ピクシブ百科事典

目次[非表示]

Pixivにおける概要

Pixiv内においては「エロい女僧侶」もしくは「エロい格好の女僧侶」の意味でこのタグが使われる場合が殆ど。
「エロい女僧侶」は単純に「エロい事が好きな女僧侶」だが、後者の「エロい格好の女僧侶」は、「心は清純なのに教義か何かの理由でエロい格好や行為を強制されている」というパターン(例:聖なるポーズ)や、「教義はエロいが教会の外の世界を知らないので、それがエロい事とは知らない」パターンの他に、単に「スタイルが良すぎる+お固い聖職者の制服に締め付けられて反って肉感的に見える」だけの場合(メイン画像)も存在する。
地域によってはアフロディーテに仕える巫女等、エロそのものが教義の聖職者も実在したのだが。それこそ古代に存在した「神聖娼婦」は王よりも権威が高かったらしい(娼婦の項参照)。

中世ヨーロッパ

キリスト教のシスターはエロは法度であったが、だからこそエロのギャップが栄えるとすら言える。(尤も、現実には修道院は娼館と大差ない性観念であったという記録も多く、建前としてしか認識されていなかったようだ)
しかし、アナルセックスセックスとして認識されない場合もあり、性職者ならばアナルセックスには慣れている、という偏見すら存在している。
実際にセックスを楽しみたいという望みを解消するために、アナルセックスが推奨されていたことも歴史的事実である。
(アナルセックスならば妊娠しえないため、セックスの娯楽化の結果としての望まない出産を抑止するためにセックスが忌避されていたという考察も存在している。実際に中世ヨーロッパは食料生産問題と人口増減問題に常に悩まされ続けていた)

この時代のヨーロッパでは正常位以外を行うもの、特に騎乗位を行うものは魔女とされた(ミッショナリーアングル参照)。
中世ヨーロッパでは、陰核亀頭が女の魔法使いにのみ存在する悪魔の乳首であるとされ、魔女は勃起したクリトリスの陰核亀頭を包皮の外を露出させて、騎乗位でセックスしていると信じられていたのである。
(おそらく、妊娠する確率が高い騎乗位や後背位を禁止することで人口増加を抑制する狙いがあったのだろう。また、アナルの性感に慣れさせるために女の子のおちんちんであるクリトリスが肥大化するほどのクリオナを禁じたかったのだろう)
陰核亀頭が目視しえない包茎クリトリスには神聖なイメージが持たれていたということでもあり、聖女のクリトリスは包皮で覆われ、勃起しても包茎のままだと信じられていたということでもある。
皮の中に閉じこもって外に出ないクリトリスは、まさに戒律の外に出ることを試みない聖職者の姿の象徴でもある。

聖職者のクリトリスが包茎かどうかは実際に検査されることがあり、場合によっては破門され、最悪の場合は死刑にされることもあった。

言葉の起源

元々はエロ聖職者全般を指す言葉で、女性信者に教義と称して性的暴行を加える神父や、女生徒にセクハラする男性教師(教師の別称として聖職者がある)等、どちらかというと「聖職者にあるまじき行為」というような批判的な意味を持った言葉。
しかし、語感や字面の性的さ、ダジャレとしてのクオリティの高さから、アダルトビデオやポルノ小説やエロゲー、エロ漫画などにおいては、スケベな女教師や欲求不満なシスター等のキャラに対する性的な意味で賞賛を込めた言葉としても使われるようになった。二次元においては主にこちらの意味で使われる事が多い。

性職者キャラ

女性編


男性編


他に性職者キャラがおりましたら追加を求む。

ちなみに

聖職者ではないのだが、通称は「寡黙なる性職者」。これにルビを振るとお馴染みの「ムッツリーニ」になる。

関連イラスト

幸せな午睡
皆さまに神の御加護を♪
爆乳にされてみたー
帝都の聖女
シギィ
アークビショップ
シスター
巨乳僧侶、エロ勇者。



関連タグ

R-18 聖職者 シスター プリースト 僧侶
ビッチ 痴女 ギャップ萌え エロ衣装
聖なるポーズ リスト

関連記事

親記事

聖職者 せいしょくしゃ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「性職者」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21561290

コメント