ピクシブ百科事典

ゆめ太カンパニー

ゆめたかんぱにー

日本のアニメ制作会社のひとつ。旧・TYOアニメーションズ。経営統合の経緯から「TYO」「ゆめ太」「ハルフィルムメーカー」三社の制作著作権管理も担当している。
目次[非表示]

日本のアニメ制作会社。本社は東京都清瀬市。

現在はグラフィニカの子会社でメモリーテック・ホールデイングスの100%孫会社。
資本系列上の大元をただせばポニーキャニオンエイベックス両系列の相乗りとなっている。

この会社は経営統合の経緯から、創業当初の「ゆめ太カンパニー(旧社。通称:旧ゆめ太)」と、経営体制変更後の「TYOアニメーションズ(ティー・ワイー・オー社アニメ部門。通称:TYA)」と、親会社の買収戦略によって強制統合された「ハルフィルムメーカー(通称:HAL・ハル)」という三社の系列が統合されたことによって成り立っている。

特に現商号である「ゆめ太カンパニー」に関しては創業時の商号であり法人自体も継続されているものであるが、2009年以降におけるティー・ワイー・オーグループの事業整理の経緯から社歴での認識上は「ゆめ太旧社(旧ゆめ太:1986年~2009年)」と「ゆめ太新社(新ゆめ太:2017年~現在)」に分かれている。

概要

まず、旧ゆめ太が1986年3月5日にタマ・プロダクション(旧虫プロ系)出身の山口聰によって静岡アニメーションとして設立される。設立後はぎゃろっぷスタジオディーンより外注(仕上げ・グロス受け)を受ける下請け専門の制作会社として活動していた。その後間もなく商号を変更しゆめ太カンパニー(旧ゆめ太)となる。

続いて1993年8月11日に、東映(→東映動画)出身の春田克典によってハルフィルムメーカーが設立された。元は東映系列のプリプロダクション(東映内でまかないきれないロケハンリサーチや作品イメージボードなどの請負い)として活動していたが、1997年にスタジオジュニオ(現在のジュニオ・ブレイン・トラスト)に所属していた、アニメ作品『セイバーマリオネットJ』のスタッフが「セイバーJの続編制作を求められ自分たちも受けたいが、これを作るにあたりジュニオの体制ではまかないきれない」と知己を頼って春田の元に移籍してきた事で実制作の体制が整い、アニメ制作会社の業務をスタートさせる。この経緯からハルフィルムメーカーは制作業務開始当初の制作系列上は「東映・角川系」のアニメ制作会社であった。
2000年にハルフィルムメーカーは「会社の枠にとらわれない仕事をしたい」(当時の東映アニメーションは別社作品との監督業の掛け持ちを禁止していた)として東映アニメーションを辞した佐藤順一を受け入れ取締役とした。

2003年、広告代理店ティー・ワイ・オー(1982年創業)が自社アニメ部門の強化を狙い、制作増資を求めていたハルフィルムメーカーに対して業務提携と増資を打診。ハルフィルムメーカーはこれを受け入れ、ティー・ワイ・オーより新たなる自社総資産に対して85%もの増資を受ける。この事によってハルフィルムメーカーは実質上のティー・ワイ・オーグループのアニメ部門となった。

2005年、ティー・ワイ・オーは自社アニメ部門の更なる増強を目論んで、旧ゆめ太を買収しハルフィルムメーカーとは別に設立させていた自社のアニメ部門を統合させて傘下に置いた。この事により、ゆめ太は、ティー・ワイー・オーグループの第2のアニメ部門となる。(ティー・ワイー・オーによる旧ゆめ太の吸収合併と自社アニメ部門の分社化を同時に行った形になった。ただし当時のティー・ワイー・オーのアニメ部門はティー・ワイー・オーの一部門に過ぎないものであるため分社化とはいえ法人格を新たに立ち上げる事はせず、法人格上はゆめ太を存続会社とした)

