ピクシブ百科事典

終末のワルキューレ

しゅうまつのわるきゅーれ

『終末のワルキューレ』とは、月刊コミックゼノンで連載の漫画作品。作画:アジチカ、原作:梅村真也、構成:フクイタクミ。
目次[非表示]

最終闘争開幕!!
神VS人類のタイマン勝負の行方は!?

概要

徳間書店の漫画雑誌「月刊コミックゼノン」で連載中の漫画作品。作画:アジチカ、原作:梅村真也、構成:フクイタクミ。

北欧神話におけるラグナロクを基に人類存亡をかけて、様々な神話の神と人類史に名を遺した偉人、武人、傑人との一対一の13番勝負が行われる。

あらすじ

1,000年に1度開かれる「人類存亡会議」にて、万物の創造主である神々は、誕生から700万年が経過しても進歩の兆しがない人類を見限り、終末を与えようとしていた。全会一致で滅亡が決まろうとしたその時、戦乙女(ワルキューレ)の長姉ブリュンヒルデはその決議に待ったをかけ、超特別条項神VS人類最終闘争(ラグナロク)により人類の行く末を決めてはどうかと提案する。当初はその申し出を相手にしなかった神々だったが、ブリュンヒルデの挑発にプライドを傷つけられたことでラグナロクの開催が決定。かくして、天界が誇る最強神と、秘術「神器錬成」によって神器と化した戦乙女たちと共に戦う最強の人類「神殺しの13人」(エインヘリャル)による、13番勝負の幕が上がる。

ワルキューレ十三姉妹

ブリュンヒルデ(CV:沢城みゆき
戦乙女の長姉。かつて身体を人間にまで落とされた経験から人類との繋がりが深く、神々にラグナロク開催を提唱する。
普段は凛とした佇まいをしているが、感情が高ぶると粗暴な表情や口調を見せ、動揺すると特製のサルミアッキパイをやけ食いする。

ゲル(CV:黒沢ともよ
戦乙女の末妹で、見習い戦乙女。長姉であるブリュンヒルデに付き従っている。
ボクっ娘で、語尾に「っス」とつける特徴がある。

ランドグリーズ
戦乙女の四女。名前は「盾を壊す」を意味する。
呂布の方天戟に神器錬成し、ヤールングレイプルの片方を砕く力を発揮するが、トールの覚醒雷槌によって破壊され、呂布と共に消滅した。

レギンレイヴ
戦乙女の七女。名前は「神々の残された者」を意味する。
アダムのメリケンサックに神器錬成し、ゼウスとの闘いをほぼ無傷で切り抜けるが、アダムが死亡したことで消滅する。

フリスト
戦乙女の次女。名前は「震える者」「轟かす者」の2つの意味し、前者のような物憂げな表情と、後者のような荒々しい気質の2面性を持つ。
小次郎の備前長光三尺余寸に神器錬成し、勝利で終結したため存命。その後は2刀に分かたれたままの姿を保つ。

フレック
戦乙女の十一女。名前は「武器をガチャつかせる者」の意味とする。
ジャック・ザ・リッパーとの神器錬成に反対していたが、突如現れたジャックによって心を恐怖で染められ、とある物へ神器強制される。
だが、神器錬成の最中にジャックの心の内を見たのか、第4試合終了後には彼に表面的には冷たく接するがどこか心配するような、世話焼きな態度(?)を見せる。

スルーズ
戦乙女の三女。「強き者」の意味を名とする。
雷電の制御不能な暴走筋肉を抑え自身で自由自在にコントロールすることの出来る超筋外骨締廻に神器錬成する。
最後には雷電の敗北が決定的になると、雷電から神器錬成を解くよう言われるも、自身が惚れた雷電と運命を共にすると決めており、雷電の敗北により雷電と共に消滅する。

神々たち

代表闘士

トール(CV:緑川光
ラグナロク第一回戦神側闘士。
オーディンの息子で、北欧神話最強と謳われる戦神にして『雷の狂戦士』の異名を持つ雷神。武器は身の丈を上回る巨大な戦槌・ミョルニル。普段は鉄製の手袋・ヤールングレイプルを身に着けて使用しているが、神話で伝えられるようトールの身を守るものではなく、覚醒する前のミョルニルをトールが握り壊さないための役割を果たしている。

