ピクシブ百科事典

ガンドレス

がんどれす

1999年に公開されたアニメ映画にして、日本のアニメ史上最悪といわれる作品。
目次[非表示]

概要

元々は天沢彰原作の同名ライトノベルを元にした日韓合作アニメ映画であり、タイトルの由来は銃(GUN)をドレス(DRESS)のように身にまとう所から付けられた。しかし製作管理が完全に破綻した結果、本編のほとんどが未完成という悲惨なことになってしまった。
その有様は中絵を飛ばした不自然な動きなのは序の口、メインイラストのような色彩設定が破綻しているもの、線画しかなっていないもの、ゴミや指紋、セル画の端が移りこんでいるものが100カット以上存在し、挙句の果てにはキャラクター全部単色塗り、動画と音声の不一致という、もはや作画崩壊ってレベルじゃねぇぞという代物だった。
配給元がその事実を知ったのは公開わずか2日前だったため、上映中止により混乱を避けるため公開を強行、試写会や舞台挨拶は全て中止、前売り券は返金に応じ、観客には事情を説明した上で入場させ、後日完全版ビデオを送付することとなった。
この騒動は新聞にも取り上げられ、それにより怖いもの見たさで見に来る客が急増、ビデオカメラで撮影する者まで現れる始末であった(今でこそ犯罪だが、当時はそれほど規制されていなかった)。最終的にビデオを送付する人数は7000人に及び、その後送付されたビデオには劇場公開版が映像特典として収録された。
しかしその完全版の出来もお世辞にもいいとは言えず、ついには制作会社は活動停止してしまった。

あらすじ

2100年のヨコハマ・ベイサイドシティを舞台に、新たに創設された警備会社「エンジェル・アームズ社」の社員が、テロリストに立ち向かう姿が描かれる。

登場人物


関連項目

作画崩壊

関連記事

親記事

作画崩壊 さくがほうかい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ガンドレス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 206

コメント