ピクシブ百科事典

逆作画崩壊

ぎゃくさくがほうかい

逆作画崩壊とは、「作画崩壊」(作画レベルが低下する)の反対の現象。デフォルメ絵で描かれるキャラクターが突如リアル寄りの絵に変化することを指すことが多い。
目次[非表示]

概要

逆作画崩壊とは、アニメ作品において作画レベルが低下する作画崩壊の逆の現象。本来は普段ディフォルメされている頭身の低い作風のキャラクター(ニ頭身以下~五頭身ぐらい)が突如として、八頭身ぐらいの劇画、リアル寄り、頭身の高い乙女ゲーム風や少女漫画風等になる作画に変化することを指す。
古くは、リアル風タッチや劇画風タッチが存在し、赤塚不二夫たがみよしひさがこの突如作風が変化する技法を自身の作品内に用いていた。

作画崩壊(意図せず絵が荒れることが多いが意図的な時もある)←→逆作画崩壊(故意に崩した(デフォルメ))絵柄を八頭身やリアル調にする となり単純な対義語ではないことが分かる。

パンティ & ストッキング with ガーターベルト

  • 変身シーンで突然キャラクターの頭身が上がり、リアル寄りの絵柄に変貌。本作においてはキャラデザ&キーアニメーターが暴走(全開)し、様々なデフォルメを一つの作品にぶち込み、逆作画崩壊という言葉を一気にメジャーにした。


効果

  • 原作のメディア化で行うと新鮮な感じ十分、批判も十分と賛否両論。


逆作画崩壊作品一覧

漫画

  • おそ松くんシリーズ - 「新おそ松くん」以降のアニメを含んだ作品殆どである。ただし「最新版おそ松くん」では登場せず、逆に意図的な作画崩壊が登場した。「新おそ松くん」~アニメ「おそ松くん(88年版)」はキャラクターがリアルな劇画タッチになることがあり、2015年放映のおそ松さんでは乙女ゲーム風のタッチF6と某世紀末風の劇画タッチのキャラクターが登場した。日常回ではほとんどカラ松瞳だけ逆作画崩壊がある。(時にはチビ太も)
  • 天才バカボンシリーズ - キャラクターが「おそ松くん」同様、劇画タッチに始まり、最新連載作「少年バカボン」では「おそ松さん」のF6に対抗してかどうかは定かでは無いが、バカボンを含んだキャラクター達が八頭身の少女漫画風のタッチになった。さらに2015年公開映画の天才バカヴォンの宣伝ポスターが逆作画崩壊し、バカボンのパパ達従来のキャラクターは油絵風の立体的なタッチで描かれ、敵役フランダースの犬に登場する、ネロとパトラッシュは写実的に描かれた。
  • たがみよしひさの漫画 - 二~三頭身のキャラクターが突如八頭身になったりする。しかし二~三頭身のキャラクターのみしか出てこない漫画、逆に八頭身のキャラクターのみしか出てこない漫画も存在する。


アニメ


ゲーム


関連タグ

作画崩壊 誰だお前 誰てめ絵

pixivに投稿された作品 pixivで「逆作画崩壊」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8027322

コメント