ゼウス(CV:高木渉
ラグナロク第二回戦神側闘士。
ギリシャ神話の最高神で、神々の中でも屈指の権力を持っており、ヴァルハラ評議会の議長も務めている。『全宇宙の父(ゴッドファーザー・オブ・コスモス)』という異名を持つと同時に神々の中でも一、二を争う戦闘狂であり、『戦闘愛好嗜虐変態神(エロジジイ)』とも呼ばれてる。
本来は最後の試合に出場予定だったが順番を待ちきれずに出出場予定だったシヴァに駄々をこねて譲ってもらい第二回戦に出場した。
普段は細身で小柄の老人だが、戦闘時は筋肉が肥大し見上げるほどの巨漢へと変貌する。武器は使用せずに自身の身体のみで闘い、その拳は音速を超える。肥大化した筋肉を自ら絞り上げ、極限まで圧縮することにより「阿陀磨須」という最終形態になれる。
今回のラグナロクでは一番乗り気だが人類全滅を最初に言い出したシヴァから責任の押し付けを回避する等冷静な面も見える。

ポセイドン(CV:櫻井孝宏
ラグナロク第三回戦神側闘士。
ゼウスの兄の一人で、オリュンポス十二神に名を連ねる海洋神。『大海の暴君』とも呼ばれている。老体なゼウスとは対照的に整った顔立ちの美青年として描かれる。武器はトライデント。アレスやヘルメスから「最も神らしい神」と称されるほどに傲岸不遜。見下した相手には視線も合わせず、戦闘でも自らは動かず向かってきた相手、間合いに入った敵を一撃で迎撃する。原初より完全無欠な存在である神には仲間も謀も不要と考えており、かつてその思想に反した実兄アダマスを殺害した挙句に最初から存在しなかったことにしたこともあり、他の神々からも恐れられている。

ヘラクレス
ラグナロク第四回戦神側闘士。
ギリシャ神話の半神半人。爽やかな好青年で、ワルキューレ達からも「兄様」と呼ばれ神々からもヒーロー的存在として慕われている。半神半人であるが故に、人類の終末には反対しており、ラグナロクでが自身が神代表として勝った際は人類を守るべく働きかけるつもりでいる。かつてヘラクレスと戦ったことのあるアレスからは、ヘラクレスの強さの本質は神であるアレスのみならず、ゼウスにすら不屈を通した「強靭な心」であると言われており、何者にも屈せずに何度でも立ち上がることから『不屈の闘神』と呼ばれている。

シヴァ
ラグナロク第五回戦神側闘士。
インド神話の破壊と創造の神であり、『宇宙の破壊神』と呼ばれている。印度神界の絶対神であり印度神1117神の頂点。ゼウスと同じく武器は使用せずに自身の身体で戦う。自身の秘技で”印度神界の秘宝”と言われている。
本来なら第二回戦に出場する予定であったが、駄々をこねたゼウスに対して先輩であるからとゼウスに貸しを作る形でゼウスに出番を譲る。次いで四回戦に出場しようとするもギリシャの借りはギリシャで返したいというゼウスの要望で辞退し、満を辞して第五回戦で出場。

釈迦
ラグナロク第六回戦人類側闘士。
仏教の開祖。タンクトップサンダルサングラスに大きな耳飾り、全体的にユルい服装をしている。ロリポップなどの菓子を好んでおり、菓子は他の神にも譲ることはない。かつては人間としてシャキータ族の王子として生まれるが、煩悩に喘ぐ人間を救うために、城と家族と煩悩と六情を捨てて真理を追い求め、ただ独りで歩み真理に達し、人々に道を示し仏として散ったため神々からは『人類史上最強のドラ息子』と呼ばれており、人類からは敬意を込めて釈迦と呼ばれている。
神器練成による神器の能力の強さを唯一可能にする方法である一蓮托生が仏界の物であることからロキから裏切り者と疑われるが、本人もそれを否定しなかった。五回戦後にゼウスから第六回戦に出場するよう頼まれ、第六回戦に出場することになるが、神側のゲートから登場するとそのまま人類側のゲートの前まで進み、神々らに自身の人類側での出場を宣言した。

