ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

覚悟礼装

かくごれいそう

ゲーム『ブルーアーカイブ』のキャラクター、歌住サクラコの覚悟を示す装束の俗称の1つ。
目次 [非表示]

「……ええ。これが私の覚悟です。」


概要

ゲーム『ブルーアーカイブ』に登場するサクラコが着用した、光沢素材でできた際どいハイレグレオタード状の礼装。

作中では「ユスティナ聖徒会の礼装」と呼ばれているが、後述する理由からファンからは「覚悟」などと呼ばれることが多い。


シスターフッドの前身にあたる組織「ユスティナ聖徒会」の聖徒会長がアリウス自治区に残した品で、サクラコがアリウス自治区から回収した。


そして、キヴォトスの命運を賭けた決戦の1つである第4サンクトゥム攻略戦において、サクラコはかつてアリウスを秘密裏に保護し導いたユスティナ聖徒会の礼装を身にまとうことで、アリウスと再び協力する姿勢を示し、現場にいた一同に対して憎悪の連鎖を断ち切る「覚悟」の表明を行ったのだが…。


頭巾を被ったあまりにも際どいハイレグ姿故に、下ネタ大好きなハナコから誰もが思っていた的確なツッコミを連発されるという結果を招いてしまった。

ハナコストレートパンチになぶられるサクラコ様


一応、前述の通り本人は真面目な理由で着用しており、作中で登場したユスティナ聖徒会のミメシスたちも似たような際どいデザインの装束を身にまとっていることから、これが本当に伝統的な礼装であることは確かなのだが、サクラコを敬愛し、また装束が伝統的なものであることを知るはずのヒナタマリーにすら、あまりにも場違い&破廉恥すぎる格好に困惑の表情で迎えられた。


ハナコもサクラコ自らが尋常ではない覚悟をもってその破廉恥な服を着ていると一人で納得し、自分の至らなさを勝手に実感するや「覚悟を決める」と言いながら水着姿になった。

そしてそれをもって「全ての準備は整った」と決戦に向かうことを宣言した。


同シーンのBGMはギャグシーン向けのBGMとして有名すぎる『Unwelcome School』がハナコのツッコミと共に流れ始めてしまい、ハナコがまくしたてるようなツッコミをする度にドドーン!と大きなSEが鳴り、そのツッコミを強調するなど、決戦直前とはまるで思えないような締まらない空気の中で第4サンクトゥムの攻略戦が始まってしまうのだった。


余談

ユスティナ聖徒会のミメシス「ユスティナ信徒」が着用する同種の装束は下のイラストの様なものになっている。

センシティブな作品

シスター服に見られる頭巾と形状がら、シスター服の一種と思われる。

また、エデン条約編においてアツコも生贄の儀式に際して死に装束としてよく似たハイレグ衣装を着用させられている。(ただし頭巾や肩掛けはない)

彼女自身もマエストロによって「戒律を守護せし者の血統」つまりユスティナ聖徒会の子孫である事が明かされており、サクラコが着用したハイレグレオタードと同じくユスティナに受け継がれた覚悟礼装だったと推測されている。



2023年の夏コミでは国際展示場駅に張られたブルアカの広告にてサクラコが「(参加者について)覚悟を決めた顔でいる」とコメントしていたりする。当然ながら覚悟礼装姿ではないが。


関連イラスト

サクラコがこの衣装を着用しているイラストが最も多いが、同じシスターフッドのマリー、ヒナタに着用させたイラストも多数確認できる。

上述の通り、なかなかに際どいハイレグだったことから類似するような衣装がまとめて『覚悟』と言われたり、鋭角具合が鋭ければ鋭いほど『覚悟が決まっている』などと呼ばれてしまうことに…。

サクラコ先生、これが私の覚悟です。

伊落マリーマリー


関連動画

その一部始終


関連タグ

ブルーアーカイブ 歌住サクラコ シスターフッド

ハイレグ レオタード シスター服 武装シスター 覚悟完了

関連記事

親記事

歌住サクラコ うたずみさくらこ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10543860

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました