に出兵して武功を挙げる。
関ヶ原の戦いにおいては伯父義弘と共に西軍として参加。しかし、庄内の乱の影響で大軍が送れず、更に義弘が提案した作戦が一蹴されるなどが原因で西軍に対する不信感が募り、戦闘には積極的に参加しなかった。
関ヶ原本戦で西軍が敗れると、切腹を覚悟する義弘に撤兵を促し、有名な島津の退き口を展開する。豊久は先陣を務めるが、徳川家康による追撃は激しく、義弘の身代わりとなって戦死した。

伝承

あくまでも伝承ではあるが、豊久は戦死した折に複数の槍に突き上げられ三度宙を舞い、その陣羽織はボロボロになったと言われる。後にある親がまだ赤ん坊である自分の子供を高い高いしているのを微笑ましく人々が囲んで見ていた時、豊久の最後を見た者が血相を変えて止めに来たので、人々が驚いて理由を尋ねると、彼は「豊久様の最期の光景にあまりに似ていた」と語り落涙したといわれる。

采配のゆくえ

采配 島津豊久+鬼ぼんたん(を捕まえるのが上手い



西軍の武将であり、義弘の甥。実際に島津隊の指揮をとっている。
伯父・義弘に心酔し、その指示に従って「関ヶ原」に参加している。
石田三成を嫌ってる様子。


ドリフターズ

【らくがき】首おいてけ



PV・テレビアニメ版CV:中村悠一
詳細⇒『妖怪首おいてけ
関ヶ原の合戦で捨てがまりを行い、重傷を負って山中を彷徨っていたところで異世界に迷い込む。

『うっかり戦国4コマ かいこ』

とよひーさ



久山ちずうっかり戦国4コマ かいこ』の登場人物。

戦国無双4

豊久たそ~



【若き薩摩隼人】(CV:宮坂俊蔵
一人称:俺  身長:172cm  武器:大鉞
薩摩・島津家の血気盛んな若武者。
詳細はこちら→島津豊久(戦国無双)

その他

大河ドラマ

大河ドラマ徳川家康』、『葵徳川三代』、『功名が辻』の登場人物。

ゲーム

信長の野望』、『太閤立志伝』、『決戦』の登場人物。

関連タグ

戦国武将 武将 創作戦国 島津家 
九州勢 鹿児島県 宮崎県

pixivに投稿された作品 pixivで「島津豊久」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8205909

コメント