2006年に、ティー・ワイ・オーが動画工房を傘下に収め、グループ第3のアニメ部門とした。

2009年、ティー・ワイ・オーグループがグループ内の事業整理に乗り出し、自社アニメ部門全社事業系列の完全統合を目論む。紆余曲折の結果、動画工房はティー・ワイ・オーの統合に反発し、部門担当者による全株式のティー・ワイ・オーからの引き上げに成功してグループから離脱。残った(離脱をしくじった)2社が整理対象となり、存続法人をゆめ太カンパニーとする一方で春田および佐藤らハルフィルムメーカーの経営陣にゆめ太の指揮を執らせる事で統合を実現。こうして統合させて成立した会社をTYOアニメーションズとして、両者の名義は「TYOアニメーションズのブランド」として存続させる、とした。(実質上は「外見はゆめ太であるが中身はハルフィルムメーカー」という形となった)しかし、翌2010年より新規作品に対しては「TYOアニメーションズ」の名義を用いる事とし、こうして、ゆめ太カンパニーとハルフィルムメーカーの両ブランドは新規制作ブランドとしては消滅へと至った。2011年、春田克典・佐藤順一の両名がTYOアニメーションズの取締役を辞任。佐藤は契約監督となる(春田および佐藤が山口にゆめ太を返却した形となった)。

2017年、ティー・ワイ・オーが同業であるAOI(旧・葵プロモーション。1963年設立)との提携より経営統合に至り、事業の再整理が行われる。この時にティー・ワイ・オーグループはAOIよりアニメ部門を手放すことを求められ、結果TYOアニメーションズはメモリーテックHD傘下のグラフィニカへと譲渡される事となった。そして2017年11月、グラフィニカはTYOアニメーションズの商号をゆめ太カンパニーに戻す事を求め、これが行われたことで9年の間隙を得て「ゆめ太カンパニー」の称号とブランドが復活した。(以降、新ゆめ太)

作品

新ゆめ太カンパニー

あっくんとカノジョ』2018年
怪獣娘(黒)〜ウルトラ怪獣擬人化計画〜』2018年
Re:ステージ! ドリームデイズ♪』2019年
デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆』2020年(製作:東映アニメーション)

TYOアニメーションズ

ミラクル☆トレイン~大江戸線へようこそ~』2009年
遙かなる時空の中で3 終わりなき運命』2010年
B型H系』2010年
ムダヅモ無き改革 -The Legend of KOIZUMI-』2010年
シックスハートプリンセス』2010年 - イベント上映用アニメ
たまゆら~hitotose~』2010-2011年
+チック姉さん』2011年
毎日かあさん』2011-2012年 - 97話から同友アニメーションとの共同制作
銀河へキックオフ!!』2012年
『超訳百人一首 うた恋い。』2012年
わんおふ -one off-』2012年
ゆるゆり なちゅやちゅみ!』2015年 - 動画工房から引き継ぎ
ゆるゆり さん☆ハイ!』2015年 - Lay-duceへ引き継ぎ

旧ゆめ太カンパニー

アンジェリークシリーズ』2000-2005年
アニメーション制作進行くろみちゃん』2002年
まっすぐにいこう。』2003-2004年
遙かなる時空の中で』2004年,2006年
金色のコルダ~primo passo~』2006年
『遙かなる時空の中で3 紅の月』2007年
ネオアンジェリーク Abyss』2008年
『金色のコルダ~secondo passo~』2009年

旧ハルフィルムメーカー

またまたセイバーマリオネットJ』1997年 - スタジオジュニオより引き継ぎ
セイバーマリオネットJtoX』1998年
『BOYS BE…』2000年
『STRANGE DAWN』2000年
新白雪姫伝説プリーティア』2001年
プリンセスチュチュ』2002年
カレイドスター』2003年 - 原作・企画のみ
うた∽かた』2004年
ふしぎ星の☆ふたご姫』2005-2007年
ARIAシリーズ』2005-2008年
西の善き魔女 Astraea Testament』2006年
オーバン・スターレーサーズ』2006年 - 日共同制作
スケッチブック ~full color's~』2007年
ナイトウィザード The ANIMATION』2007年
魔法遣いに大切なこと~夏のソラ~』2008年
ケメコデラックス!』2008年
スキップ・ビート!』2008年

関連タグ

アニメ制作会社
佐藤順一

外部リンク

ゆめ太カンパニー - 公式

Wikipedia

ゆめ太カンパニー(TYOアニメーションズは同ページに転送)
ハルフィルムメーカー - Wikipedia

その他

ゆめ太カンパニーとは (ユメタカンパニーとは) - ニコニコ大百科(TYOアニメーションズは同ページに転送)
ハルフィルムメーカーとは (ハルフィルムメーカーとは) - ニコニコ大百科
TYOアニメーションズとは - はてなキーワード
ゆめ太カンパニーとは - はてなキーワード
ハルフィルムメーカーとは - はてなキーワード

関連記事

親記事

グラフィニカ ぐらふぃにか

子記事

兄弟記事

コメント