ピクシブ百科事典

電波ソング

でんぱそんぐ

電波ソング(でんぱ-)とは、音楽の体裁を借りた洗脳装置である。
目次[非表示]

概要

電波ソングは主に以下のカテゴリーに分けられる。

  • まじめに歌っているように見せかけて歌詞が珍妙すぎるもの
  • 一見普通のアニソンや童謡だが、使われる場所や作曲者が一般的ではないもの
  • 空耳ソング(逆再生を含む)
  • いわゆる萌えボイスをふんだんに盛り込んだ「萌えソング」
 上記の複数のカテゴリーに属する歌もある。

一見普通のノリの良い歌だが、歌詞が珍妙

企業の社歌に多い。その企業のイメージからは想像できないくらいポップな曲調であり、役所もやらかす可能性もある

CM用などとして作られたコミックソングの類はこれに含まない。また、ナンセンスな歌詞のポピュラーソングが時として大ヒットすることもある(おどるポンポコリンさよなら人類アジアの純真、等)が、これらも電波ソングの範疇には入れられないこともある。

空耳、逆再生

Flash黄金期に多い。当然空耳なので元の歌詞から意味が完全に変わってしまう事が多く、曲調と歌詞のちぐはぐ具合を楽しむジャンルと言える。
かの有名な『恋のマイアヒ』も酒乱になる曲ではなく元々は初夏の恋の終わりと始まりを歌った曲である。

萌えボイスを使用したもの

「電波ソング」と言った時、この手の楽曲のみを指すこともある。萌えを前面に押し出したアニメ、ゲーム(特にエロゲー)の主題歌に起用されることが多く、『萌えソング』という分類で呼ばれることもある。
非常にキーが高いことが多く、その為曲調はロックを含めたスピードユーロの体をとることが多い。
またほぼ必ず『合いの手』や特徴的なフレーズが入る為、このタイプの曲で洗脳されてしまった場合言い訳をしても『こんな曲で洗脳されるわけ無いだr……メメメメウメウー(一例)』とついつい出る合いの手でバレる危険性がある。

その他

上記に当てはまらないタイプにもさまざまなものがある。歌詞そのものが普通ではなく、ただそれだけで聴いている人を別世界へ連れ去ってしまうようなもの(例:半熟英雄対3Dの『44ロック』)など。歌そのものも強烈だが、歌われているシチュエーションが合わさることで電波ソングとしての破壊力を大きく高めるタイプも少なくない。

似て非なるもの

コミックソング…もちろんコミックソングかつ電波ソング、という歌もありうる。
電波歌…ラジオ番組伊集院光深夜の馬鹿力内の電波歌紅白のコーナーおよび同番組の類似の替え歌コーナーで発表された、珍妙な歌詞の替え歌群。またはそれらを意識したり連想させたりする替え歌のこと。

関連タグ

アニソン 電波 洗脳 あざとい
何かがおかしい 上級者向け

関連記事

親記事

アニソン あにそん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「電波ソング」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17877

コメント