毘沙門天
ラグナロク第六回戦神側闘士。
七福神の一柱。七福神は天界処刑人を名乗っている。裏切り者には神であろうと天誅を加えようとする一方で無益な殺生は好まない性格である。人類側の代表となった釈迦の相手としてゼウスが第六回戦の神代表として選んだ。
本来七福神は七柱の七神では無く、一柱の一神であり、毘沙門天を除く他の六神(大黒天 / 寿老人 / 福禄寿 / 布袋尊 / 恵比寿 / 弁財天)が毘沙門天と一つに成る事で、本来の存在である、降臨すると天絶え福が消え、大いなる災いをもたらすと呼ばれる神の零福へとなる。

ロキ(CV:松岡禎丞
北欧神話の狡知の神であり、変身能力がある。飄々とした少年のような風貌であり軽い感じであり、変身能力や言動で他の神を揶揄ったりするが、ゼウスの全力と戦えるアダムを羨むなど、戦闘狂な面も持っている。

アポロン
オリュンポス十二神の第四柱に名を連ねる太陽神。

スサノオノミコト
日本神話の男神。

アヌビス
エジプト神話冥界の神。

オーディン(CV:速水奨
北欧神話の最高神でトールの父。眼帯を付けた総髪の老人で、両肩にフギン(CV:中野泰佑)とムニン(CV:山口智広)を乗せている。

ベルゼブブ
キリスト教における悪魔。一般的に悪魔として知られるが大元は旧約聖書の豊穣の神バアル・ゼブル。作中ではまるで研究者のような容貌をしている。また、とある事をした張本神である。

その他

ヘイムダル(CV:野津山幸宏
『終末の番人』と謳われる北欧神話の神。闘士の紹介と試合の司会進行を務める。彼の吹くギャラルホルンが試合開始の合図となる。

ヘルメス(CV:諏訪部順一
オリュンポス十二神の第十柱に名を連ねるギリシャ神話の伝令神で、燕尾服を着た美青年の姿をしている。
普段は父ゼウスの執事として仕えており、ゼウスの出陣時には自ら無数のバイオリンで『G戦場の大殺戮』を奏でた。ラグナロクはアレスと共に観戦している。

ハデス
ゼウス、ポセイドンの兄で冥界(ヘルヘイム)の王。ポセイドンの死を聞き付け、六回戦の途中で現れた。

アレス(CV:田所陽向
オリュンポス十二神の第六柱に名を連ねるギリシャ神話の軍神で、屈強な肉体を持つ美青年の姿をしている。

アフロディテ(CV:田中理恵
ギリシャ神話の美の女神。人類滅亡派で、人間が環境破壊を続けている事を非常に嘆いており、地球の癌と評している。

フォルセティ
北欧神話の平和の神。トールに救われたことで、彼に対し絶対の信頼を向けている。人間のことは軽視している。

観客

ルドラ
第五回戦を観戦。
インド神話の暴風神。シヴァの幼馴染みで親友。

人類たち

神殺しの13人(エインヘリャル)

呂布奉先(CV:関智一
ラグナロク第一回戦人類側闘士。
個の強さでは三國時代最強と謳われる『中華最強の英雄』。ブリュンヒルデ曰く、自身が戦場であった中で最強かつ最恐の武人。武器はランドグリーズが神器錬成した方天戟
トールを相手に「お前はなかなか良い」と言い放つ圧倒的傲慢な人物(トールも「人間にしておくには勿体ない」と最高の賛辞を送っている)。
曹操孟徳に敗れ処刑されたのも最強を極めてから退屈となった人生に終止符を打つための自殺だったという設定となっており、己の全力をぶつけられる舞台・相手・武器がそろったラグナロクに歓喜している。

