ピクシブ百科事典

ラスプーチン

らすぷーちん

帝政ロシア末期の政治的権力者。不死身伝説などがある。
目次[非表示]

人物

ラスプーチン帝政ロシア末期の聖職者(一応。生殖者でも性職者でもない筈)。
フルネームはグリゴリー・エフィモヴィチ・ラスプーチン。(Григорий Ефиммович Распутин)

1904年サンクトペテルブルクで人々に病気治療を施して信者を増やし、皇族ニコライ大公の妻アナスタシヤ大公妃に取り入って政治に関与する。
イギリス女王ヴィクトリアに由来する血友病に苦しんでいた皇太子アレクセイ(ヴィクトリア女王の曾孫の一人)の治療にあたり、その病状を小康状態にしたことから皇帝一家からも高い信頼を得たと言う。
1916年12月29日皇帝従弟にあたるドミトリー大公らの手により暗殺される。

だが彼は只では死ななかった。

先ず食事を盛っても効果なく、燭台で殴ってもで撃っても反撃してきたので蛸殴りにして魔羅を切り落とした後です巻きにして(冬なので凍っている)に投げ込んでようやく三日後に息絶えたものの死因は「溺死」だったという。

更に暗殺の数日前にニコライ2世に謁見した際に「私を殺す者が農民であれば、ロシアは安泰でしょう。もし、私を殺す者の中に陛下のご一族がおられれば、陛下とご家族は悲惨な最期を遂げる事となりましょう。そしてロシアは長きにわたって多くの血が流されるでしょう」と言い残した。

それは現実となり、翌年ロシア革命から第二次世界大戦を経て、スターリン体制の下で多くの人命が失われ、皇帝一家をはじめとした貴族も悉く殺された。

実のところ、ラスプーチンの暗殺に皇族が関わったため、警察の捜査も十分ではなく、それが様々な伝説の遠因となったとされる。なお、ラスプーチン殺害を実行したドミトリー大公は亡命して生き延び、第二次大戦中に結核によって死去した。その長男はアメリカ・フロリダ州はパームビーチの市長となって平穏な余生を送ったという。

その謎に満ちた人物像から様々な逸話を遺し、またもじゃもじゃのを蓄えた奇怪な姿から「怪僧」等とも呼ばれ、史実を基にした創作物では悪役として人気が高い。
しかしその反面、帝国崩壊の大きな一因であり、歴史的な人物としては極めて評価が低く、現在のロシアでも完全に悪人扱いであり、多くを語られない。
「ラスプーチン」という同姓であるだけでも嫌がられ、改姓する者が後を絶たなかったという。
なお名前が似ていると良く言われるプーチン首相だが、日本人で例えるとさんと前林さんみたいなもんで、全く関係は無い。ただし、プーチン首相の先祖も改姓した一人という説が存在する。

とは言え、当時のロシア国内では民衆の不満が溢れ、国外からは戦争の危機に晒され続けるなど、既にギリギリの状態であり、ラスプーチンが居なくともロシア帝国は崩壊していただろう、とも言われている。
彼の存在はあくまで帝政崩壊の「一因」であり、決して全ての元凶というわけではない。
また実のところ、ロシア史に大きく影響を与えた人物であるにも関わらず、「あまりに胡散臭いためにあまり研究が進んでいなかった」という事情も抱えており、彼の人物像、そして彼の歩んだ足跡は、未だ諸説に割れる部分が多い。

意外な一面

先述の通り、怪人と言われても仕方が無いラスプーチンではあるが、彼個人は私欲の薄い謙虚な人物でもあった。一応聖職者であったためか金銭欲や名誉欲にも乏しく、信奉者から受け取った金銭も貧しい人たちに寄付するなど、良い意味で浮き世離れした男でもあった。
皇帝一家に取り入り国家をたぶらかしたのは事実だが、彼の政治的主張は意外にも「戦争反対」であり、彼個人は権力に興味は示さなかった。
もっとも、こういった俗人離れした彼のキャラクターは周囲から誤解を招くことになり、結果として貴族やボリシェビキたちから「皇后をたぶらかしロシア帝国を私物化しようとする怪人」というレッテルを貼られることになってしまった。
実際の所、ラスプーチンは心理的洞察力に長けた人物であり、今で言うところの心理カウンセラーのような存在であったとも言える。悩める人間の精神構造や心理状況を精確に把握し、的確なアドバイスと熱意の籠もった励ましで元気づけることを得意としていた。
この点も精神科学が今ほど発達していなかった当時ではペテンや詐欺の一種と見なされ、彼の悪評に繋がってしまうことにもなった。

しかし最近では・・・

男や女はもちろんのこと、サイボーグ人外相手でもを説く変態オヤジと言うイメージを持つ人も少なくない。ゲームやアニメ・漫画等の様々なメディアで、彼を元ネタにしたキャラクターが多く生みだされている影響とも言える。
まぁ、この作品の↓こいつのせいなんだが。

ラスプーチン


秘密の花園」で震えあがる人は、ほぼ確実に30歳前後と思われる。

皇后とラスプーチン

そもそもラスプーチンが宮廷に蔓延った原因は皇后アレクサンドラ・フョードロヴナにあるとも言える。
遠因としては、そもそも彼女は婚姻した時点で皇后となる(夫ニコライ2世の父、アレクサンドル3世は腎炎のため50歳に満たず急逝)、後継ぎを産まねばならないところ女が4人連続で産まれる(ロシア帝室では女帝エカチェリーナ2世の奔放な性生活に辟易していた息子パーヴェル1世により女子の継承が禁止された)、という状況にあり、そうした中やっとのことで産まれた待望の皇太子・アレクセイは先述のように重い血友病を持って生まれた。
その病はイギリス女王ヴィクトリアの孫娘である彼女が、祖母や母同様血友病保因者であったが故の遺伝病であり、いわば彼女自身に原因があった。そのことに彼女は終生悩まされた。

加えてヴィクトリア女王由来の血友病はB型のもっとも重い部類といわれ、この病に罹患した各国の王族男子は王室としての手厚い保護の下ですら悉く若くして死亡していた(子孫を残したのは女王の四男オールバニ公レオポルドのみ、30代を越えて生きたのはドイツ皇子ヴァルデマール・フォン・プロイセンのみ)。
遊びたい盛りのアレクセイであったが、目を離した次の瞬間には出血により生死の境を彷徨うといったことも日常茶飯事であり、彼女のブロンドの髪はそのことに起因する心身の疲労からその輝きを失ったとされる。
血友病でも特に関節への内出血の溜まりによる痛みは凄まじいものがあり、それを解消するためのマッサージが新たな内出血を生み出す可能性もあった。
医者すらアレクセイの治療に匙を投げかける始末であり、帝政そのものが揺らいでいたロマノフ朝の未来を託すのは、この若き皇太子には余りにも荷が重すぎたと言える。

そんな中、不思議な術でアレクセイの痛みをたちどころに緩和する男がいた。しかもそれが一度や二度ではなく。
この「奇跡」の内容は今を以て謎に包まれているが、心身衰弱の激しい皇后がラスプーチンに頼りきりになるのも仕方の無いことだったのかもしれない。
一方、その傾倒ぶりは息子可愛さゆえだったというのもあって、ラスプーチンと皇后の間に男女の関係があったという噂は殆ど聞かれることはない。

ラスプーチンが登場するフィクション作品

多数居るようなので、各自追加・誘導をお願いします。

デビルサマナー葛葉ライドウ」シリーズのラスプーチン

Dark Summoner


PS2専用ゲーム「デビルサマナー 葛葉ライドウ 対 超力兵団」が初出。
年齢不詳。身長187cm、体重230kg。ウォッカが好物でかなりの女好き。表向きは1916年に暗殺された事になっているが実際には生き伸びており、本国では不死身と噂されている。
立派な黒ヒゲに黒ずくめの衣装と片仮名混じりの胡散臭い喋り方が特徴的。自分のことは「ミー」と言い、相手のことを「ユー」と呼ぶコテコテのエセ外国人口調。コサックダンスも踊る。
金次第で何でも引き受ける凄腕のダークサマナーであり、何度も主人公の前に立ちふさがる。一見するとコミカルで飄々とした性格だが目的の為なら平気で人を殺す冷酷さを持っている。
「魔トリョーシカ」という不気味な顔をしたマトリョーシカの中からトリグラフチェルノボグといった悪魔を召喚するほか、その内部に発生している異空間「魔斗量子界」で相手を翻弄する。
その正体は「将来人」と呼ばれる依頼主によって未来から派遣されたエージェント。機械の体を持つため人並み外れた演算能力と頑強さを持つ(その割には瓶で殴られただけで気絶もするが)。
将来人の依頼を受けて行動している身だが最終的には依頼を途中で放棄し、大正20年という特異な時代で自由気ままに遊びたいという欲望を優先してしまう。体が機械でありながらもアッチの方にはかなりの自信があり、美女を見かけてはナンパに勤しんでいる。

≪登場作品≫
デビルサマナー 葛葉ライドウ 対 超力兵団
デビルサマナー 葛葉ライドウ 対 アバドン王

最後のレストラン」のラスプーチン

史実の暗殺で頭を燭台で殴られ、現代の安徳天皇が通う小学校の保健室タイムスリップしてきた。燭台で殴られたショックで記憶喪失になっており、なぜかパンツ一枚の姿で燭台と一緒の状態であった。校庭を見てみると安徳天皇のクラスメイトの詰手が体育教師の五味(ロリコン)にセクハラされているのを見て五味に道を説こうとする。しかし、暗殺されている最中に来たので、何者かに命を狙われていると思い顔を隠さなければならないと思い保健室にあったブリーフを頭につけて、五味の前に参上した。安徳天皇たちの協力で五味を成敗した。
切り裂きジャックの時にアイルビーバック風に再びタイムスリップしてきた。
園場達が切り裂きジャックに襲われそうになったときはヘブンズドアにあったパンストを顔に被った。

ムダヅモ無き改革」のラスプーチン

史実の暗殺で簀巻きにされ川に投げ捨てられた時、川上から魂は成仏したが肉体はかすかに生きていた少女の遺体が流れて来た。反魂の法を研究していたラスプーチンはエクトプラズムを吐き出して少女の体に乗り移った。
『ラスプーチナ』と名乗り、現代まで生きながらえ、ロシア帝国再興のためシベリアの永久凍土にいたアナスタシアを復活させた。

関連イラスト

※個別記事を持たない各作品のラスプーチン

ドリフターズ英雄*戦姫ノブナガン
ラスプーチン落書き
ラスプーチンちゃん
放課後のカリスマ
放課後のカリスマ

関連タグ

巨根博物館に彼のものとされる逸物の標本がある。

ゴルゴ13:ゴルゴのルーツのひとつに挙げられている。
ルパン三世(ロシアより愛をこめて):ラスプーチンの子孫が登場。
名探偵コナン(世紀末の魔術師):ラスプーチンの子孫が登場。
X-MEN:メンバーの一人「コロッサス」はラスプーチンの子孫という設定。
道鏡1300年ほど前極東で似たようなことをした僧侶

関連記事

親記事

ロシア帝国 ろしあていこく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ラスプーチン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 424231

コメント