ピクシブ百科事典

妖怪首おいてけ

ようかいくびおいてけ

日の本言葉 しゃべれないなら 死ねよ  首 置いてけ 
目次[非表示]

大将首だ!!
大将首だろう!?
なあ 大将首だろうおまえ
首置いてけ!! なあ!!!

(島津の方言で「こんにちは、いい天気ですね」の意)

PV・テレビアニメ版の声:中村悠一

詳細

島津が生んだ薩人マシーン島津豊久は敵の大将首が大好き。
今日も戦で捨てがまりです
おやおやお豊さん、こんなところで途中下車ですか(滝口順平の声で)

詳しい経緯(警視庁による発表)

平野耕太の漫画『ドリフターズ』の主人公、島津豊久のこと。
鹿児島弁に似た口調で話す。
初陣の折、首級を挙げたのをおやっど殿に褒められたのがよほど嬉しかったらしく、敵の首級を挙げるのが生きがいになる(作中よりやや曲解)
異世界に飛ばされた後もまるで達磨落としのように首を刎ね続け、敵の大将を見るや前述のご挨拶を述べる始末。
結果、動向を監視していた十月機関オッパイーヌによって妖怪認定。

上記の台詞を放ったコマのインパクトのためか、たびたびパロディ絵が投下される。

置いてけ置いてけ
ともだちふえるね


妖怪地デジ化してけ
妖怪旗上げてけ



※島津つながりのパロディ絵。お豊よりも怖い・・・

誰か描いてると思ったんだけど



※いや、確かにこっちも妖怪だけど……

妖怪首置いてけニャン



以下『ドリフターズ』の島津豊久の真面目な概要

正式名称「島津(しまず)中務少輔(なかつかさんしょうほ)豊久(とよひさ)」現在30歳。
一人称は「俺(おい)」、複数人の時は「俺(わい)ら」
関ヶ原の合戦で伯父・島津義弘を逃がすために捨てがまり(敵を引き付け味方を逃がす言わばしんがり)を行い、追手の井伊直政と交戦。
兵士たちに槍で全身を貫かれつつも、数本を刀で斬り落とし急所から外しつつ、短筒で井伊直正を撃つ。
そうして井伊直正を撃退した後、森の中で今しも討ち死にというところで異世界に迷い込む。

人生はっぱ隊。薩摩が生んだ殺人マッシーン。薩人マシーン。(作者談)
現代の30代レベルの薩摩訛りで喋る。70歳以上の薩摩訛りになると通訳が必要になるから仕方ないね。史実の豊久も通訳をする側だったとか。

人物像

「これが夢か現実か何もわからん!! だったら俺は突っ走ることしか知らん!!」

戦のことが頭の中の大半を占めており、寝ても覚めても首をとることしか考えていない模様。
頭自体は悪くないが、戦と首を取ること以外に頭をあんまり使用しない(阿呆だがバカじゃない、戦バカではあるが)。
よく空気を読まない言動が目立つが、これは幼いころから教育されて身に付けたもの。織田信長曰く「空気を読めないのではなく読まない。」。
これにより敵の策略や鼻っ柱をへし折り、逆に味方の士気を高める。

非常に好戦的で、本人も「薩摩ん兵子で血迷うておらんもんは一人もおらん」と認めるほど。
しかし、その反面自分を助けたエルフを庇い加勢したり、女子供に対する非道に憤慨するなど、義理堅く情に篤い一本気な性格。

何があろうと己の信念に基づいて行動する良くも悪くもブレないその姿勢は、多くの味方陣営から信頼されているが、真っ直ぐすぎる面は一部からは危惧されてもいる。
敵の首をとることに執着しているものの、非道な行いをする大将は首をとる価値すらないとして斬り捨てる。
また「女子の首は手柄にはならない」として、ジャンヌ・ダルク相手には手加減をして殺さなかったりしている(それでも思いっきり殴って気絶させた)。
この行動についてアナスタシアからは「殺さなかっただけで、そのあと相手がどうなろうと一切考えない自己満足」とあまり快く思われていない。