アダム(CV:斉藤壮馬
ラグナロク第二回戦人類側闘士。
聖書に描かれる最初の人類にして最初の男『全人類の父』。人間として完璧な造形の肉体を持つ美少年。武器はレギンレイヴが神器錬成したメリケンサック
かつてエデンの園を妻イブと共に追放された一件から、最も神を憎んでいる人間と言われていたが、当の本人は神への憎悪など一切なく、闘士として出場したのは己の子どもである全人類を守るためであった。
神を模倣して創られた存在故に、自身が目にした神の技を全て模倣できる『神虚視(かみうつし)』という特殊能力を持つが絶え間無く使い続けると神経回路に過負荷が掛かり、やがて目から出血し失明する。

佐々木小次郎(CV:山路和弘
ラグナロク第三回戦人類側闘士。
宮本武蔵との巌流島での決闘で知られる剣士。武器はフリストが神器錬成した備前長光三尺余寸。エインヘリャルとして出て来た中で一番の老人だったため、彼の出場には人類側が難色を示した。
だが脳内で相手の実力を寸分たがわずシミュレートして最速の先読みを行う千手無双という能力を持ち、故に『史上最強の敗者(ルーザー)』と評され、小次郎は「今刻が全盛期」と自信満々に断言する。
ポセイドンに勝利後は治療を受けていたが、ロキと七福神対釈迦らによる一触即発の場へ、多勢に無勢が好きでは無いからと釈迦の側に加わった。

ジャック・ザ・リッパー
ラグナロク第四回戦人類側闘士。
19世紀の英国を震撼させた『霧の殺人鬼』。右眼にモノクルを掛けた、貴族階級を思わせる老紳士の姿をしており、自らも紳士と称する。ブリュンヒルデからは「人類の中で一番キライなクソ中のクソのゲボカス野郎」と酷評されているが、その一方で神々も恐怖を覚えるジャックの持つ悪意や狂気を高く評価している。ブリュンヒルデが最初からヘラクレスの対戦相手として決めていた。武器はフレックを神器強制した??
勝利後は治療を受けており、治療室にてゲルと七福神の騒動に紅茶を勧める形で介入し、ゲルを助ける。彼らが七福神と呼ばれている存在だとゲルから聞くと、自身の右眼で七福神を見て、何かに気づいた。自身を案じるゲルの優しさから、ゲルにヘラクレスの面影を感じている。

雷電為右衛門
ラグナロク第五回戦人類側闘士。
江戸時代に活躍した力士相撲の2000年の歴史の中で誰しもが認める史上最強の力士で、そのあまりの強さ故に張り手てっぽう鯖折りの四つの技が禁じ手となるもそれでも勝ち続け、20年以上もの間土俵の帝王として存在し、事実上の無敵の存在となっていたため『無類力士』と呼ばれている。
神器はスルーズが神器練成した超筋外骨締廻であり、後述の自身の制御不能な暴走筋肉を自身の意思で自由自在に使え、身体の筋力を腕や脚に集中させることが出来る。生まれながらに筋肉が異常発達する特異体質で、幼少期はその暴走する筋肉の圧によって自身の骨を折るほどだったが、その強大すぎる筋肉を抑え込むために「百閉」という新たな筋肉を作り上げることで、辛うじて肉体の均衡を保っていた。そのため生前は本来の力や全力を出して戦うことが出来なかった。

始皇帝
中華統一を始めて成し遂げた『始まりの王』。『終末のワルキューレ異聞 呂布奉先飛将伝』にて先行登場した。

レオニダス王
紀元前の都市国家スパルタの王。

ニコラ・テスラ
19世紀中期から20世紀中期の発明家

沖田総司
幕末の時代に活躍した新撰組の一番隊組長。
ラグナロクを人類代表の自身の控えの間で近藤勇と共に観戦しており、試合を見て自身の知らない強い人達がまだまだいることに驚きを見せ、自身の出番が早く来るのを待ち望んでいる。
原作者の代表作『ちるらん新撰組鎮魂歌』の沖田と同一人物。

グレゴリー・ラスプーチン
帝政ロシア末期の祈祷僧。ロシア帝国崩壊の一因となった怪僧。

ミシェル・ノストラダムス
ルネサンス期フランスの医師占星術師詩人。『ノスタラダムスの大予言』で知られる。

シモ・ヘイヘ
フィンランド軍人。冬戦争では、ソビエト赤軍から『白い死神』と呼ばれた。キャラデザイン公開投票で一位となり、本編に先駆けイラストが公開された。

坂田金時
童話『金太郎』で知られる平安時代の伝説上の武士

観客

劉備玄徳 / 関羽雲長 / 張飛益得 / 陳宮広大
第一回戦を観戦。総合力では関羽の方が強いらしいが、純粋な強さでは呂布に軍配が上がると本人が評している。
陳宮は再び主人の勇姿を目の当たりに出来たことに号泣しており、呂布への敬意の高さが伺える。

イブ / カイン / アベル / ミケランジェロ
第二回戦を観戦。
アダムの妻や息子たち。ミケランジェロはアダムの姿に見惚れ、阿陀磨須に変化するゼウスを見て慄いていた。

宮本武蔵 / 宮本伊織 / 吉岡清十郎 / 宝蔵院胤舜 / 富田勢源 / 富田景勝
第三回戦を観戦。
武蔵は小次郎を「あれこそが天下無双」と言わしめた。

コナン・ドイル / ウィリアム・シェイクスピア
第四回戦を観戦。
コナン・ドイルは生前はジャック・ザ・リッパーの正体を追い求めていたが正体が分かることはなかった。

谷風梶之助 / 小野川喜三郎 / 杉田玄白 / 葛飾北斎
第五回戦を観戦。
谷風梶之助は百閉を開放して戦う雷電に感動しており、生前に雷電の全力を受け止められなかった事を悔いていた。

ソクラテス / イエス・キリスト / 孔子
第六回戦を観戦。
釈迦とともに四聖人と呼ばれる。

用語

人類存亡会議
1000年に1度開催される全世界の神々が一堂に会し、人類の存続を決める会議。

神VS人類最終闘争法ラグナロク
ヴァルハラ憲法第62項15条に記された超特別条項。
神と人類から13人ずつを選出し先に7勝したほうが勝利。神が勝てば人類は滅亡するが、人類が勝てば後の1000年の存続を約束される。

ワルキューレ
北欧神話に名高き戦乙女13姉妹。
半神半人という出自から人間側に加担し、神に対抗するための力を授ける。

神器錬成(ヴェルンド)
ワルキューレ達の持つ能力で、人間の戦士たちと心を通わすことで、自らの身体をその戦士に最も適した神器に変化させることが出来る。
一心同体となるためにその運命も一蓮托生で、使用する戦士が死ねば例え武器が無傷であってもワルキューレは消滅してしまう。

魂の完全消滅(ニブルヘル)
魂そのものが消滅し、復活も輪廻転生も出来なくなる事。ラグナロクの敗者は人類、神問わず消滅する。

アニメ

2021年6月よりNetflixにて配信。

主題歌

OP曲『KAMIGAMI-神噛-』
作詞・作曲:マキシマムザ亮君 / 歌:マキシマムザホルモン

ED曲『不可避』
作詞・作曲:島爺 / 編曲:ナナホシ管弦楽団 / 歌:島爺

スタッフ

原作アジチカ / 梅村真也 / フクイタクミ
監督大久保政雄
シリーズ構成筆安一幸
キャラクターデザイン佐藤正樹
サブキャラクターデザイン赤堀重雄 / 川島尚
色彩設計内林裕美
美術監督山口忍
3D監督竹山諒一
撮影監督増元由紀大
編集丹彩子
音楽高梨康治
音響監督えびなやすのり
アニメーション制作グラフィニカ


関連動画




関連タグ

Netflix
2021年夏アニメ

外部リンク

アニメ公式サイト

関連記事

親記事

コミックゼノン こみっくぜのん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「終末のワルキューレ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2923891

コメント