非道な重労働でやせ衰えたドワーフたちのために食糧庫の兵糧や戦用の馬を食べさせたり、エルフたちに島津流の一撃必殺の剣術を教えて「外したら死ね」と言い放つなど、色々と規格外の行動で常に周囲を振り回す。
敵の死体を火薬の原料として扱い「首ではなくただの肉袋に魂が宿るわけない」と言う・自身の死を何とも思わないといった独自の死生観を持ち、オルミーヌからは興味を持たれると同時に畏怖されている。
島津の力を絶対的に信じており、関ヶ原の後自分たち島津の子孫が幕府を滅ぼすこと(つまり西郷隆盛たちの明治維新)を確信していた。

戦闘能力

「俺らは人ぞ 俺らは俺らの理で走る」

  •  騎馬兵を馬ごとぶった斬る
  •  鎧騎士を鎧ごと胴体真っ二つ
  •  打ち合った剣ごと首を切り落とす
  •  オルミーヌの土壁を発射台に自身を高速射出
  •  散弾銃で相手を自分ごと撃たせる
などとにかく破天荒な大暴れで戦場をかき乱す。

武器は主に大型の野太刀を使用し、タイ捨流をベースに示現流を含めた複合剣術による一撃必殺の攻撃を得意とする。
一対一の剣の戦いには拘らず、組手甲冑術による組み伏せ、鞘による追い打ちなど使える物はすべて戦いに活かす。
身に着けている脇差や短筒はあまり使用しないが、爆薬などの火器の扱いにも長けている。

生まれつき人を戦へと駆り立てる雰囲気と能力が備わっており、戦の際には兵の配置や武器だけでなく、それが敵兵にもたらす精神的な影響まで考慮している。
本人曰く島津の進軍速度は異様に早く、織田信長をして「戦闘民族」と言わしめる。
土方歳三との一騎打ちの際には建物に逃げ隠れしながら食べ物を投げてぶちまけたりしており、土方から「士道はないのだな」とキレられた。
それに対して豊久は

「こい(これ)は合戦ぞ 首の掻き合いに道理などあらんぞ  使える手ぇば何でん叩っ込まねば 相手に申し訳ばなかど」

と述べており、あらゆる手を尽くして戦いに挑む事こそ侍の礼儀として、後年の美化された士道に当てはまらない価値観を持つ。

関連イラスト

貴様の首はいらん 命だけ置いてけ!!

クビオイテケ
無題


妖怪首置いてけ
おとよ


島津豊久
首置いてけ!なあ!!なあ!!!



関連タグ

  • ドリフターズ
  • 島津豊久
  • 鹿児島弁
  • モンスターハンターダブルクロス…配信専用のクエストをクリアすることで豊久とのコラボ武器が入手できる。ただしあちらは砕竜など鋼以上の強度が当たり前の素材で鍛え上げた対モンスター用の武器で、一応ただの鋼の刀で折れも受け止められもする豊久の刀とは別物。ちなみに太刀ではなく大剣扱い。
  • ガンダムAGE-FX…直接的な関連性はないが、その独特の戦いぶりがこう揶揄されることがある。
  • 牛若丸(Fate)…別名「ブレーキの壊れた忠犬」。マスター思いなのだが、その言動が「敵を薙ぎ直して首級を沢山獲ってくる」というダメな方向に偏っている。なお彼女の愛刀「薄緑」は、一説には薩摩島津の祖である島津忠久が授かって代々の家宝にしたという逸話がある。
  • “山の翁”…とうとう出ちゃったFateシリーズにおけるガチの首おいてけ。好きなものが「首」で、宝具首狩り、戦闘中やマスターとの私室での会話でも「首を出せ」が頻出する。

pixivに投稿された作品 pixivで「妖怪首おいてけ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3424744

コメント